韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

夜警日誌 第7話あらすじ1/2 手配書、暗号、乱行、離別

   

チョン・イル(정일우)ユンホ(윤호)主演のMBC月火ドラマ

夜警日誌(ヤギョンックン イルジ:야경꾼 일지:原題:夜警師日誌)

の第7話あらすじ1/2です。

夜警日誌 キャスト・登場人物紹介 チョン・イル、ユンホ主演韓国ドラマ

 

夜警日誌

 

夜警日誌 作品データ

  • 韓国MBCで2014年8月4日から放送開始の月火ドラマ
  • 制作会社:レモンレイン 『成均館スキャンダル』『韓半島』
  • 脚本:ユ・ドンユン(유동윤) 『大王の夢』
  • 演出:イ・ジュファン(이주환) 『光と影』『朱蒙(チュモン:주몽)』
  • 放送日と視聴率 8月25日 12.2%

 

夜警日誌 第7話あらすじ1/2

手配書

ムソクにもらった薬のことでリンと諍いを起こし、憤りつつ部屋を出るトハ。ぶつけ様のない怒りをかみしめていると、そこにサンホンがやって来て何事かと問う。

『なんでもないです』と、笑ってごまかすトハ。けれど、床にはリンの唐鞋(タンヘ:당혜)が。それを隠すように座り込み。『床にホコリがあって・・・』と、トハ。

笑って気づかないふりをしてやるサンホン。

暗殺されそうになったことを思い出し、涙を流しながら憤るリン。部屋から出ると、トハが食堂の机に突っ伏して寝ていたため、二階から布団を投げてかぶせる。一旦は起きたものの、そのまま寝るトハ。

 

兵曹参判(ピョンジョチャンパン)の名で報奨金付きの手配書が街の掲示板に貼られる。もちろん、月光大君(ウォルガンデグン)リンの手配だ。

パク・スジョンは、王(キサン君)よりも先にリンを探せと配下に命じる。

その動きを予見していたキサン君だったが、彼が軍を動かしたことに驚く。都城の10里外に集結させていると報告する臣下。

朝議でそのことを追求するキサン君。『どうしてとは?ただ定期的な訓練をしただけのことです』と、パク・スジョン。さらに、兵曹判書(ピョンジョパンソ:병조판서)に同意を求める。

『領相、あえて私を威脅するのか!』と、キサン君。しらを切るパク・スジョン。

『私は、必ず月光を捕まえてやる。月光を捕まえて、誰なのか、私を呪詛しろとそそのかした背後が誰なのか、必ず明らかにするぞ』と、キサン君。

『それなら、月光大君に刺客を送った者が誰なのかも明々白々になさいませ』と、パク・スジョン。

 

テホと弓の練習をしているムソク。思い通りに行かないのが一番嫌だと、弓を投げ出すテホ。また、翼を付けてくれないにしろ、どうしてお前を切り捨てるのかと、パク・スジョンを批判する。

『責務を全うすることができなければ、当然ながら服を脱ぐべきだ』と、ムソク。そして的中続きだった的を外す。

 

体調が悪いのに出かけようとするリンを引き止めるトハ。男を連れ込んでいることをオンメに見つかり、誤解だと弁明する。

その間もどこに行くんだとリンに問うが、いちいち報告しないといけないのかと言われる。部屋代も払わないでおきながら、純真な顔をして、後ろでかぼちゃの種を全部むいて通って!と、小言を続けるオンメ。

そこにメン・サゴンが出て来て、包丁が気に入ったようだなというが、それはサンホンが鍛えたものではなく、サゴンが鍛えたものだった。

また、同時に官軍が入ってきたので、リンを隠すトハ。秘密の隠し部屋で仕事をするチョン氏。そこにやってきて隠れさせてくれとトハが言うが、自分以外は誰も入れない、ダメだと言われる。

客の中で怪しい物はいないか?と、官軍。自分が見るに皆が怪しいと、チョン氏。そこにサンホンもやってきて、あいつが怪しいと、チョン氏。そして、あいつもあいつもと言い、ごまかし続ける。

官軍が去りひと安心するトハ。あまりに接近していたので、どけというリン。

 

その後、トハが止めるのも聞かず街を歩くリン。『私も生きていたいからおとなしくしていたんだ。けれど、こうして死のうがああして死のうが同じなら、叫び声でもあげなければならないんじゃないか?』と、トハの制止を拒否する。

 

