韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

スイッチ-世界を変えろ 第7話・第8話 視聴感想(あらすじ含む) チャン・グンソク&ハン・イェリ&チョン・ウンイン主演韓国ドラマ

   

チャン・グンソク&ハン・イェリ&チョン・ウンイン主演SBS水木ドラマ

スイッチ-世界を変えろ(スウィチ-セサンウル パックォラ:스위치 – 세상을 바꿔라)

の第7話・第8話の視聴感想(あらすじ含む)です。

 

スイッチ-世界を変えろ キャスト・登場人物紹介 チャン・グンソク&ハン・イェリ&チョン・ウンイン主演韓国ドラマ

 

 

スイッチ-世界を変えろ(スウィチ-セサンウル パックォラ:스위치 - 세상을 바꿔라)

 

 

 

スイッチ-世界を変えろ 作品データ

  • 韓国SBSで2018年3月28日から放送開始の水木ドラマ
  • 脚本:ペク・ウンチョル(백운철) 『怪しい家政婦』『最強チル』  キム・リュヒョン(김류현)
  • 演出:ナム・テジン(남태진)
  • あらすじ:本物と偽物のコラボ!詐欺師から検事にうっかりとローラーコストしたサ・ドチャンが、法律ドジョウたちを熱く掴み入れる痛快な詐欺活劇(法律ドジョウ:新造語:法律の知識や人脈などを利用して、ドジョウのようにヌルヌルと回避する人たちのこと)

 

 

 

スイッチ-世界を変えろ 第7話・第8話 視聴感想(あらすじ含む)

まずは視聴率から。

 

6.6%/7.6%と、先週の木曜より前半が0.2%ダウンしたのみ。

意外と踏ん張った印象です。

『推理の女王2』も伸びあぐねたことで、実質的な首位を奪還しました。

これで鬼門の2週目も抜けたので、今後は10%を目指して伸びていってほしいものです。

 

ストーリーもまた、幾分持ち直した気がします。

とはいえ、ここで反転が来るのだろうなというところで予想通りに起こるので、意外性が足りない気がします。

その反転の前振りがさり気ないものではなくわかり易すぎるのも少々難点。

画には写しておいても、これみよがしなカットにしないほうがいい気がします。

 

指がピクッ、空室、壊れたモアイ、描写がわかりやすくて反転の想像がしやすかったです。

 

 

ところで、このドラマ。

韓国人のあらすじ紹介ブログが少ないです。

しかも尺が短い。

ストーリーが単純なので、紹介意欲がわかないのでしょうかね~?

 

 

さて、チャン・グンソクが完全な一人二役がスタートしましたね。

これからはラブラインでもオ・ハラとの三角関係の描写が増えてきそうです。

 

 

キル・デロが連れてきたペク・ジュンスの同級生は、高校の時に一緒にやけどを負ったと主張します。

ペク・ジュンスは肩のやけどを見せて本物であることを立証しました。

オ・ハラたちは驚くしかありません。

後々わかったのは、偽物サ・ドチャンと本物が入れ替わっていたということ。

ペク・ジュンスは意識を回復していたのでした。

 

 

今回のタイトル「04.拳を握っては握手できない」でしたよ。

 

 

ペク・ジュンスは公務員の身分を詐称した罪と教唆を、トチャンとハラに主張します。

自分も共犯で罪の対価を払うとも。

本物の俳優が戻ったので自分は舞台から退場すると、サ・ドチャン。

 

 

コ係長はサ・マチョンの担当刑事だった人物に会いに行きます。

その人物とはクム・テウン

ペク・ジュンスがそれを調べていることに引っかかるクム・テウン。

 

ポン令監は誰かから何かしらの報告を受けます。

しかも、オ・ハラのことも知っており、ヘップバーン女史がオ・ハラの母親だと気づきました。

 

先輩と呼ぶことと詐欺師と呼ばないこと、自分に似ているペク・ジュンスを愛情深く見ないことを条件に、協力を続けるサ・ドチャン。

 

罰を受けるのはあとでもいいということで、捜査を継続することを選択するペク・ジュンス。

 

 

 

パク・ヨンジンがプルゴム(ひぐま)の指示で麻薬を密輸していました。

パク・ヨンジンは勾留後拘置所で自殺。

他殺に間違いなかったが、その責任をペク・ジュンスが取らされて左遷されます。

その動画を友人のナム・スンテに渡していたのです。

 

外交官特権があるにもかかわらず、オ・ハラたちは荷物の検査に乗り出します。

けれど、麻薬は見つかりません。

 

サ・ドチャンはペク・ジュンスとしてクム・テウンのもとへ。

ひと目で、幼い頃に会ったことのある刑事だと気が付きます。

当時のクム・テウンは、父と親しいと言っていました。

 

麻薬は大統領専用機で運ばれていると推測するチーム。

サ・ドチャンがセッティングして、大統領の隊列を止めることに。

 

救急車に乗り込め道を譲らせ隊列を止めるサ・ドチャンたち。

そして麻薬を探します。

けれど見つかりませんでした。

 

サ・ドチャンは運び屋の外交官が頻繁に連絡をとっている男を見つけ、麻薬があると確信します。

先日ハッキングしたスマホのデータでそれがわかっていたのです。

そのため、その男チェ・サンヒョンが責任者として扱っている荷物からモアイを見つけ、その中から麻薬を見つけ出すことに成功しました。

 

 

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

関連記事

 - スイッチ-世界を変えろ , , , ,