韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

相続者たち あらすじ(ネタばれ含む)第15話 5/5

   

イ・ミンホ(이민호)とパク・シネ(박신혜)が主演する水木ドラマ・相続者たちのあらすじ(ネタばれ含む)第15話5/5です。

原題:王冠をかぶろうとする者、その重さに耐えろ 相続者たち

(ワングァヌル スリョヌンジャ、ク ムゲルル キョンドョラ サンソクジャドゥル:왕관을 쓰려는자, 그 무게를 견뎌라 – 상속자들)

相続者たち キャスト&登場人物 簡易版?

 

相続者たち

 

あらすじ

兄との葛藤

『公示されたものを見ましたか?当然ご存知でしょう』と、ウォン。『はい。わたしの最後の業務でした。もう、帝国グループ関連の正式な業務はできなくなりました。呼ばれても来られないでしょう』と、ユン室長。

『聞きました。待機発令状態だと。それなら、失業者ですね』と、ウォン。『本業は父です。失業者は副業でしょう』と、ユン室長。『それなら、失業者じゃなくて、帝国建設副社長はどうですか?三顧の礼はしません。深思熟考しないでください』と、ウォン。

そこにタンが入ってくる。『兄さん!』と。『行こうとしてたところだ』と、タンに告げ、また連絡いたしますと言い出ていくユン室長。

『オレをちょっと見てよ』と、タン。『どうして?オレはこれからお前によく見せようと、お前の言葉をよく聞かないといけないか?』と、ウォン。『そうなら嬉しいな』と、タン。

『何?』と、ウォン。『公示を見たよ。見るやいなや兄さんのところに来なきゃとしか思わなかった。だからオレを見て、オレの言葉を聞いて、オレの本心を少し信じてよ』と、タン。

『本心?おまえはオレを信じるのか?人を動かすのは本心じゃなくて状況だ。オレは今もお前を信じないし、10年後のおまえはもっと信じない。今日はその始まりで、オレと同等となるおまえの持ち分が、まさに本心だ』と、ウォン。

『おれは株式を受けると言ったことはない。オレの手に入ったとしても、むやみにふるうつもりもない。だからといってオレが兄さんを訪ねてくることが、たやすいことだと思う?一体どうすれば信じるんだ?』と、タン

『それならアメリカに行け。株をすべて差し出して、またアメリカに行け。行って二度と戻ってくるな。それなら信じてやる』と、ウォン。

『どうして・・・そんな言葉が言える?』と、タン。『どうした?イヤか?』と、ウォン。『株をすべて差し出す事はできる。だけど、アメリカは嫌だ。どうして兄さんは二度と帰ってくるなという言葉を吐くんだ?そんなに簡単に言うことができるんだ?』と、タン。

『それがオレの本心だからだ。おまえは本心じゃないな』と、ウォン。

『それを今言うのか?株を差し出すって行ったじゃないか?兄さんの行く道を塞がないって行ったじゃないか!オレを憎んで、いびって、無視するのまでは耐えて生きるよ。けれど、だからといって、どうしてオレをまた捨てるんだ?どうして二度と戻ってくるなと言うんだ?最後に聞くよ。兄さんは本当にそうするのか?』と、タン。

『最後に聞くぞ。アメリカに行くかどうか答えろ』と、ウォン。『オレは行かない。行かないよ。そして、オレは兄さんに株もやらない。たった今、気が変わった。オレの株を持ちたいか?それなら兄さんが奪っていけよ』と、タン。

 

父との葛藤

キム会長に呼ばれるウンサン。『わたしが今から、2つに1つを選択する機会を与えよう・・・』と、キム会長。話が終わり会長の部屋から出てくるウンサン。呆然としている。

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 相続者たち , , , , , , , , ,