韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

相続者たち あらすじ(ネタばれ含む)第15話 3/5

   

イ・ミンホ(이민호)とパク・シネ(박신혜)が主演する水木ドラマ・相続者たちのあらすじ(ネタばれ含む)第15話3/5です。

原題:王冠をかぶろうとする者、その重さに耐えろ 相続者たち

(ワングァヌル スリョヌンジャ、ク ムゲルル キョンドョラ サンソクジャドゥル:왕관을 쓰려는자, 그 무게를 견뎌라 – 상속자들)

相続者たち キャスト&登場人物 簡易版?

 

相続者たち

 

あらすじ

課題

期末修業評価を決める課題を出すヒョンジュ。プリントに載っている作品の中から一つ選び2~4人のグループで発表するのだ。ラヘルはそんなものはすべて小学校時に読んだという。ヒョンジュはアナタが変わったでしょう?読む人が変われば作品も変わるのという。

ポナはチャニョンとウンサンを誘う。けれど・・・ウンサンを見つめる男子二人・・・。

 

ウンサンのコントロール下に

カフェに一緒に座るタンとヨンド。『誰なのよ?こうしてグループを組んだのは誰なのかって?』と、腕組みをして説教状態のウンサン。続けて『私はたしかにチャニョンとポナと組んだのよ。チェ・ヨンド、アナタなの?』と言う。

『この構成はオレの趣向じゃないぞ』と、ヨンド。『アナタの趣向はどうなのよ?』と、ウンサン。『チェ・ヨンド、チャ・ウンサン、スジ(miss A)、ヒョナ(4minute)』と、ヨンド。『冗談が言えるの?』と、ウンサン。

『キム・タン、アナタなの?』と、ウンサン。『オレの趣向は、キム・タン、チャ・ウンサン、チャ・ウンサン、チャ・ウンサンだろ』と、タン。タンを見るヨンド。『何見てんだよ』と、タン。

『ふたりとも注目!わたしはアルバイトをしなきゃいけなくてとても忙しいから、協力しなさいよ。あなた達に本を読ませようとさせたところで、読まないのはわかりきったことだから、それで準備したの。

わたしはいいように本を読むから、あなた達は映画でも見て、一言でも加えて。わたしは参加しなかった人の名前を、サクッと消し去るから、そのつもりで。画面を見なさい、争わずに。互いに別の宇宙にいると思って』と言い、イヤホンを二人に挿し、映画をスタートさせるウンサン。

傍目には仲良しに見える二人は、画面を見ずにウンサンを見ている。ウンサンがオーダーを間違い、客がきつく言うと、二人して立ち上がろうとする。ちゃんと見てろと合図を送るウンサン。完全にコントロール下だ。

 

キム会長の呼びつけ

そこにキム会長の言いつけでタンを迎えに来るガードマン。『カ~、帝国グループのスケールを見ろ。お前、家を出たって、こうなのか?今』と、ヨンド。『協力しないと体に手をかけてもいいと』と、ガードマン。『離してください。行きますから』と、タン。

『もしかしてオレの打撃が必要な状況なら、助けを要請してみろよ』と、ヨンド。『今日はそうじゃないようだ』と、ヨンドに言い、『心配するな、家に先に帰るだけだ』と、ウンサンに言うタン。そして最後に、『お前は手を出さずに』と、ウンサンに手を出すなとヨンドに釘を刺すタン。

ウンサンは社長に言って早退させてもらう。社長は金持ちの家の息子かと問うがウンサンはそれどころではない。

『ちょっと』と、ウンサン。『なんだ、バイクに乗せろって?バスは遅いよな』と、ヨンド。『乗せてくれる?』と、ウンサン。『おい、オレたち二人残ったんだ。オレはパーティーをしたいのに、おまえは乗せてくれってどうなんだ?・・・おまえは今日、オレに対して借りだぞ』と、ヨンド。

 

キム会長の部屋で

婚約時の贈り物が返されたテーブル。『おまえは一体何をしたんだ?出ていた間に何をしでかして、これが戻ってきたんだ?ラヘルは婚約を破棄するつもりのなかった子だぞ』と、キム会長。

『ようやく正しい選択をしましたね』と、タン。『婚約はわたしが破棄したのに、どうしてしきりにこの子にそうなのよ?わたしは最初からラヘルが気に入らなかったわ。目もツンとして、鼻もツンとして・・・』と、キエ。

『その口、閉じないか?』と、キム会長。『おまえはもう、最後の機会を逃した。これがどんな意味かわかるか?これ以上、おまえの秘密、家族史に口を閉ざさないという意味だ。帝国グループが居酒屋の酒のつまみになったという意味だぞ』と、キム会長。

『それで父さんは、さらに金持ちになるんじゃない。兄弟の乱だ。経営権紛争だろ噂を飛ばし、その後、株があがるだろうし、何が心配なの?母さんとオレの傷の心配もすることはないのに』と、タン。

『おまえの人生を心配した。おまえがこうなのは、チャ・ウンサン、あの子のせいか?』と、キム会長。『父さんのせいだ』と、タン。タンを杖で殴ろうとするキム会長。『会長どうか!』と、杖をつかむキエ。

『誰が会長だよ?家で何が会長だよ?父さんは未だに母さんの上司なの?』と、タン。『お前、わたしが必ずあの子に手を付けなければならないのか?』と、キム会長。

『オレに一生会いたくないんですか?』と、タン。『この子たちはようやく18歳の高校生です。今すぐ結婚するというようなことではないじゃないですか』と、キエ。『今すぐ結婚するということではなかったが、婚約を破棄したじゃないか!おまえ、お前の部屋から一歩たりとも外に出られないぞ。学校にも行けない。スマホを出せ』と、キム会長。

 

タンの部屋で

『殊勝に、悪かったです。申し訳ございませんでしたといえば、少しは良くなる?スマホを奪われ、ノートPCを奪われ、部屋に閉じ込められ、どうするのよ?これから』と、キエ。

『真っ暗にすれば星がよく見えるって?真っ暗になったから星がよく見えるだろう』と、タン。『それはなんてことなの?』と、キエ。『本当に母さんが婚約を破棄したの?』と、タン。『ええ、破談にしてって』と、キエ。

『会って?きつい言葉を聞かなかった?なんて?』お、タン。『母さんがうまくやったわ。あなたが望むことをしてあげたくて、母さんは、母さんだから』と、キエ。『後悔しない?』と、タン。『しないわ』と、キエ。

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 相続者たち , , , , , , , , ,