韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

総理と私はあらすじ休止!俗語は難しい!ハン・ユラが生きていた!などなど

   

みなさん、コメントありがとうございます!

ソンイのメールに返信しないミンジュンのように、今回もリプライせずにゴメンナサイ。

典型的なダメ男子ですね(汗)

さて、ずっとあらすじをアップしていた『総理と私』ですが、残念ながら休止することにしました。

やはり、視聴率が低迷するドラマには訳があり、見ていてもついつい「ながら見」をしてしまうようになりました。視聴だけは続けるつもりですが、あらすじアップは時間の制約もあり断念します。

 

ハン・ユラ

俗語は難しい!

セリフを訳すときに一番悩まされるのは俗語です。辞書に載ってないし、生きた韓国語に触れていないので、とりあえずネットで調べるのですが、俗語の中でも変化形があって、そういった表現は調べるのに非常に苦労します。

今回特に苦労したのはビハインドストーリー(エピローグ)で、チョン・ジヒョンが狂気の演技をしているシーンです。その中に『ポサボリゴ シプン:뽀사버리고 싶은』という表現がありました。

『ポサポリンダ:뽀사버린다』という表現の変化形なのですが、この言葉自体が辞書形ではなく俗語なのです。いろいろ調べてみると、イ・スンジェ先生が、ドラマ・ハイキックの時に使い始めた言葉だそうで、意味は、人に対してなら『ぶっ殺す』、モノに対してなら『ぶっ壊す』的なものとありました。

こういった表現は韓国人でも、あまりドラマを見ない人は知らないようです。日本人にわかるはずがありませんよね~。これを調べるだけでも20分ほどかかってしまいました(汗)

スルーしておけば楽に終われるものを、意地になってしまう時があるんですよね~(笑)

英語の俗語などと違って、日本語同様に活用も行われるため、韓国語の俗語は難しいです。

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - コラム , , ,