韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

夜警日誌 第19話あらすじ1/2 ヨナの消滅、トハを突き放すリン

   

チョン・イル(정일우)ユンホ(윤호)主演のMBC月火ドラマ

夜警日誌(ヤギョンックン イルジ:야경꾼 일지:原題:夜警師日誌)

の第19話あらすじ1/2です。

夜警日誌 キャスト・登場人物紹介 チョン・イル、ユンホ主演韓国ドラマ

 

夜警日誌

 

夜警日誌 作品データ

  • 韓国MBCで2014年8月4日から放送開始の月火ドラマ
  • 制作会社:レモンレイン 『成均館スキャンダル』『韓半島』
  • 脚本:ユ・ドンユン(유동윤) 『大王の夢』
  • 演出:イ・ジュファン(이주환) 『光と影』『朱蒙(チュモン:주몽)』
  • 放送日と視聴率 10月6日 9.3%

 

夜警日誌 第19話あらすじ1/2

ヨナの消滅

寝殿にトハを救出にやって来たリン。そんなリンに剣を振りかざすキサン君

すると、そこに尚膳(サンソン:상선)がやって来て、鬼物が王宮内に入ってきて宮人たちを殺していることを告げる。また、出動した内禁衛(ネグミ:내금위)もなすすべがないとも言う。

キサン君は内禁衛に大殿を守らせろという。そこでリンは、自分がトハと供に担う、殿下を守るという。

途中、ムソクと合流する二人。ボーっとしているトハを見て、どうしてなのかと問うムソク。リンが鈴輪を握らせるとトハは正気に戻る。理由を聞くトハだったが、あとでと言い鬼物のところにトハを連れて行くリン。

鬼物はヨヌォルだった。けれどトハは『姉さん!』と言い出す。そして不用意に近づいていき首を絞められる。攻撃しようとするリンとムソクを止めるトハ。

にわかに鈴輪が反応を始め、正気に戻るヨヌォル。トハは腰から崩れるが無事で、『姉さん!』と言い続けている。ヨヌォルは自分のやったことを見て逃げ出していく。

 

鬼物ごときが怖くおまえも同しようもないのだなと、元キサン君のエイリアス。また、月光が鬼物を呼び、お前を引きずり降ろそうとしているのだという。

その言葉を聞き逆上し、月光だろうと鬼物だろうと全て切り捨ててやると、むやみに剣を降り始め、ついには虐殺を始めるキサン君。

王宮異変の知らせを受けたパク・スジョン。部下は挙兵の機会だと言う。

何人かの宮人を殺したところで、ムソクがやってくる。自分が月光が送った鬼物を殺したと高笑いするキサン君。

続いてチョンス大妃(テビ:대비)が到着する。王室と社稷を守ったと大妃に告げ、高笑いを続けるキサン君。

そんなキサン君に対して、酒を飲み過ぎたから寝殿にというムソク。祝い酒でもしようと、キサン君。

宮外に知られてはならないと告げ、尚宮に後始末を命じる大妃。そこにパク・スジョンがやって来る。

大妃殿に場所を移す二人。今夜のことで朝廷が動揺しないようにしなければならないと、大妃。王宮に軍を入れ万が一の事態に備えると、パク・スジョン。

ダメだ、先王の時の惨禍が繰り返されてはならないと、大妃。また、あなたが王室を守ってくれるという約束を信じていると、大妃。

 

ヨヌォルはヨナだった頃のことをを思い出す。

姉を探し彷徨うトハを捕まえるリン。さらに人を害する前に探して姉を阻まないといけない、説明はできないが彼女は姉だ、私があれほど探した姉に間違いない、ヨナ姉さんを助ける、どうか助けて大君と、トハ。

