韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

W 第5話あらすじ イ・ジョンソク、ハン・ヒョジュ主演韓国ドラマ

   

イ・ジョンソク(이종석)、ハン・ヒョジュ(한효주)主演MBC水木ドラマ

W

の第5話あらすじです。

 

W キャスト・登場人物紹介 イ・ジョンソク、ハン・ヒョジュ主演韓国ドラマ

 

 

韓国ドラマ W

 

 

W 作品データ

  • 韓国MBCで2016年7月20日から放送開始の水木ドラマ
  • 脚本:ソン・ジェジョン(송재정) 『三銃士』『ナイン』『イニョン王后の男』
  • 演出:チョン・デユン(정대윤) 『彼女は綺麗だった』
  • あらすじ:現実世界の素人女医オ・ヨンジュが偶然に人気絶頂、ウェブトゥーン『W』に吸い込まれ、主人公カン・チョルに会ってロマンスが芽生え、さまざまな事件が起こるラブサスペンスドラマ
  • 視聴率 第5話13.5% 視聴率グラフ → 韓国ドラマランキング

 

 

W 人物相関図

韓国ドラマ W 人物相関図

 

 

 

W 第5話あらすじ

ヨンジュの居る現実世界にやって来たカン・チョル

車の往来があるにも関わらず、自分が描かれたWのバス広告に歩み寄る。

その後、書店へ行き、Wを全巻読破する。

そして、自分のいた世界がほんとうにマンガの中だったのだと知る。

※この辺りの描写はキャスト情報の内容に一致

警察も解決できなかった事件をカン・チョルが解決し、訴訟費用まで支援している状況だ。

かつてカン・チョルを貶めたハン・チョロの支持率は反比例して下がっている。

カン・チョルがまだ真犯人だと思っているハン・チョロ。

 

あらためてWに人気があるのかと店員に確認するカン・チョル。

5年を超えてベストセラーだと、店員。

また、読んだ本を袋に入れるので待ってくれとも。

『必要ありません。知ってる話で・・・』と、カン・チョル。

 

手術にはいろうとしているヨンジュ。

すると、婚約者だといえばわかるという人が来ていると、カン・ソクポム

他の人と勘違いしてるようだわと、ヨンジュ。

けれど、ふとあることを思い出し行ってみる。

すると、カン・チョルだった。

驚いてマスクを落としてしまうヨンジュ。

屋上へ引っ張っていくカン・チョル。

 

また引っ張っていかれたのかと思うヨンジュ。

けれど、ソクポムもいるし、自分の病院にいるはずだと思う。

『オレが来たんだ。オレがこちらに来たんだ。オ・ヨンジュさんの世界へ』と、カン・チョル。

どうやって?と、ヨンジュ。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

止まったよ、オレが生きていた世界、全て止まってしまったよ、オレを除いて、それで抜けだしたんだ、すべて捨ておいて・・・どうしてオレだけ生きているのかわからないけど、あんたの言うとおり主人公だから、主人公の特権なのか?・・・

有り金すべて叩いてW33巻をすべて読んできた道だよ、それでもう納得したよ、オ・ヨンジュさんがオレをどうしてそんなによく知っていたのか、愛読者だったのでしょ、7年もオレを見守ってたのでしょ?・・・

オレが、今どれだけ後悔しているのかわかる?その時オ・ヨンジュさんの忠告を聞かなければならなかったのに、真実が、まさかこんなものだとは想像もできなかったでしょ、その時あんたの言葉を聞くことで・・・

オ・ヨンジュさんのその時の沈黙が、オレをどれだけ考えていたのか今はわかるよ、それで来たんだ、最後に挨拶したくて・・・出来得る最善でオレを配慮してくれて、本当に有難う、あんたはほんとに良い人で、良い医師になる資格があるよと、カン・チョル。

大きい手術じゃないからすぐに終わるわ、自分を保護者と考えて必ず待っていてと、ヨンジュ。

オレの真似をしてるの?いま?と、カン・チョル。

いや、何もないじゃない今、お金もなくて家もなくて身分証もなくて、私がその心情をよくわかってるじゃない、どれだけやるせないか、けれど私はここで本当の医師で、まあ、あなたと比較にはならないけどお金もあって家もあるわ・・・

だから、私を信じて待ってて、私が出てくるまで、ここ、この場からどこにも行かずに、わかった?私の言葉を聞いて、どうか!長くかからないわ、40分で終わるわと、ヨンジュ。

ヨンジュにキスをするカン・チョル。

どうしたの?と、ヨンジュ。

本をすべて読んだ所感を言おうとすれば、不幸が99倍ぐらいは増えたけど、ぴったり一つ良い点もあったんだ、常にオレだけ損する気分だったけど、オレもそちらの内心をすべて見たんだよ、だから、いらない猫かぶりな言葉は言わないほうがいいよと、カン・チョル。

ここで待っていてと念を押すヨンジュ。

また、何かあったらスクポムを頼ってとも。

婚約者だと言ったらギスギスしたけど、まさか彼氏じゃないでしょ?と、カン・チョル。

彼氏はいないと言ったじゃないと、ヨンジュ。

 

カン・チョルはヨンジュを待たず、オ・ソンムの家へ行き不法侵入する。

そして、Wのすべてが彼の創作だと改めて分かる。

さらに驚いたのは、ヨンジュがソンムの娘だったということだった。

 

手術後、パク教授に叱られるヨンジュ。

このヨンジュの有り様が、より本格的になったのが何時からだったか考えた、私がWのファンだと言った時からだと、パク教授。

また、話のついでにWのジャンルがラブロマンスに変わったことにも言及しはじめる。

そんなこともあるのでは?仕事だけしますか?ヒーローでも愛に溺れることがあるでしょうと、反論を始めるヨンジュ。

ユン・ソイと結婚してこそ正常だと、Wの中のオ・ヨンジュが気に入らないパク教授。

ついには・・・『カン・チョルは私を好きなんです、これは確実なことなんです!』と言ってしまうヨンジュ。

マンガの主人公が好きなのは私と言っているので、周りはいぶかしがる。

うちの小学生の娘と水準が同じだと、パク教授。

凄く急ぎの用があってと言い、逃亡して屋上へ向かうヨンジュ。

けれど、カン・チョルはどこにもいなかった。

最後に挨拶をと言っていたカン・チョルの言葉が引っかかり、父に連絡を入れるが、父は電話に出なかった。

1 2 3

スポンサードリンク (sponsored link)

 - W , , , , , ,