韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

総理と私 あらすじ(ネタバレ有り)第6話 少女時代ユナ主演韓国ドラマ 視聴率5.7%

   

イ・ボムス(이범수)&少女時代のユナ(윤아)主演、ユン・シユン(윤시윤)、チェ・ジョンアン(채정안)出演韓国ドラマ

総理と私(総理とわたし:チョンリワ ナ:총리와 나 )

の第6話あらすじ(ネタバレ有り)です。

総理と私 キャスト・登場人物

 

  • 韓国KBSで2013年12月9日から放送開始の月火ドラマ
  • 総理と私 第6話放送日:2013年12月24日
  • 総理と私 第6話視聴率5.7% 過去の視聴率データ → 韓国ドラマランキング

総理と私

総理と私 あらすじ

クォン・ユルと同じ部屋で過ごすことになったタジョンだったが、初日は彼が夜通し仕事をしていたため、同じベットで寝ることを免れる。

翌朝、マンセは幼稚園に行くことを執拗に拒む。けれど、クォン・ユルの鶴の一声で結局は通園する。タジョンはナラ『彼氏募集』の紙を背中に貼られていた。

また『ナム・コクチョン(心配)』呼ばわりするクォン・ユル。そして、3つの条件を述べ始める。

  1. 静かにしておくこと(国民の心配をしなければならないからタジョンの心配なんてしてる暇はない)
  2. 韓服を着ないこと(裾を踏んづけるから)
  3. 子どもたちの言動と行動について日誌を5ページ書け(宿題じゃあるまいしと反抗するがダメだ)

というものだった。

 

チュンギの家では息子ヒョンソが全校一位になったとユニが喜んでいる。チュンギに報告するも、ただよくやったとしか言わずそっけない。朝からどうしてそんな格好なんだとチュンギに言われ、婦人たちの集まりがあるというユニ。

クォン・ユルはイノの事が気になる、ヘジュに家族関係や趣味、恋人の有無など詳しく知っているかと問う。持ってきて欲しい書類があるので、タジョンに頼もうと家政婦に電話を入れると、タジョンは百合会に行ったのだと言われる。

 

百合会

百合会ではお高いおばさまたちの話が進んでいる。1億ウォン寄付しなければならないとか、ブランド品のバザーをするとかいう話だ。ユラは継続してわたしが払うと言う。

バザーの件は納得がいかず反対する。結局、会長のタジョンが決めることにすなる。最後に本日のお会計を託されることになったが、その額は350万ウォンだった。

ユラは一人残り、先日のカエルの件を嫌がらせだとまくしたてて、タジョンに水をぶっかける。そこにヘジュがやって来てタジョンを救うと同時に、ユラの関節を極めとっちめる。さらに、ここで会おうと言い出した人が会計すべきと、レシートを置いて出て行く。

その後は、ヘジュに存在自体が弊害だと言われ、落ち込むタジョン。イノはそのホテルでチュンギの秘書ペ・イングォンと一緒のところを見て、ある種の疑いを持ち始める。けれど、後に確認すると、二人は公務員試験の同期だった。

クォン・ユルは戻ってきてタジョンに剣道をさせる。自分を守る方法を自分で考えろという。

CCTVをチェックしていたヘジュとイノはウリがスマホで誰かに連絡しているところを確認する。イノはタジョンにアメの差し入れをする。そして、兄が交通事故で7年寝たきりだということを話す。チェスで兄に勝てなかったことも。

更に聞きたいことがあるというイノ。総理のことが本当に好きかと問う。『えぇぇ?』と、タジョン。イノはその前にクォン・ユルにタジョンが好きなのかと聞かれていた。そんな余裕が無いし、やるべきことが合って、後にお教えするというイノ。

 

豚小屋のようなイノの部屋に入り驚くタジョン。そして、バンドをやっていることに気づく。それについては秘密にしておこうと思う。

マンセがお遊戯の練習をしないということで幼稚園からクォン・ユルに電話がかかる。そのため、タジョンが行く。マンセをおんぶして悩みを聞くタジョン。マンセは発表会にパパが来ないということで拗ねているのだ。

タジョンとマンセはクォン・ユルに招待状を渡す。けれど忙しくていけないと断るクォン・ユル。そこに、傷だらけのウリが帰ってくる。チュンギの息子がタジョンのことでからかったために殴り合いをしたのだが、父への憤懣がそうさせたのだ。

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 総理と私 , , , , ,