韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

相続者たち あらすじ(ネタばれ含む)第9話 2/4

   

イ・ミンホ(이민호)パク・シネ(박신혜)が主演する水木ドラマ・相続者たちのあらすじ(ネタばれ含む)第9話2/4です。

原題:王冠をかぶろうとする者、その重さに耐えろ 相続者たち

(ワングァヌル スリョヌンジャ、ク ムゲルル キョンドョラ サンソクジャドゥル:왕관을 쓰려는자, 그 무게를 견뎌라 – 상속자들)

相続者たち キャスト&登場人物 簡易版 

相続者たち

 

タンの家の門の前で

ウンサンが帰宅すると、門の前でタンが待っていた。気が動転していたのか?と、まだローンの残っているというスマホをウンサンに返すタン。受け取って無言で去ろうとするウンサン。

『これ、見えないか?オレは怪我したんだ』と、包帯を巻かれた手を見せるタン。『理事長に懲らしめられた。懲戒はあるだろうけど、追い出されないよな?は~、最終学歴を中卒にすることはないよな男なのに』と、コミカルに話すタン。

『先に入るわ』と、ウンサン。ウンサンの手を握り、『そんな態度がどこにある。どんなに待ったか』と、タン。『わたしを捕まえないで。わたしを阻むこともせず、待つこともせず』と、ウンサン。

行こうとするウンサンに『おい』と、言い手に力を込めるタン。『お願いするわ。ここであなたともめるのは嫌なの』と、CCTVを見るウンサン。『くそ野郎、CCTV、マジで』と、CCTVを罵るタン。

『アナタが教えてくれたんじゃない』と、ウンサン。『オレが教えてやったこと、警告したこと、おまえがなにかひとつでも刻み込んだことがあるか?』と、大声を出すタン。

そこにウォンの車がやって来る。その隙に掴まれた手を振りほどき、屋敷に入るウンサン。ウォンは門を塞いでいるからどけとタンにいう。このままホテルで暮らすのかと問うタンに、おまえは警備か?しょうもないことを聞くなと、ウォン

帰る気はないのかと問うタンに、『それなら、おまえがホテルに出ていくか?』と、冷たいウォン。兄さんの持っているものをどうこうするつもりはないというタンに、また説明しなくてはいけないのか?お前が決定することではないと言うウォン。

帝国グループが決定すれば、おまえの意思は関係ない。『だからおまえは存在自体が誤解であり呪いであり禍根だ。それが庶子だ』と言い、戻ったと思うなすぐに出て行くからと、屋敷に入る。立ち尽くすタン。

 

ワインセラーで

ウンサンに対して、ワインセラーに行くと兄に会うから、母に言いつけられても行くなとメールする。けれどすでに二人はワインセラーで会っていた。小さい奥さま(タンの母)に言いつけられてワインを取りに来たというウンサン。

全部持って行ってもいいがそれは駄目なようだ、それはわたしのだというウォン。謝るウンサン。叱ったのではないと、ワインを取り替え渡してくれるウォン。

『帝国高校に通ってる?ここに住んで?会えて嬉しいよ』と、以外にもフレンドリーなウォン。ヒョンジュと重ねているからかもしれない。『わたしも・・・。それでは行きます』と、その場を後にするウンサン。

 

ホテルのロビーで

ヒョンジュはホテルのロビーでウォンを待っていた。けれど、また偶然にもウォンとラヘルがばったり会ってしまい、二人でカフェへ行ってしまう。ラヘルはヨンドに会いに来たのだがフラれたという。フラれた時にはアメリカでもここでもウォン兄さんに会うと、冗談をいうラヘル。

気づかれることのないまま置き去りにされ悲しげなヒョンジュ。

ここに住んでいると聞いて、思春期でもないのにというラヘル。『オレは思春期だよ。思春期は年齢ではなく状況が作るもんだ』と、ウォン。『思春期がそういう意味なら、タンも思春期のようだわ』と、ラヘル。

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 相続者たち , , , , , , , ,