韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

相続者たち あらすじ(ネタばれ含む)第8話5/5

   

イ・ミンホ(이민호)パク・シネ(박신혜)が主演する水木ドラマ・相続者たちのあらすじ(ネタばれ含む)第8話5/5です。

原題:王冠をかぶろうとする者、その重さに耐えろ 相続者たち

(ワングァヌル スリョヌンジャ、ク ムゲルル キョンドョラ サンソクジャドゥル:왕관을 쓰려는자, 그 무게를 견뎌라 – 상속자들)

相続者たち キャスト&登場人物 簡易版 

相続者たち

 

台所で水を飲むタンウンサンのことが気になり部屋まで行きノックしようとする。その瞬間にドアが開きウンサンが出てくる。『何よ?叩くの?』と、ウンサン。『寝ないのか、どこに行く』と、タン。

『あ、奥さま』と言い、タンを焦らすウンサン。すると本当にキエがやってくる。とっさにモノ置き場に隠れる二人。密着している。キエが去り、タンはキスしそうになる。けれどしなかった。安堵の溜息をしてタンの足を踏んづけウンサンは出て行く。

 

ワインセラーで

『あんた、ほんとに出て行かないの?』と、ウンサン。『ああ。おまえどうして宿題をここでするんだ?』と、タン。『お母さんが寝ないといけないから』と、ウンサン。

『あ、間違ってる、ここ。教えてやるのも騒ぐのか?』 と、PCを覗きこんで言うタン。『家では話すなといったでしょ』と、ウンサン。『独り言を言ってるんだ。答えるなよ、そう』と、タン。『は~』と溜息をつくウンサン。

『さっきはどうして逃げたんだ?チェ・ヨンドのため?』と、タン。『アナタのため』と、ウンサン。『答えるなって!』と、タン。『今後、アルバイトしてる時は来ないで』と、ウンサン。『そうして、今後はチェ・ヨンドが来るって?』と、タン。

『オレが行く前に二人は何の話をしたんだ?』と、タン。『変な話』と、ウンサン。『変な話って何?』と、タン。しばらく回想して答えないウンサン。指を鳴らし『変な話って何なのかって!』と、タン。

『寂しくて来たって、チェ・ヨンド。それで、変だけど寂しそうに見えた』と、ウンサン。『それで、目を合わせ相槌して全て受け止めたのか?』と、タン。『わたしが何を受け止めるのよ!』と、ウンサン。

『チェ・ヨンドがお前のアルバイトを全部知っているのを、どうやって説明するんだ?』と、タン。『それをわたしがどうやって説明するのよ?わたしもさっき聞いたのに』と、ウンサン。

ため息をして何かを理解したかのように目を瞑るタン。『心配しないで。あの人と絡むことはないわ』と、ウンサン。『おまえはもう、アイツと絡んだ。もうオレを見て、おまえに触れるんじゃないようだ。あいつが会いたいんだ』と、タン。

 

ミョンスのアジトで

タンの指摘通り、ヨンドはウンサンのことを思い浮かべていた。『何を考えてるんだ、さっきから』と、ミョンス。『チャ・ウンサンのこと』と、ヨンド。『成金?おまえが成金のことをどうして考えてるんだ?』と、ミョンス。

『だから・・・オレが成金のことを思うのはどうしてなのかと、一緒に考えている最中』と、ヨンド。起き上がり、『他の曲はないのか?いい曲はたくさんあるだろ?何してんだ?』と、ヨンド。

『この曲がどうして?なんで?』と、ミョンス。この曲に興味を示さず去るヨンドに『ちょっと、おい!』というミョンス。

※ミョンス役のパク・ヒョンシクはZE:Aのメンバーで、この歌は「後遺症:フユジュン:후유증」

 

家族写真の撮影

ヨンドは父に負けたため、撮影場所に赴く。ラヘルもやってくる。『化粧をうまくやったもんだシスター』と、ヨンド。『解決するって・・・。アナタを信じたわたしが狂った女ね』と、ラヘル。

ヨンドは何もしていないわけではなかった。父の昔の女をここに呼びつけていたので。その女は中学校以来だとヨンドに言うが、ヨンドは1週間前に父に会いにホテルに来た時に会ったじゃないですかという。

秘密にしといてって言ったじゃないと、高笑いする女。 気分を害し去っていくエスト。『お前』と、ヨンドに言うトンウク。

『反則も競技の一部だ。重要なのは勝敗だ。どうやっても勝て。すごく感銘をうけたんです。人々はもう、僕が勝ったことだけを覚えているでしょ?』と、言い去っていくヨンド。

 

『あんた、今日はちょっとかっこいいわね』と、ラヘル。あとでどうするのと言われ、それを考えたら何もできないだろと答えるヨンド。とにかく借りができたとラヘル。それなら返せとヨンド。

『何がほしいのよ?』と、ラヘル。ラヘルに近づくヨンド。『ホントにくれるのか?』と、ヨンド。『なんなのよ?』と、ラヘル。『おまえ、チャ・ウンサンの税関申告書を持っているだろ?それがほしい』と、ヨンド。

『それがなぜ欲しいの?あなた、本当にチャ・ウンサンと何かあるの?あの日、ホテルにどうして二人がいたのよ?』と、ラヘル。『それはおまえが知らなくてもいいことで、明日学校に持ってこい、必ず』と言い、去ろうとするヨンド。

『キム・タンがチャ・ウンサンを好きなんだって。わたしのところに来て告白したの。それは解決できないでしょ?』と、ラヘル。『それなら、おまえは何をくれるんだ?今度はおまえが与えられないようなものを持って行きたいってこともあるぞ』と、ヨンド。

『解決すると言いなさいよ』と、ラヘル。『約束したぞ』と、ヨンド。

 

帝国高校で

ベンチで目をつぶって音楽を聴いているウンサン。そこにタンがやってくる。少し離れるウンサン。そのウンサンの手を掴むタン。ウンサンは驚き、『死ぬ?ほんとに!』と、タンを叩く。必要以上に痛いふりをして、他の場所も触れさせようとするタン。

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 相続者たち , , , , , , , ,