韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

総理と私 あらすじ(ネタバレ有り)第2話 少女時代ユナ主演韓国ドラマ 視聴率5.4%

   

イ・ボムス(이범수)&少女時代のユナ(윤아)主演、ユン・シユン(윤시윤)、チェ・ジョンアン(채정안)出演韓国ドラマ

総理と私(総理とわたし:チョンリワ ナ:총리와 나 )

の第2話あらすじ(ネタバレ有り)です。

総理と私 キャスト・登場人物

 

  • 韓国KBSで2013年12月9日から放送開始の月火ドラマ
  • 総理と私 第2話放送日:2013年12月10日
  • 総理と私 第2話視聴率:5.4% 過去の視聴率データ → 韓国ドラマランキング

総理と私

総理と私 あらすじ

高麗日報のピョン記者に見つけられ追われるタジョン。そのタジョンを影から引っ張り隠すクォン・ユル。見つかる寸前だったが他の記者がピョン記者に声をかけたために見つからずに済む。

その記者はクォン・ユルとパパラッチされた女は金で買収されていたらしいと、ピョン記者に伝える。真相がわからないため記者会見で聞こうという記者。

クォン・ユルは屋上にタジョンを連れ出し話を始める。金で買収されたという話はどういうことだと突っかかるタジョン。自分がその話は止めたというクォン・ユル。それなら遡上には上ったのねというタジョン。

先日『低質』と言われたことを根に持っていたタジョンはそっくりそのままその言葉を返す。『クォン・ユル、あなたこそ低質よ!』と。そして、それで終わりかと言われたが、まだあると、あなたのような人は総理になるなというタジョン。

オレはおまえの言うとおり低質だから、自分は自分のしたいようにやる、おまえもそうしろと言い去るクォン・ユル。

金で買収されたという件は、クォン・ユルに止められていたにも関わらず、ヘジュが流した情報だった。

クォン・ユルは総理就任を辞退するという。ここまでどんなにしてきたのか、ここで諦められないというヘジュだったが、なんの落ち度もないタジョンを振り回すことはできないというクォン・ユル。その話を影から聞いてしまうタジョン。

 

恋人宣言

記者会見では、未成年ではないのか?どうして女性の正体を明かさないのか?と厳しい質問が飛び交う。そして、ピョン記者が正体を明かそうとした瞬間にタジョンが、『そうです、その女性はまさにわたしです!』言い、壇上に上がる。

そして、自己紹介を始め、写真の女性は自分だ、『互いに愛し合う仲です』と、言い出す。自分が解決しようとしたのにどうしてあんなとんでもないウソを付くんだ?と、クォン・ユル。

けれど、タジョンは自分があのようにでも言わなければ辞退してただろうと言う。クォン・ユルはおまえの頭から出てきた考えかと問う。当然だとごまかしてみるも、イノが自分だと自白する。

自分が立てた人を騙さないという原則を笑いものにしたとイノに言うクォン・ユル。イノはそんなに原則が重要なのか?期待している国民たちは?あのような決断をしたタジョンも、むしろ総理と恋愛するロマンスの主人公にしてやってはという。

ヘジュはありがとうと言いイノをひっぱたく。結局、このできごとで、クォン・ユルへの不支持は払拭される。

 

恋人のフリ

記者が引きはらってからイスに送ってもらうことになっていたタジョンだったが、ソファーですっかり眠っていた。そして、ソファーから落ちたところをクォン・ユルに見られる。

『情けない。こんな女が私の女だと全国民をだますとは。気に入らない状況だが受け入れる』と、任命されるまでは恋人でいることにするという。

『よく決定しましたね。ハニー』と、いきなり恋人の練習をしだすタジョン。『そんな練習は絶対にするな。したいなら一人でしろ』と、クォン・ユル。

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 総理と私 , , , , ,