韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

トッケビ 第12話あらすじ コン・ユ、キム・ゴウン主演韓国ドラマ

   

オレはここにいるぞ、どうした?と、死神

あ、いいえ、今度と、ウンタク

力を使ってノートを奪うトッケビ

あ!返してよ!どうして他人のノートを見て大騒ぎなのよ!と、ウンタク。

どうして他人のノートにオレの文が書いてあって大騒ぎなんだ!お前これなんだ?オレに隠れて私文書偽造したのか?と、トッケビ。

知らないふりしちゃって、恋書じゃないの、恋書!本人が書かれた!と、ウンタク。

恋書を書いてたのか?と、死神。

書いたんだって、初恋に、どれほど大層な愛の話なのか、あとの話しが気になって、おじさんに助けをちょっと受けてみようとしたのとウンタク。

前の話しは何なんだ?これ恋書じゃないんだけど?と、トッケビ。

違うというのがお好きね、とても名文でさえあって・・・そのように100年を生きたある日、天気が 適当なある日・・・まさに、え!チッ!と、ウンタク。

その内容じゃないけど?と、トッケビ。

その内容で合ってるんだけど!トッカオッパが全て読んでくれたんだけど?と、ウンタク。

そんなはずがないんだけど?トッカが死んで目覚めても読むことはできないんだけど?それはどこにも記録されていない、オレ一人が大切にしまっていた言葉だったのに!と、トッケビ。

(そのように100年を生きたある日、天気が適当なある日、初恋だった、告白できることを・・・と、トッケビ)

そうだな、その内容じゃないなと、死神。

違うんだけど、トッカオッパが確かに解釈したんだけど・・・と、ウンタク。

(恋書だな・・・と、トッカ)

前にだ、お前、車を数十台飛ばしてしまった時、お前ひょっとしてトッカに、オレが記憶方面で助けることができると話したか?と、死神。

いやと、トッケビ。

なのにあいつはどうやって知って、オレにいきなり行こうと言ったんだろう?と、死神。

そうしてみると、トッカオッパが私のメイプルリーフも見つけてくれたんだけど?私が完全に失くしたもの・・・なんだろ?と、ウンタク。

は~、どうして分からなかったんだろうか?実にトッケビの家の敷地を不動産に出す子だったのに・・・と、トッケビ。

 

 

トッケビ

 

 

クラブで酒を飲んでいるトッカ。

(王だったのか神だったのか、オレだったのかと、トッケビ)

(掛け軸を死神に見せるトッカ)

(この文字、聞くの聴よと、ウンタク)

(ウンタ区のノートを解釈するトッカ)

(その少女見つけたぞ、いまスキー場にいると、トッカ)

(それはお前の社長さんが、前世でうちの叔父さんの妹だからそうなんだと、トッカ)

(産神様に対して・・・私たち、お酒を一杯飲みましょうか?と、トッカ)

(ついに、トッケビとトッケビの新婦(花嫁)が会ったのねと、産神様

運命さと、トッカ。

ワン・ヨはまたどうして?剣が刺さったまま生きる者に、剣を刺した者を会わせてどうするの?と、産神様)

(うちにどんな用で?と、トッケビ。ここに住んでるのか?と、死神)

(産神様の問に・・・それもまた、運命なので・・・ちょうど家を求めるというのでと、トッカ。

いたずらも程々によ!いったいどんな考えなの?

特別に愛してと、トッカ。

キム・シン、その子、罰を受けて900年よ、まだ足りない?と、産神様。

一つの生命の重さというのは、そんなものだろ?と、トッカ)

(キム・シンによる殺戮風景)

(初めから罪を作らずに完全無欠な世界を作ったらどうだったの?それなら?と、産神様。

それじゃあ神を探さないからと、トッカ。

一人一人みんな愛で授けた子供たちよ!もう苦しめないで!その子の目を隠した手も片付けて!互いにわかるように置いて!どんな選択をしようが!と、産神様。

惜しいな、かっこよくて良かったんだがと、トッカ)

 

クラブ。

ついに来たなと、トッカ。

やってくるトッケビと死神。

トッカお前!と、トッケビ。

シールドがあってトッカに近づけない。

時が止まる。

どなたなのか、自己紹介をしましょうと、トッケビ。

(その誰にも祈るな、神は聞いていないので・・・と、トッケビ)

神は相変らず聞いていないゆえ・・・不満を言い・・・記憶を消した神の意志があるだろう・・・と、トッカ。

(記憶を思い出せば 思い出すがまま、思い出さなければ思い出さないまま、すべて神の思し召しだろうと、死神)

当て推量をするに・・・常に聞いていた、死を嘆願することに機会も与えた、なのに、どうして未だに生きているのだろうか?・・・記憶を消したことはない、自ら記憶を消す選択をしただけ、それでも、神の計画のようでも、失態のようでもあるのか?・・・

神はただ質問する者なだけだ、運命は私が投げる質問だ、答は、そなたたちが探せ、この子との別れのあいさつも、そなたたちが、それでは、私はこれでと、トッカ。

無数の蝶が天に舞う。

トッカが椅子から落ちる。

時が再び動き始める。

意識を取り戻し・・・叔父さんたち、どうしてここにいるんだ?いつ来たんだ?オレはどうして倒れてるんだ?うわ!オレはたった今フィルムが切れてたのか?たかだか一杯で?と、トッカ。

お前が誰だろうと、一発だけ殴ろうと、トッケビ。

おい、どうして子供にそうするんだ?この方には何の罪もないだろ!と、止める死神

この方?おい!と、トッケビ。

私がしきりにどこかへ言ってそうなので、申し訳け・・・と、死神。

はい?と、トッカ。

端部屋のおじさん、どうしたんだ?叔父さん?と、トッカ。

それを今話しだと?お前、トッカなのか?え!蝶・蝶!蝶!蝶両班!と、トッケビ。

叔父さん、酔ったんだな?と、トッカ。

こっちに来い!と、暴れ続けるトッケビ。

1 2 3 4 5 6 7

スポンサードリンク (sponsored link)

 - トッケビ , , , , , , , ,