韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

月の恋人 - 歩歩驚心 麗 第14話あらすじ イ・ジュンギ、イ・ジウン、カン・ハヌル主演韓国ドラマ 邦題:麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~ 宮廷女官 若曦(ジャクギ) 韓国版

   

大匡(テグァン)王規(ワン・ギュ:왕규)が上げた上疏だと言って読み始めるウク

ワン・ソを処断すべきという内容だったが、途中でやめさせ・・・どうせその上疏の内容は、ウクお前に禅位せよというのだろう?なので更に聞く必要はないというのだと、恵宗。

誤解です、どうやってでも陛下の荷をおろして差し上げようと、忠心から上げた言葉なのに、何を誤解なさったのですか?と、ウク。

いや、お前の言うとおり、私の重い荷を弟と分けるつもりだと、恵宗。

そこにワン・ソが入ってくる。

幼いため第二夫人でも良いとの条件で公主がワン・ソと婚姻し駙馬(プマ:부마)になることを話す恵宗。

ワン・ソがチモンからもらった吉日の書いてある書を受け取る内侍。

ウク、お前の忠告通り、ソに禅位してやる、皇帝の弟で駙馬なので、これより完璧な者がどこに居る?そうではないか?と、恵宗。

もちろんですと、ウク。

 

月の恋人 - 歩歩驚心 麗(タレ ヨニン ポボギョンシム リョ:달의 연인 – 보보경심 려) 邦題:麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~ 宮廷女官 若曦(ジャクギ) 韓国版

 

 

スンドクチョンにパックを施すヘ・ス

化粧よりもまずは皮膚を整える必要があったのだ。

自分の贈り物のバラのオイルが使われていて、ちょっとムカつくペガ

その後、互いに皮膚を褒めているスンドクとチョンにムカつくウン

明らかに嫉妬しているようだ。

そして、いつものようにスンドクを冷遇して怒らせる。

皇子様もほんとに自身の気持ちを知りませんね、実は夫人に関心が多いのに、どうしてそう斜に構えてるのかと、ヘ・ス。

もういい、世の中で最もやっても意味のないことは婚姻だ、チョン、お前もそのまま一人で生きろ、ソ兄上も止められるときに畳まないとなと、ウン。

ここで初めて、ワン・ソの婚姻のことを知るヘ・ス。

 

茶美園(タミウォン)にやって来て・・・聞いたのだな?憎んでもいいし恨んでもいい、全てオレの誤りだと、ワン・ソ

何を憎んで何を恨むのですか?私と何か約束されたのでもないしと、ヘ・ス。

お前を王宮から連れて出るという言葉、お前が自由だということを見たいという言葉、オレが言ったすべての言葉が約束だったのに、守れなくなったと、ワン・ソ。

弁明もなさらないのですか?と、ヘ・ス。

オレはすでに犯したし、お前は傷ついた、理由が何であろうと、お前の信頼を破ったのは変わらないはずなのに、あえてさらに言いたくはないと、ワン・ソ。

わかりました、私も更に聞きません、婚姻、おめでとうございますと、ヘ・ス。

 

 

ヘ・スの様子を見に行くペガ。

ワン・ソからの文を携えており、弁明だと思ってもいいとの言葉も伝える。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

『行到水窮處 坐看雲起時』という王維の『終南別業』という漢詩の一説が書かれていた。

水源のあるところに至り行き、雲が起こる時を座り見るという意味だ。

第4皇子様の字を、私がこのように好きだとは知りませんでした、その方について知らないことがより多いのに、全て知っていると勘違いしてたようだわ、愚かにと、ヘ・ス。

兄上がお前と去りたかったのは本心だ、それはオレが知っていると、ペガ。

 

何度もワン・ソの書を写し書くヘ・ス。

 

 

母に会いに寺へ行くチョン。

祈祷中に誰も中に入れるなと言われていると、侍女。

けれど強引に入るチョン。

そこにはワン・ヨがいた。

ワン・ヨが生きていることに驚くチョン。

すっかり髪が白くなっている皇后劉氏だったが、表情は晴れやかだ。

王式廉(ワン・シンニョム:왕식렴)がヨの世話をしていたのだ。

陛下に伸冤(シヌォン:신원)してもらうと、チョン。

オレはその座を狙った者で、生きているのが分かればすぐに首を刎ねるだろう、その上お前は、ソが公主と婚姻することも聞かなかったのか?と、ワン・ヨ。

ソ兄上が皇位に上がるのは、私も反対です、だからといって兄上が陛下に反旗を翻すつもりなら、それも賛成することは出来ません、謀反は一度だけでも十分ですと、チョン。

なんのバカみたいなことを言うのだ?成功する謀反は謀反ではない、オレは必ず皇位を手に入れる、オレは一度負けても二度は負けないと、ワン・ヨ。

私は陛下の臣下でもあります、いくら兄上でも座視しないでしょうと、チョン。

皇帝は完全に正気を失った、そんな者にこの高麗を任せるつもりか?と、ワン・ヨ。

 

夜間の警備を強化する皇命が出たさなかに、皇宮に侵入するチョン。

何者かの侵入を見て追いかけるワン・ソ。

茶美園(タミウォン)に入ったようだと、兵。

 

まったく見なかった、どこに入るのです?私は茶美園の最高尚宮です、陛下に直接仕える人です、むやみに部屋に外の男を入らせることは出来ませんと、ヘ・ス。

どけ、オレが直接確認すると、ワン・ソ。

髪飾りを抜き自分の首にあて・・・嫌です、まだ婚姻してない処女の部屋です、そんな羞恥にあうのなら死ぬ方がいいです、陛下の許しを得てまたいらしてください、誰も例外はありませんと、ヘ・ス。

部屋に、誰も居ないのは確かか?と、ワン・ソ。

はい、間違いありませんと、ヘ・ス。

ヘ・スの首元から血が滲むのを見て引き下がるワン・ソ。

 

実際にはチョンが部屋にいた。

オレじゃない他の兄上でも、同じように助けたはずだと、チョン。

当然でしょうと、ヘ・ス。

兄弟が争ったら誰の味方になるのかと問うチョン。

私の味方がどこに?私は審判にでもと、ヘ・ス。

いつまでも以前8番目の兄上の家に集まっていたオレたちを期待するのは欲心だぞ、オレたちは変わって、お前はきっと選択しなければならないことができるぞと、チョン。

夜が更けたので様子を見て行ってと、ヘ・ス。

また、いくらそうでも、私はやっぱり誰の味方になれないようです、誰も傷つかなければいいわ、そうなるようにしますと、ヘ・ス。

しばらく茶美園(タミウォン)の方を見ていたが、去っていくワン・ソ。

眠ってしまったヘ・スを眺めるチョン。

1 2 3 4

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 月の恋人 - 歩歩驚心 麗 , , , , , , , ,