パク・スジョンと密会するチョンス大妃(テビ:대비)。最善を尽くして探していると、スジョン。

外でサダムを見つける二人。

大妃は挨拶をするサダムをひっぱたき、『もう一度更に殿下と大君を離間させる時には、私はお前を戮屍(死体をバラバラに切り刻む)させるぞ。肝に銘じておけ』と、大妃。

あまりの怒りで形相が変わるサダム。祠堂に帰っても怒りが収まらず、100年も生きられない人間ごときをどうして思い通りに出来ないのか!おそれもなく私に触れる?許さない、絶対!と憤る。

 

暗号

リンはトハに手伝ってもらい火のついた凧をあげる。

大妃殿では宮女たちがそれを見てざわついていた。鬼火を見たということを聞き叱責するものの、何かあると考え始める大妃。

どこで上がったのかと問う大妃。仁王山(イヌァンサン:인왕산)と聞き、半紙に字を書き始める。鬼火から『燐(リン)』の字を連想する。仁王山の方にはリンの私邸もある。

また6回きらめいたことからそれは北を指すことだとわかる。漢城府(ハンソンブ:한성부)の北側の大門である粛靖門(スクチョンムン:숙정문)かとも思ったが、それでは人の往来が多いためありえない。

さらに、それが水を指すことが分り、スソンドン渓谷だと特定する。

※仁王山は漢城府を囲む山の一つで景福宮(キョンボックン:경복궁)の西にある。その山頂までは直線距離で1.8kmしか離れていない。スソンドン渓谷はその山頂と景福宮の間に位置し、景福宮から1.5kmほどの距離にある。

参考:漢城府地図(旧トンイ考)

 

乱行

秘倉庫(ピジャンゴ)について、代々王室の放物を保管していると聞いたが、不思議なものはおいてなかったかと、キサン君に尋ねるサダム。

特になかったと答えるキサン君。

そんなはずはないです、殿下も行けてないようです、真の秘倉庫には誰も入れないと、大妃ママが隠したのです、どうしてでしょうか?、もしかして月光大君に行くのではないでしょうか?と、けしかけるサダム。

酒に酔ったキサン君は、大妃殿へと行き、リンを探しに行こうとした大妃はキサン君と鉢合わせとなる。

こんな夜に何事ですか?と、大妃。お祖母様こそ?月光大君に会いに行かれるのですか?と、キサン君。また、どこに隠したのかと問う。

何のことかわからない大妃。

『私のものを、すべて月光に授けるのですか?私に何をなさるのですか?私が何を間違ったからと!私より常に月光ですか?お祖母様のせいです。すべてのことはお祖母様のせいだというのです!』と、大妃を突き飛ばすキサン君。

その後、剣を抜き、大妃に対して一人で立てという。けれど、宮女が介添えをすると、その宮女を斬ってしまう。『主上!』と言うとキサン君は我に返り逃げ去る。

このことは大妃殿を超えてはならないと、宮女たちに釘を刺す大妃。

サダムの部屋に駆け込み、リンを保護しようとしている大妃を監視しろと、キサン君。また、早く例の巫女を呼び自分の病を治せ、病一つ治せないならお前も殺すともいう。

『殿下の病を治せないなら、私もこれ以上生きる理由がありません。私はいつでも、私の殿下と共に参ります』と、サダム。

『私が、私が信じる人がいない』と、キサン君。

 

離別

すでに夜明け前。何もアクションが起きなかったことに呆然とするリン。何か事情があったはずだ、傷つくなと、トハ。

『誰が傷ついたと?お前の勝手で考えて判断するな』と、リン。サダムの配下がトハを探しにやってきている。『道流(トリュ)さまが送ったんだ』と、喜ぶトハ。

『道流?昭格署(ソギョクソ:소격서)道流?』と、リン。『ええ、今日は姉さんのことがわかるはずよ』と、駆け寄ろうとするトハ。そんなトハの手を引きその男から離すリン。

良心はないの?どうして私がすることをことごとく反対するの?あんたがわかるの?私が白頭山からどんな心情でここに来たのか?ここに来て日々をどうやって持ちこたえたと?人扱いされなくても笑っているから、心もないようだと?私はここが嫌い、一日も早く姉を探して、ここを発ちたいって!と、トハ。

『私が狂ったやつでもなく、ことごとく反対する理由を考えてみたか?』と、リン。『理由があるにはあるの?』と、トハ。

『お前が危なくなるかと、お前があいつに近づけば危なくなるかと、それで私もお前に狂ったやつ扱いされて止めたんだ。そうだな、いいだろう。お前のことはお前がいいようにしろ。私のことは私がいいようにするから』と言い、鈴輪を返す。

トハの前にサダムの部下がやって来る。

 

夜警日誌 第7話あらすじ2/2に続く

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 夜警日誌 , , , , , , ,