韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

トッケビ 第11話あらすじ コン・ユ、キム・ゴウン主演韓国ドラマ

      2017/01/12

帰り道。

トッケビがついてきているのに気づき・・・何をなさってるの?と、ウンタク

迎えにきたのさと、トッケビ。

どこから?と、ウンタク。

お前が歩いて来たすべての歩みを、一緒に歩いたさと、トッケビ。

ウフ、話をきれいにするのを見て!と、ウンタク。

社長さんの人生も本当に、私は生まれた時から不思議の国のチ・ウンタクだったから、鬼神を見ようがトッケビが現れようが、死神にばったり会おうが、おかしく思うことがなかったけど、社長さんは突然本当におかしなジャンルが加わったんじゃない・・・

前世で兄という人はトッケビで、好きな男は死神で、バイト生は鬼神なんか見て、店にお客さんより鬼神がさらに多い時もあるんだから・・・前世は、いったい何だろう?と、ウンタク。

ただ過ぎ去った生さ・・・と、トッケビ。

私も私が記憶できないある瞬間に、キム・シンさんの人生に、少しの間留まって行ったのかな?と、ウンタク。

さあ?と、トッケビ。

あ~、うちの社長さんが、ほんとに叔父さんの妹だったらいいわ、うちの社長さん本当に良い人と、ウンタク。

違ったけど?と、トッケビ。

やっぱり兄妹は、現生でも前世でも、反りが合わないのかな?私もキム・シンさんのようなオッパがいたら良いわ!あ~、私オッパいるわね!テヒオッパ!と、ウンタク。

お前、とてもそうして後に、え!二人カナダへ行って牛を食べにそのレストラン行くんだ?え!と、トッケビ。

あ~私のなじみの店?と、ウンタク。

二度行って馴染みの店って、どんな馴染みの店だ?オレはそこに50年前から通っってんだよ!と、トッケビ。

他の人とは行かないんだけど?叔父さんとだけ行くんだけど?と、ウンタク。

笑わせるな!行ったんだけど!チッ!と、トッケビ。

私が?ほんとに?いつ?どうして分かるの?と、ウンタク。

無駄に迎えに来た、無駄に!と、トッケビ。

どうして分かるのよ~?と、ウンタク。

 

 

トッケビ

 

 

卒業式当日の教室。

周りが盛り上がっている中一人のウンタク。

電話がなる。

出てみると・・・私の番号よと、班長

私の番号、どうして分かったの?と、ウンタク。

新学期が始まれば、班長には非常連絡網というのを与えられるの、あんたは受けてみたことないでしょ、3年ずっと私が班長だったから、卒業おめでとう、時々電話しようと、班長。

そうね、あんたもおめでとうと、ウンタク。

 

担任がやって来て、制服は後輩たちに行くことを伝え、話が長くてもアレだからと言い、卒業おめでとうと告げ締める。

待っていた父母たちが、我が子の卒業を祝い、写真を取り始める。

ここでもウンタクは一人・・・かと思われたが、産神様がコットンの花束を持ってやってくる。

ハグをして、ご苦労様、お母さんがすごく誇らしく思われるはずよと言う産神様。

トイレで野菜を来れた人だと思い出し・・・私を、どうして、抱きしめてくれるのですか?と、ウンタク。

可愛くて、あんたを授ける時、幸せだったのよと、産神様。

ハァ!?と、ウンタク。

シ~!と、産神様。

卒業おめでとうと、花束を渡す産神様。

周りは時間が止まったようにその光景を見ている。

踵を返し、担任の前に立ち・・・子よ、より良い師匠であることは出来なかったの?より輝く師匠であることは出来なかったの?と、産神様。

後悔の涙を流す担任。

不思議がる周囲。

どうしてだろ?申し訳ありませんと言って、教室から出ていく担任。

 

担任と廊下ですれ違うトッケビ。

朝鮮時代の居酒屋の女主人だとわかる。

100年に1・2人、前世と同じ顔で生まれる人たちがいる・・・

スマホで写真を撮る生徒たち。

 

