韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

相続者たち あらすじ(ネタばれ含む)第11話5/5

   

イ・ミンホ(이민호)パク・シネ(박신혜)が主演する水木ドラマ・相続者たちのあらすじ(ネタばれ含む)第11話5/5です。

原題:王冠をかぶろうとする者、その重さに耐えろ 相続者たち

(ワングァヌル スリョヌンジャ、ク ムゲルル キョンドョラ サンソクジャドゥル:왕관을 쓰려는자, 그 무게를 견뎌라 – 상속자들)

相続者たち キャスト&登場人物 簡易版 

相続者たち

 

ばれる

ウンサンが帰宅する。他の家政婦に持って行ってもらいたいものがあると言われ2階へ行くウンサン。タンに見つかり部屋に引き込まれる。

『ちょっと、狂ってんの?』と、ウンサン。『それならどうして答えない?さっき、チェ・ヨンドと何の話をしたのかって。まさか、また告白されたのか?』と、タン。『そうだったらどうするのよ?』と、ウンサン。

『現行犯の分際でこれか・・・。お前は現場で引っかかったんだ。キム・タンの性格がとてもよくなった。ここに閉じ込めて、ただ外には出さないぞ』と、タン。

さらに、『引き返さないと抱きしめるんだけど』と、タン。『死ぬわよ』と、ウンサン。『口答えするならキスするんだけど』と、タン。そして、ウンサンが振り返ったところに顔を近づける。『どうしよう・・・・・と』と、ウンサン。『優しくしろって』と、タン。

『あとで』と、ウンサン。『あとでっていつ?おまえ、オレの5分もさっと使ったじゃないか』と、タン。そこに、ピンときたと言ってキエが入ってくる。

 

『何してるのよ、あなたたち・・・狂ってるの?』と、キエ。二人してそうじゃないというが、口を閉じろと言われる。『あなた達恋愛してるの?これまでわたしに隠れて?』と、キエ。『母さんオレと話そう』と言ってウンサンを下ろそうとするタン。

『正気になった?一つの家に住んでいるから、ここをすべてアナタの家にしたいの?言うことがあるなら、この部屋に入ってもいいと思っていたの?あなたが?』と、キエ。

『やめろよ母さん。こいつはオレが好きだということで十分に困難に陥ってる』と、タン。『なんですって?この正気を失った子は今なんて言った?』と、キエ。『違うんです奥さま、ただ学校で出来なかった話のために・・・』と、ウンサン。

『アナタは静かにしてと言ったでしょ。もう一度言ってみなさい。なんですって?』と、キエ。『オレがこいつを好きだって。母さんがこいつに、こんな事するのは嫌だって』と、タン。

『父さんが聞くわ。静かに』と、キエ。『行け、早く』と、ウンサンを部屋から出すタン。『アナタが今あの子と恋愛するときなの?あなたの兄さんは今、社長の座に座っているわ』と、キエ。

『もともと兄さんの座だから』と、タン。『ほんとに母さんが死ぬのを見るの?』と、キエ。

『母さんが持ちたいものを、オレに対して持てと言わないで、母さん。誰もオレが何を持つべきか、誰を愛するべきなのか決めることはできない。母さんが勝手に決めないで。それはオレが決めるんだ。今はウンサンへと向かっている途中だ。オレを応援してよ、母さん』と、タン。

言葉を失うキエ。

 

ウンサンの母にもあたるキエ

部屋に戻るウンサン。様子がおかしいのに気づいた母は、何かあったのかと問う。『どうしよう、母さん。わたしがちょっと次男の部屋に行ったんだけど・・・』と、ウンサン。そこにキエが入ってくる。

『おばさん、正気なの?恩をこうやってアダで返すの?いったい娘の教育をどうしてたのよ?行くところがないからと、食べさせ寝かせ、給料も上げ、学校まで行かしてあげたのに、身の程もわきまえずタンの部屋に出入りして』と、キエ。

平謝りするウンサンを止め、『部屋に出入りしたのは娘の間違いです。けれど、いつもわたしの娘はどこかと聞くのはあなたの息子です。前後もなく、どうして娘だけを捕まえるのですか?』と、手話で抗議をする。

けれどウンサンは、『すみませんと、しっかりと叱ると、今後はそんなことはないと』と、ウソの意味を伝える。ウンサンを叩く母。そこにタンがやってくる。

母に出ようと促し謝るタン。けれどキエは止まらない。タンに学校どころか家から出られると思うなと言い、ウンサンには姿も見たくないから今すぐ子の家から出ろという。キエを何とか連れ出すタン。

 

母娘の決断

『ごめん母さん。こんな声を聞かせてしまって、ごめん』と、ウンサン。『母さんが話せずに、あなたの味方に成れなくてゴメンネ、我が娘よ』と、母。『いいえ、ごめん。わたしがアイツを好きになって。ほんとにごめん、母さん』と、ウンサン。

『わたしたち、この家から出ようか?』と、母。『そうできるの?お金あるの』と、ウンサン。『わたしたち二人の命を、どうやってでも買えないか、借金お返済を遅らせてみるよ』と、母。

『それなら出よう。学校もまた転校するよ』と、ウンサン。『末日まで我慢しよう。引き継ぎが終わって出よう』と、母。号泣しながらハグする二人。

 

タンの家を出るウンサン

タンはウンサンにワインセラーまで来るように言うが、電話をしてもメールをしても応答がない。

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 相続者たち , , , , , , , ,