韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

総理と私 あらすじ(ネタバレ有り)第4話 少女時代ユナ主演韓国ドラマ 視聴率6.5%

   

イ・ボムス(이범수)&少女時代のユナ(윤아)主演、ユン・シユン(윤시윤)、チェ・ジョンアン(채정안)出演韓国ドラマ

総理と私(総理とわたし:チョンリワ ナ:총리와 나 )

の第4話あらすじ(ネタバレ有り)です。

総理と私 キャスト・登場人物

 

  • 韓国KBSで2013年12月9日から放送開始の月火ドラマ
  • 総理と私 第4話放送日:2013年12月17日
  • 総理と私 第4話視聴率:6.5% 過去の視聴率データ → 韓国ドラマランキング

総理と私

総理と私 あらすじ

『おまえが話したじゃないか、契約結婚。その提案を受けるって』と、クォン・ユル。正直に言うと、自分が結婚しようと言い出したのは父のためだったというタジョン。知っているというクォン・ユル。

あの時は正気じゃなかったというタジョン。それぞれのためにすればいいというクォン・ユル。そして、理由はわからないがマンセがお前を好きなんだ。時間がない。『するのかしないのか?』というクォン・ユル。

いまさら結婚しないとは?レームダック(役立たずの政治家)との噂も出ていて、周辺がうるさくなってはという大統領。政権の支持率の維持にも結婚はやむを得ない選択だったのだ。

ソンジュにもこの選択を良いものではないと言われる。真実のない選択をしないと言っていたじゃないかと。けれど、この選択はすべての人に最上の政治的選択だ、今後、対価を払うことになるだろうが、しかたがないというクォン・ユル。

 

契約書

タジョンはスキャンダルニュースの二人にも招待状を渡す。その時に契約書を書いたのかと言われる。そして、クォン・ユルのところへ行き、『契約結婚だから、当然契約書があるべきだ』と、タジョン。

そして、自分の書いてきた内容を読み始める。けれど、それを破くクォン・ユル。やるならちゃんとやらなければという。そして、甲クォン・ユル、乙ナム・ダジョンと言い始め、それをタジョンにタイピングさせる。

タジョンは自分のほうが乙なのが気に入らなかったが、最初におまえが言い始めたことだからだというクォン・ユル。

『契約期間は、甲の首相の任期が終わる日まで。ただし、甲の事情による。いくらでも調整可能だ』と、クォン・ユル。続けてニ条、妻の義務。一項、公式の席上での物理的な接触は当然甘受する・・・と、妻の義務はしっかりと記述し、クォン・ユルに都合のいい但し書きが書いてある。

第3条の夫の義務。甲は乙に信義を持って協力する。そう言うとエンターキーを押し印刷を始める。

但し書きはあるが、狂っても手は出さないから安心しろというクォン・ユル。拇印をおさなければなと言われ押すタジョン。しくじった、この結婚は不安だと思うタジョン。

ユニはタジョンが上席の夫人になるということで騒いでいる。チュンギもまた、妹の恨みがあるのに結婚とは何事かと息巻いている。

 

顔合わせ

タジョンはリングを見に行く。2000万ウォンという値札を見て驚く。一緒に来ていたルリは自分も入れてその様子を写真に撮る。こんな高いものはダメだと退散するタジョン。

問題が起きたとイノがクォン・ユルに報告する。企画財政部が補正予算案の修正を拒否したというのだ。もちろん、チュンギの仕業だ。すぐにチュンギを執務室に呼べというクォン・ユル。そして、総理の命令としもう一度やれという。

しかたなく承諾するチュンギ。続けて結婚の話をする。結婚する人がどうしてそんな表情なのかと。妹の時は幸せそうだったというチュンギ。指輪を見つめ過去を思い出すクォン・ユル。

クォン・ユルはタジョンとタジョンの父を招待する。子どもたちとも顔合わせする。子どもたちはウリ・ナラ・マンセで、『我が国バンザイ』という意味だ。タジョンの父は急に様子がおかしくなる。イノは運転手に聞き、タジョンの父が痴呆だということを知る。

父は嫁ぐ娘を持つ他の父同様に、クォン・ユルにあれこれと忠告をする。私のように不足している人間に大事な娘さんてくださって、とても感謝していますというクォン・ユル。そして、幸せにするとはいえないが、涙を見させるようなこともないという。そのことを意外に思うタジョン。

マンセはずっとおばさんと呼ぶぞという。ウリとナラは抵抗勢力だ。父と接する時の態度と全く違う。自分の子のことは自分がよく知っているというクォン・ユル。けれど、彼はわかってなかった。

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 総理と私 , , , , ,