サダムのところへ行き短剣を振りかざすヨヌォルだったが、サダムの気で跳ね返されてしまう。辛いか?新しい肉体を用意してやると、サダム。

自分の霊が永遠に地獄をさまよっても、おまえの息の根は止めてやると、ヨヌォル。

どうして私のせいに?先に要求したのはお前だ、先王の心を持たせてやれば、おまえの魂をくれると、ヨナ、おまえは永遠に私の元を去ることはできないと、サダム。

そんなことはないと、短剣で心臓を突き刺すヨナ。その肉体はすでに死んでいるので、自ら死ぬこともできない、私がそう言わなかったか?と、サダム。

そこにホジョがやってきて、月光大君が来たと告げる。

庭に出てリンとトハを襲おうとするヨナ。けれどヨナは、自ら四寅斬邪剣(サインチャムサゴム:사인참사검)を握り自分の体に突き刺す。

四寅斬邪剣に刺されたので生きかえらせることはできないと、苦虫を潰した表な表情で去って行くサダム。

そのサダムを追いかけるリン。父やトハの姉、夜警師たちの恨みを晴らすべく、サダムを成敗して悪縁を切るというリン。

ヨナが魂を引き換えに自分の欲求を満たしたことを語り、自分のせいではないというサダム。そして、トハの血筋がやったのだという。

そんなはずはないと、攻撃を仕掛けようとするが、強力な結界が破られず、サダムに近づくことができない。自分の言葉が信じられないなら直接確認してくれと、サダム。

『トハ、私の愛する妹。とても大きくなったのね。私の魂はみな壊れても、あなた君の顔だけは忘れなかったわ。私が悪鬼にならなかったのは、ひたすらあなたのためだったの』と、ヨナ。顔もヨナの顔に戻っている。

『姉さん死んではダメ、私が助けてあげる』と、トハ。

『私を送って。トハ、 この全てのことは、みな私の執着のためだったの。私が慕っていた殿下を、狂気に追い詰めたのよ。トハ、おまえはどうか、愛を成し遂げなさい・・・私の妹・・・』と言い事切れるヨナ。

その言葉を聞いてしまったリン。号泣するトハ。

 

トハを突き放すリン

龍神に捧げるヨナが死んでしまったのでどうするのかと、ホジョ。まだマゴの巫女はひとり残っていると、サダム。

 

翌日、いつまで殿下の狂気を 見なければならないのかと、パク・スジョン。必ず時が熟すのでしばし待ってくれと、サダム。

自分の忍耐心は底を突いているので、そう遅れるなと、パク・スジョン。サダムは太っちょ政丞をみつける。太っちょ政丞は何を企んでいるのかと、パク・スジョンに小言を言うが、当然聞こえない。

サダムがどれだけ怖いか知ってるじゃないですかと、袖を引っ張り逃げようとするソン内官。怖いやつだなと言い、退散する太っちょ政丞。

毛むくじゃらで獣のような物に恨みを買ったことがあるか?と、サダム。記憶が無いと、パク・スジョン。

 

自分の父を狂気に追いやったのがトハの姉だと知り呆然とし、信じられないと、サンホンに告げるリン。どうするつもりかと、サンホン。どうすべきかわからないと、リン。

トハが危険になることもある、トハは大蛇の昇天に捧げられる最後に残ったマゴの巫女だからと、サンホン。

 

3日も眠り続けていたトハ。ランイとソン内官が目覚めに気づく。リンに話があると、トハ。すると、リンが帰ってくる。

リンの手を握り、サダムに復讐をする、姉を殺して魂まで利用した、アイツを許すことはできないと、トハ。

そんなトハに白頭山に帰れ、そもそも姉を探しに来たし、姉の魂が去り、おまえがここにいる理由がないと、リン。

どうしてそんな言葉を?と、トハ。帰れ!ときつく言い部屋を出るリン。そこに先日リンが落とした温鞋(オンヘ:온혜)を持ってやってくるムソク。

必要ない、トハは白頭山に帰ると、リン。トハがなにか過ちでも?と、ムソク。トハがこちらを見ているのに気づいたリンは、父を死に追いやったのがトハの姉だったことをムソクに告げる。

驚くムソク。悲しげな表情のトハ。そのことはトハの過ちではない、夜警師の印可を受けた仲間だ、どうして昔のことで仲間を突き放すのか?と、ムソク。

おまえは係るなと言い去って行くリン。

 

サダムを呼び、どうして鬼物が?昭格署(ソギョクソ:소격서)提調(チェジョ:제조)というやつは何をしていた?と、サダムを叱責するキサン君。

今回の鬼物事件は月光大君の捏造だ、トハとの合房(ハッパン:합방)を阻むために夜警師と起こしたというのが真相だと、サダム。また、彼らを捉え真相を明らかにしてくれという。その言を受け命を発するキサン君。

大君に行ったと伝えてと、ソン内官とランイに告げ出て行くトハ。

トハにわざとそうしたのだろう?一体どうして?と、リンに問うランイ。保護するためで、今送らなければ大蛇の生贄にされる、私の心がどれほど辛くても、仕方ないと、リン。

そこに太っちょ政丞がやって来て、捕縛命令が出たので避けてくれとリンに伝える。

 

夜警日誌 第19話あらすじ2/2に続く

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 夜警日誌 , , , , , , ,