韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

相続者たち あらすじ(ネタばれ含む)第14話 5/5

   

イ・ミンホ(이민호)パク・シネ(박신혜)が主演する水木ドラマ・相続者たちのあらすじ(ネタばれ含む)第14話5/5です。

原題:王冠をかぶろうとする者、その重さに耐えろ 相続者たち

(ワングァヌル スリョヌンジャ、ク ムゲルル キョンドョラ サンソクジャドゥル:왕관을 쓰려는자, 그 무게를 견뎌라 – 상속자들)

相続者たち キャスト&登場人物 簡易版 

相続者たち

あらすじ

パーティー会場で

ポナとチャニョンの再結成パーティー。ミョンスがDJをして盛り上がっている。チャニョンは写真を撮っている。写真を撮りつつポナの頬にキスするチャニョン。

『ユ・ラヘルも呼んだのか?』と、チャニョン。『いいえ・・・むかつく。どうして来たの?』と、ポナ。『どんなゲストへの接待なのよ。コーヒーを飲むのにいい場所だから来たのよ。コーヒーはわたしが注文したから、遠慮しないで』と、ラヘル。

『ホントに?あなたが買ったの?』と、ポナ。チャニョンも訝しがる。

 

素直なヨンド

カフェの外でウンサンを待つヨンド。ウンサンが来る。『どうしてここにいるの?寒いのに中で・・・』と、ウンサン。『ユ・ラヘルが、おまえがここでアルバイトをしているとを知ったんだ。オレが失敗した。ごめん』と、ヨンド。

『長くうまく隠したわよ、まあ。これよりもすごいことをわかってるのに、これしきのアルバイトくらい、大丈夫よ』と、ウンサン。『万が一にも、後にでラヘルがやって来たら・・・』と、ヨンド。

『わたし、黒騎士が多いの知ってるじゃない。心配しないで』と、ウンサン。以前自分が行った言葉を思い出すヨンド。『その時は・・・その頃だったようなんだけれど・・・オレがお前を好きになり始めたの・・・黒騎士が多くても心配だ。電話しろよ』と、ヨンド。

店長がケータリングサービスが入っていることをウンサンに伝え、これだけしたら退勤しろと言う。住所が気になってチャニョンに電話をかけるウンサン。すると、チャニョンの口から言われた住所と、メモの住所が同じだった。チャニョンは早く来いという。

『どこなの?もしかして、チャニョンのパーティーに行った?』と、メールするウンサン。『もう行こうかと。どうして?』と、返信するタン。『わたしは行く途中。わたしを見ても驚かないでと』と、ウンサン。

『お前今、アルバイト中じゃないのか?どうしていくんだ?』と、タン。返信がないので電話するが、ウンサンは出ない。ホテルのロビーを出発するタン。ヨンドとすれ違っても気が付かないタン。

 

パーティー

『ユン・チャニョン、イ・ボナの再結合パーティーに来てくれてありがとう』と、二人。『わたしたちが喧嘩したとき、別れるって賭けたやつら、わたしは誰だか全部わかってるわよ。夜道には気をつけなさいよ!』と、タン。

『カクテルはすべてノンアルコールだから、酔おうとして飲むと、トイレに頻繁に行きたくなるぞ』と、チャニョン。『は~、こいつは何を言っても学年代表のようだ・・・』と、ミョンス。『特にお前、隠れてアルコールを混ぜるなよ!』と、ミョンスに言うチャニョン。笑う生徒たち。

 

『ケータリングサービスです』と言い、ウンサンが入ってくる。『なに?チャ・ウンサン。あなたアルバイトしてるの?』と、生徒。『ええ、パーティーは楽しい?』と、ウンサン。不敵に笑うラヘル。

『アルバイト、どうしてしてるの?』と、生徒。『お金を稼ごうとね・・・。ユン・チャニョン、イ・ボナ、再結合おめでとう』と、ウンサン。『どういうことだ?ユ・ラヘルのしわざだな?』と、チャニョン。『うん、知っててきたの』と、ウンサン。

『飲むのなら前に並んで。ジュースは右側。コーヒーは左側』と、ウンサン。『チャ・ウンサン!!』と、チャニョン。『成金、どうしておまえがアルバイトするんだ?ヨンドのように家業か?』と、ミョンス。

『実はそれは・・・わたし実は・・・』と、ウンサン。そこにタンがやってくる。『キム・タン!』と、ミョンス。『出ろ』と、タン。『今はダメ。ケータリングサービスに来たの』と、ウンサン。

『わたしが注文したの。パーティーに飲み物が不足してるみたいで・・・わたしコーヒー』と、ラヘル。『そう』と、コーヒーを用意しようとするウンサン。『いつ終わるんだ?』と、タン。『ここにあるものが全てなくなったら』と、ウンサン。

テーブルをひっくり返すタン。『もう全てなくなっただろ、出ろ』と、ウンサンの手を引いて出るタン。『ユ・ラヘル、ごめん。また持ってくるわ』と、ウンサン。

『このパーティーはおジャンよ!ちょっと、ユ・ラヘル!こうしようとここに来たの?』と、ポナ。『ええ、もっと楽しもうと。また来るじゃない』と、ラヘル。

『この狂った・・・あんた、こっちに来なさいよ、今日はひとりだけ生きて出ようじゃないの!こっちに来なさいよ!!!』と、ラヘルを血祭りにあげようと向かっていくポナ。皆がそれを止める。

ミョンスは面白いものが見られるぞとヨンドを電話で呼ぶ。

 

羞恥

『一体おまえはどうして、ひとの心の中を騒然とさせるんだ?全て知っていて、どうしてここに来る?ユ・ラヘルがお前を騙そうと呼んだことは明らかなのを知っているのに、どうして来たんだって?』と、タン。

『お金を受け取っていることなのにどうしろと?チェ・ヨンドはよくて、わたしはダメなの?チェ・ヨンドがアルバイトするのはよくて、わたしがアルバイトするのは恥ずかしいの?どうして?わたしがコーヒーチェーン店の娘じゃないから?』と、ウンサン。

『そういう意味じゃないじゃないか。おまえがここでこんな扱いを受けるのが嫌で』と、タン。『本当に恥ずかしかったことは、学校で成金だと呼ばれた時に、何も言うことがなかったわたしだったのよ。わたしが貧しいのが恥ずかしいんじゃなくって、わたしは嘘をつくわたしが恥ずかしかったんだって』と、ウンサン。

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 相続者たち , , , , , , , , ,