韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

太陽の末裔 第13話あらすじ2/2 ソン・ジュンギ、ソン・ヘギョ、チング、キム・ジウォン主演韓国ドラマ

      2016/04/09

ソン・ジュンギ(송중기)、ソン・ヘギョ(송혜교)、チン・グ(진구)、キム・ジウォン(김지원)、カン・シニル(강신일)主演のKBS2水木ドラマ

太陽の末裔(テヤンエ フイェ:태양의 후예:太陽の後裔)

の第13話あらすじ2/2です。

太陽の末裔 キャスト・登場人物紹介 ソン・ジュンギ、ソン・ヘギョ、チング、キム・ジウォン主演韓国ドラマ

 

 

太陽の末裔

 

 

 

太陽の末裔 第13話あらすじ2/2

 

シジンが酔いつぶれたのかと思われたがその逆で、酔っ払ったモヨンをシジンが送り届けることに。

『あら、あ、ここ覚えてる!覚えてるここ!』と、モヨン。

『わかった、わかった、わかったから靴から脱いでよ』と、シジン。

『いいえ。私は他人の家で靴を脱ぐなんてしません』と、モヨン。

『わかったよ、靴を脱いでちょっと休んで・・・』と、シジン。

『あら、あら、そそのかしてるの?いま?わたしはほんと、他人の家でラーメンを食べて行く、そんな女じゃないわ!』と、モヨン。

『わかったよ、靴だけ脱ごう。靴だけちょっと!』と、靴を脱がすシジン。

自分でも片方脱ぐモヨン。

『あ~、ほんとに。酔ってるんじゃなくてボケだよ』と、シジン。

『あ~、チメク(チキンとビール)、チメク、コ~ル!良いわ~、私たち一杯、さらにしましょ!(ソファーに上がり飛び跳ねながら)わ~、早く、何してるの?何してるの?早く、早く!一杯、さらにしましょ!・・・』と、モヨン。

物音がする。

モヨンの口を抑えて黙らせ、マフラーを手に取り、そっと物音のした方に近づくシジン。

『お母さん?』と、モヨン。

『お母さん?』と、シジン。

『うちのお母さんの服、うちのお母さんのカバン、うちのお母さん』と、モヨン。

しゃがんでいたモヨンの母が立ち上がる。

※モヨンは『ボケ・痴呆(치매)』『チメク:치맥:チキン&メクチュ(ビール)』を聞き間違えたのでした。

 

イスに座っているモヨンとモヨンの母。シジンは立っている。

『この独身男性は誰なの?』と、モヨンの母。

『はじめまして。カン先生の彼氏です。ユ・シジンです』と、シジン。

『私の彼氏?ホント?わ~、彼氏だって、かっこいいわ、そうでしょ?お母さん?』と、モヨン。

モヨンの背中をひっぱたき、『あんたはどうして酒を一度飲めば毎回終わって!この子が、全ていいんだけど、見ての通り酒癖がちょっと・・・』と、モヨンの母。

『私は大丈夫です。可愛いです』と、シジン。

『あら、そのように理解してくれるならありがたくて。そう、何をなさってる方なのか?』と、モヨンの母。

『軍人よ、階級は大尉。だけど詳しいことは機密。いつも規定上秘密。わ~、鳥肌。これは何の記憶だろ?わ~』と、モヨン。

『月給が定期的に入り、家にちゃんと戻らず、良いわね!』と、モヨンの母。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

『お母さん!何の話をそんなに率直にして、初対面で!』と、モヨン。

『あんたの話よ!この子がほとんど病院でだけ過ごしてるの。月給は定期的に入ってきて、フフ。ところで、どうしてそのように立っているの?罰を受けることをしたの?』と、モヨンの母。

『いいえ、しませんでした』と、シジン。

『しなかったの?どうして?』と、モヨンの母。

『申し訳ありません。お望みならいつでも・・・(チ~ン)これは・・・これは違うであります』と、シジン。

『フフ、純粋ね、うちの大尉さん。うちのモヨンも勉強だけしたわ。男に手首一度、握られないで』と、モヨンの母。

『お母さん、やめて。ずっと不利になるわ。ユンギオッパの話も知ってるし、理事長の話も、あ~、鳥肌、これも何なの?どうしてしきりに思い出すの?』と、モヨン。

『寝かさないといけないようです。それなら私はこれで』と、シジン。

『あら、大丈夫よ。私が行かないと。私はそんなに旧式じゃないわ』と、モヨンの母。

『いいえ、私が旧式で。行きます。次に正式にご挨拶します』と、シジン。

『そうね。それなら』と、モヨンの母。

眠りにおちるモヨン。

 

翌日。サブウエイで待ち合わせる二人。10分遅れるというモヨンからの連絡を受けて、希望のクラブサンドウィッチを2つ注文する。

『酒は抜けた?』と、シジン。

『もちろんよ。私は多く飲んでないわ』と、モヨン。

『すごく飲んでたんだけど。酔ってたからまったく別の人で』と、シジン。

『あ~何を?それは私であってるわ。私は全て覚えてるのに』と、モヨン。

『信じられないんだけど。ああ、カン先生のお母さんはなんとおっしゃいますか?私を気に入られますか?』と、シジン。

『うちのお母さんに会ったの?いつ?』と、モヨン。

『全て覚えてるって!別のやつと酒を飲みさえします(してみろ)!とても!』と、シジン。

『お~、嫉妬!』と、モヨン。

『酒がまだ抜けてないんだけど?』と、シジン。

『お~、賢いのね!・・・(シジンの電話のバイブ音)電話、電話!』と、モヨン。

『団結。大尉ユ・シジン。はい、分かりました・・・はい、分かりました、はい。団結』と、シジン。

動きが止まるモヨン。

『百貨店、行かねばなりません』と、シジン。

『あ~』と言い頷くモヨン。

『すみません』と、シジン。

『いいえ。行って来て、映画を見ましょう、私と。いいの?嫌なの?』と、モヨン。

『いいです』と、シジン。

『気をつけて行ってきて』と、モヨン。

『ありがとう』と、シジン。そして、モヨンの口元に付いた何かを指で拭う。

※第1話のときとは立場が逆になったセリフです。

太陽の末裔 第1話あらすじ ソン・ジュンギ、ソン・ヘギョ、チング、キム・ジウォン主演韓国ドラマ

1 2 3 4

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 太陽の末裔 , , , , ,