韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

相続者たち あらすじ(ネタばれ含む)第18話 2/5

      2014/02/19

イ・ミンホ(이민호)パク・シネ(박신혜)が主演する水木ドラマ・相続者たちのあらすじ(ネタばれ含む)第18話2/5です。

原題:王冠をかぶろうとする者、その重さに耐えろ 相続者たち

(ワングァヌル スリョヌンジャ、ク ムゲルル キョンドョラ サンソクジャドゥル:왕관을 쓰려는자, 그 무게를 견뎌라 – 상속자들)

相続者たち キャスト&登場人物 簡易版 

相続者たち

 

相続者たち あらすじ

ヨンド トンヘに

トンへにやってきているヨンド。ウンサンの母とすれ違う。 『こんにちは、お母さん』と、ヨンド。当惑するウンサンの母は、タンの家の門の前であったことを思い出す。コートの隙間から見える制服で、帝国高校の生徒だと分かる。

『ウンサンに会いに来たのに、家にいないようです』と、ヨンド。一度は帰れという素振りをした母だったが、ヨンドを家に招き入れ、食事をごちそうする。

食べてというジェスチャーをする母。『いただきます。お母さんも一緒に・・・』と、ヨンド。『ウンサンはソウルに行ったのよ。学校に書類を提出するものがあるって』と、メモに書く母。

食事を食べ始めるヨンド。おかずを勧める母。『ありがとうございます・・・。すごく美味しいです』と、少し涙目のヨンド。『同じクラスの友達?ウンサンとした親しいの?』と、母。『ぼくが好きなんです。ウンサンを』と、ヨンド。複雑な表情の母。

 

キム会長の呼び出し

ウンサンは学校ではなく、キム会長に呼ばれていた。『海岸散策路がとても美しいところに引っ越したのだな。そこでまたタンに会って』と、キム会長。『わざわざそうしたのではなく』と、すでに涙目のウンサン。

『わたしは、こうだから、お前を地球の反対側に送ろうとしたのだ。わたしとの約束を破って逃げた時にはよくわかっただろうと、わたしはお前を信じてそのままにした。だけれど、わたしの前でタンに会ったという話を、どうしてこうも図々しくするのだ?』と、キム会長。

『タンは・・・』と、ウンサン。『どこで恐れもなくその名前を口にするのだ?』と、キム会長。それでも続けるウンサン。『優しく、正直で、温かい子です。それでわたしが、本当にすごく好きなんです』と、ウンサン。

『どうしてこうも分をわきまえない?』と、キム会長。『わたしがタンを好きなのは誤りではないからです』と、ウンサン。『わたしのお金を受けて、わたしの恩をこうむって、わたしの息子を好きなのは誤りだ』と、キム会長。

『(借金を)返していただいたお金は、必ずまたお返しします。その代わり、気ままに下さったので、わたしもわたしの能力の限り、わたしの暮らし向きのほどに、怠けずに返します』と、ウンサン。

『すべて返したら、また会おうとでもするのか?幼いものが、どうしてこうも恐れがない?』と、キム会長。

『タンを・・・好きだからです。わたしは今も変わりなくタンが好きです。会長がどんなに恐れを抱かせても、どんなに怖くても、あの子が嫌いだという嘘はつけません。けれど、会うなとおっしゃるから、会いません。だからわたしをもう呼ばないでください。』と、涙を流すウンサン。

当惑する様子のキム会長。

 

ウンサンの後ろに

ドリームキャッチャーの店の前に立つウンサン。お店は貸し店舗になっている。店の様子をしばらく眺めるウンサン。タンが小道を歩いている。そして、ウンサンが目に入る。ウンサンが振り向くと、目の前にタンがいた。

互いに歩みを進め近づく二人。けれど、一言も言葉をかわさずにすれ違う。しばらく歩き、思い返したタンはウンサンを探しに戻る。そして、バスステーションまで行き、通路を挟んだウンサンの隣に無言で座りトンヘまで行く。そして、ウンサンの後ろを歩く。いつもそうだったように。

家に着いたウンサンはしゃがみ込み涙する。けれど、一瞬そうしたかと思うと、タンを探しに外に出る。見当たらないタン。あたりを走って探すウンサン。

タンが見つからず落胆して帰路を歩くウンサン。すると、道の途中にタンがいた。『どうして探した?』と、タン。『話しかけないで』と、ウンサン。近づこうとするタン。『来ないで』と、ウンサン。踵を返すウンサンに近寄りバックハグするタン。

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 相続者たち , , , , , , , , ,