朝鮮後期、哲宗(チョルジョン:철종)12年。

どうしてそうなさるので?ナウリ?無礼が不便ですか?と、ユ氏

いいや、もう然るに、私は遠い先も先見するのだなと、トッケビ。

遠い先ですか?どれくらい遠い先なので?ナウリ?と、ユ氏。

確かに朝鮮言葉を使うのだが、密意が混ざっているのか、世界が一つにでもなったのか、分かっても分からないな・・・すずり半分ほどの鉄片を、今しがた生まれた赤ん坊に対するように触れ、恋慕する人に対するように大切に持つのだなと、トッケビ。

なんとおっしゃってるのか私はさっぱりと、ユ氏。

真っ黒だったり真っ青なものが、とても広く使われるようだ、覚えておけ、このようにできてる・・・(スマホで自撮りするポーズを見せ)・・・カシャ!カシャ!・・・投資することがあれば、大きくしろと、トッケビ。

はい、ナウリと、ユ氏。

 

教室。

ウンタクを見つけるトッケビ。

朝鮮時代を思い出し・・・留まって行ったな、お前も分からなかった瞬間に・・・

(目線の先に何かあった?)

手を振るウンタク。

 

校舎の外に出る二人。

コットンの花束でウンタクの顔を隠しては見てみるトッケビ。

何をなさってるの?と、ウンタク。

不思議で・・・どうしてその時からお前を見ていたのか?と、トッケビ。

いつ?さっき教室で?と、ウンタク。

いや、遥かに遠くで・・・あるんだ、おかしくて美しい「とあること」と、トッケビ。

具体的に、なに?と、ウンタク。

朝鮮後期、哲宗12年、会ったのだなと、トッケビ。

誰に?と、ウンタク。

初恋と、トッケビ。

ハ~、この両班が!アンムルアングン(안물안궁:尋ねてないし気になってない)なんだけど!と、ウンタク。

それはどこから出てきた文言なんだ?論語でもなくて孟子でもないのが?と、トッケビ。

ギャルから出て来たのよ、ギャル!尋ねないって!気にならないって!と、ウンタク。

オレは気になる、この花、どこから出たんだ?もしかして、テヒか何かそいつが!と、トッケビ。

テヒオッパは来なくて、来れば一緒にいるわ、そのまま送らずに! 私にも、草のようなものをくれる知人がいて・・・遊んでなくて写真でもちょっと撮ってくれて!・・・これを押せば・・・と、ウンタク。

わかるさ!と、トッケビ。

お~、とても知ってるのね・・・わ~、私、卒業記念写真一枚もないのに、一生大事にしないと!と、ウンタク。

お前まあ、写真一枚撮るのに事情を、こうして写真を撮ってやるのか?動くな!と言いシャッターを押すトッケビ。

1・2・3と数えて撮ってくれないと!そのまま撮るのがどこにあるのよ?と、ウンタク。

そうして撮っても綺麗さと、トッケビ。

微妙に嬉しそうなウンタク。

花束をトッケビに渡す。

撮ってくれるのかと思いポーズをとるトッケビ。

うちの学校すごくいいでしょ?と、校舎を取るウンタク。

いいな・・・レンズが自分に向いたので、再びポーズをとるトッケビ。

すごく嫌なこともいくつかあったんだけど・・・(嫌な同級生を撮る)・・・すごく良いこともあったわ・・・(班長を撮る)・・・良いことはもともと遅れて尋ねてくるようね、おじさんのようにと、ウンタク。

早く来たけど何組かわからなかった・・・と、トッケビ。

じゃなくてと、ウンタク。

一人で来たと寂しがらずに・・・トッカは出勤したし、死神その者は、今心境が非常に不便な最中で、みんな、お祝いはしててと、トッケビ。

それじゃあ、あのお二人は、誰でしょ?と、ウンタク。

あの二人は卒業式に来たんじゃなくて、卒業式に来る誰かに会いに来たようなんだけど?と、トッケビ。

スゴイ!それじゃあ私たちは!おじさん、ドア、ドア、オープン!と言い、トッケビの手を引っ張っていくウンタク。

1 2 3 4 5 6 7

スポンサードリンク (sponsored link)

 - トッケビ , , , , , , , ,