韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

運命のように君を愛す 第12話あらすじ1/2 視聴率10.3% コンカップ、整理

   

チャン・ヒョク(장혁)、チャン・ナラ(장나라)、チェ・ジニョク(최진혁)、ワン・ジウォン(왕지원)主演のMBC水木ドラマ

運命のように君を愛す/運命のように君を愛してる(ウンミョンチョロム ノル サランヘ:운명처럼 널 사랑해)

の第12話あらすじ1/2です。

運命のように君を愛す キャスト・登場人物紹介 チャン・ヒョク、チャン・ナラ主演韓国ドラマ

 

運命のように君を愛す

運命のように君を愛す 作品データ

  • 韓国MBCで2014年7月2日から放送開始の水木ドラマ
  • 脚本:チュ・チャノク(주찬옥  『ロビイスト』
  • 演出:イ・ドンユン(이동윤)  『女王の教室』『神々の晩餐』
  • あらすじ:やさしいのが唯一の個性の「不実女」と、後代を引き継ぐことができず、後継者の座を脅かされている「超現実完璧男」が、望まない結婚でローラーコースターのような人生を経験し、運命のような恋をすることになるロマンチックコメディードラマ
  • 第12話放送日と視聴率 8月7日 10.3%

 

運命のように君を愛す第12話あらすじ1/2

コンカップ

記憶を取り戻したあと急いでミヨンの元へ向かうコン。姉の子をあやしているミヨンを目にしたコンだったが、彼女に会わずに去ってしまう。

コンはタコ博士に会いに行っていた。

『正直に話してくれ、オレ、発病したのか?おれ、ストレスを受けて記憶を失ったじゃないか、それ、オレの遺伝病と関係があるのか?オレは事実のとおりに知っておくべきじゃないか!』と、コン。

お前の父も同じ年の頃に似たような症状を見せたと、タコ博士。

『うちの父さんも発病したのか・・・。オレも。父さん、爺さん、そしてその上の爺さんのように、そのようになるんだな。たった30代・・・ハハハ。

オレの心配はしない。お祖母様、ミヨンさん、オレのケットンイ、オレの家族たち。オレが守らなければいけない人たちがいるのに、どうして心配しない!!!』と、コン。

 

『ありがとう、最近少気がないみたい。こんな重要なものを忘れるなんて』と言い、コンカップをダニエルから受け取るミヨン。

彼の記憶が戻らなければどうするの?と、ダニエル。『良くない想像はしないの。最後まで信じて待つの』と、ミヨン。

ダニエルが来週フランスに発つことを知るミヨン。考えていたことだし、妹を探している件も希望がなくなたっと、ダニエル。うつ向いたミヨンだったが、力を出して、全てうまく行くわと言う。

 

最後の胎教教室に行くミヨン。今回の課題は父母から生まれてくる子供へののメッセージだ。ミヨンはコンが来ないかと思い窓の方を見る。記憶の戻ってないコンが来るはずもなかった。

コンの声色を真似してパパからの手紙を書き始めるミヨン。すると、例の笑い声とともにコンがやって来る。

ミヨンを覗きこむように隣に座り、『私がいくら銃に撃たれたように頭に異常があるといっても。 私のジュニアに初めてのコメントをそのようになに始めますか?お腹の中の子供が私のジュニアという事実を知ったのに、パパの義務はしないといけないでしょ!』と、コン。

ミヨンが綺麗に書いているということで、自分の代わりにじっくりと書いてくれとも言う。

『ケットンア~、世の中は本当に豊かで人生はとても美しいんだ。いやいや、もう一度、現実的に話します』と、希望に満ちた言葉から一転シリアスな言葉に切り替えるコン。

人生は実に侘びしい、長生きしなければ富と名誉は何も効果がない、ストレスはできるなら避けて、 過労はせずに、体に良いものがあれば無条件に皆すべて食べろ、犬に用心、車に用心、火の用心と話す。

祝福する手紙なのに深刻すぎない?と、ミヨン。赤ちゃんに行き方を伝授してやってるんだから早く書いてと、コン。

その後、また悪臭のするエイの刺身を食べに行く二人。もちろんコンは食べない。以前来た時を思い出して笑うミヨン。その時には臭いからと、あなたは鼻にティッシュを詰めて大騒ぎだったと、ミヨン。

話にならない、自分は一度も品位をなくしたことのない人間だと、コン。

『違うわよ!』と言い、犬に追いかけられたことや、母と一緒にラップを歌っていたことを上げ、あなたがどんなに楽しい人かと話す。また、ほんとうに良い夫だった、いつも私を笑わせてくれたとも言う。

傷つけたり泣かせたりしたことが一度もなかった?と、コン。うん、なかった、ただの一度もと、ミヨン。ミヨンさんはバカが付くほど優しい人なのでと、コン。

『コンさんがちょっと息苦しくはさせました。だけど、コンさんのおかげでポストイットからボンドガールに変身しました。映画の中に出てくる王女様のように。素敵なドレスも着て美しく化粧もして』と、ミヨン。

『ところでキム・ミヨンさん。いつまでも誰かがそばにいるということはないです。結局は自ら生き抜かなければなりません』と、コン。

『それで努力しているわ。コンさんに力をあげる人になりたかったの。私がコンさんに寄り添うように、コンさんが私に寄り添えるように。ひょっとして記憶が戻れば・・・それで再び一緒にいることができたら・・・

あ、誕生プレゼント。これはもともとコンさんが作ってくれと言ったの。コンカップ。どう?おなじでしょ?誕生日が過ぎて残念ね。代わりに毎年アップグレードして作ってあげる』と、ミヨン。

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 運命のように君を愛す , , , , , ,