韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

夜警日誌 第19話あらすじ2/2 梅蘭房主スリョン 、メン・サゴンの死、忠告、謀反

   

チョン・イル(정일우)ユンホ(윤호)主演のMBC月火ドラマ

夜警日誌(ヤギョンックン イルジ:야경꾼 일지:原題:夜警師日誌)

の第19話あらすじ2/2です。

夜警日誌 キャスト・登場人物紹介 チョン・イル、ユンホ主演韓国ドラマ

 

夜警日誌

 

夜警日誌 第19話あらすじ2/2

梅蘭房主スリョン

秘密の部屋でサダムを処断する方法はないのかとサンホンに問うメン・サゴン。 殺せばいいと、サンホン。殺しても死なないのに!と、メン・サゴン。

大蛇の昇天のための生贄、マゴの巫女を殺せばいいと、サンホン。と肌と気づいたメン・サゴンは、それはダメだという。

では残りは一つで、神弓で大蛇の逆鱗を射ち破壊することで、それが最後の方法だと、サンホン。

上の酒家には義禁府(ウィグムブ:의금부)が押し寄せ、地下倉庫を開けろとチョン氏に迫る。サンホンとメン・サゴンの二人は、なんとか秘密の逃げ道から脱出する。

その後、オンメは二人のところに行き、チョン氏が捕縛されて物品は押収されたと告げる。

 

梅蘭房主の帳簿をスリョンに渡すサダム。朝鮮の物産はすべてあなたの手の下で動く、月光大君とあなた、そして領相大監の将来に大きな助けになるでしょうという。

房主をやるという決意を固めたスリョン。その代わり、干渉はするなとサダムに告げる。

スリョンが梅蘭房にいることで驚くパク・スジョン。また、房主になったと聞かされ一層驚く。

父の助けなしにリンとの将来を整えようとしているし、自分がここを掌握すれば、お父様が大志を成す際に助けにもなるでしょうと、スリョン。

その後、サダムのところへ行き、何を企んでいるのかと怒りを爆発させるパク・スジョン。サダムはパク・スジョンの兵のための軍資金を渡し、今後も必要な資金は自分が用意すると言う。

 

メン・サゴンの死

川のそばに佇むトハのところにムソクがやって来る。『辛いっだろうけど元気を出して』と、ムソク。

『私はどうやら白頭山に帰らなければならないようです。都城に更にいる理由が消えてしまいました。大君がそうするのも当然なことです。それを知りながらも、こうも悲しいのは知りませんでした』と、トハ。

『大君がそうおっしゃられても、本心はそうではないでしょう』と言い、温鞋(オンヘ:온혜)を渡すムソク。

『これは何ですか?』と、トハ。『これは、大君の本心』と、ムソク。そこにランイがやって来て、捕縛令が出たから逃げろと言う。

 

リンはサンホン達が心配で酒家へ来ていた。トハとムソクもやって来る。オンメに状況を聞かされ、秘密の出入口があるとは思わなかったと、リン。

当分の間はここに隠れていても大丈夫だと、オンメ。サンホンの行方を問うトハ。どこに行ったのだろう?と、オンメ。

サンホンとメン・サゴンの二人は、神弓を探しに大蛇のある場所に侵入していた。 罠にかかり鬼気の攻撃を受けるサンホン。送れてやってきたリンとムソクがサンホンを助ける。

外で待っていたメン・サゴンはホジョに見つかり殺されてしまう。同じ頃、チョン氏は拷問を受けていた。チョン氏が口を割らないので、それなら永遠に開けさせないようにしろと、パク・スジョン。

秘密の部屋に戻り、悲壮感を漂わせる夜警師たち。メン師兄の死はムダにしないと、リン。

言われたとおり白頭山に戻る、もう会えないだろうから正式な別れの挨拶をと、トハ。一礼し、『今までありがとうございました。忘れられません』と言う。

一体どこに行くと?我々にはおまえが必要だと、ムソク。もう決心したと言い去って行くトハ。目に涙を浮かべながらもトハを行かせるリン。

 

忠告

リンを追求するキサン君。決して自分や夜警師たちではないと、リン。

証明できるのか?自分を殺そうとした剣も今回も同一の者のしわざで、おまえでないなら領相の仕業だろう、領相の謀反の証拠を探しだせばおまえの無罪を信じるが、持ってこれなければおまえが死ぬこととなると、キサン君。

まずはパク・スジョンの手下を捕まえなければと、ムソク。お前の叔父が 危険になるかもしれないことだが大丈夫か?と、リン。謀反を図るものは誰であろうとゆるさないと、ムソク。

スリョンがサダムとともに入宮しているのを見て驚くリン。キサン君に献金するスリョン。後宮のことをちらつかせるキサン君。

賢明な君主だろうから、一介の後宮にするより梅蘭房主として使うと信じていると、スリョン。領相に似て狡猾だと高笑いするキサン君。

また、スリョンに近づき顔をなで、今後お前に酔うことが多そうだと言う。

 

康寧殿(カンニョンジョン:강녕전)から出てきたスリョンに声をかけるリン。どうしてサダムのような奴と?と、リン。サダムは私にとって大いに助けとなる者だと、スリョン。

危険なやつなので近寄らせてはならないと、リン。大君が私を心配してくれるので感慨無量だ、けれど、もう少し早く推し量ってくれていればサダムの力を借りる必要はなかったと、スリョン。

 

謀反

川のそばで短剣を握り思いつめるトハ。ランイがその様子を見ており、リンとムソクに告げる。

トハはサダムのところへ行き全てお前の仕業だと言い探検を振りかざすが、サダムの気の前ではなすすべがなく気絶させられる。

そして、絵の中に作られた結界に封じ込められる。龍神が昇天する時まではこのままにするつもりのサダム。誰も探せないはずだと呟く。

キサン君に呼ばれたサダムは、スリョンを後宮にするというキサン君の言に驚く。前も言ったが相克だとサダム。

御命にケチをつけるサダムに怒るキサン君。そして、相克なら離宮に閉じ込め、生涯、独守空房させればいいし、人質としてとっておくつもりだ、日取りを決めよ!と言う。

 

主上がそう出るなら自分もこれ以上耐えない、連絡を回せと、部下に告げるパク・スジョン。 部下の面々が集ったのを見て、ついに謀反を!と、太っちょ政丞

 

リンとムソクがトハを助けに来る。そして、絵に封じ込められたトハをみつける。結界に飛び込むリン。縄をほどいたものの、獣の咆哮が聞こえ二人に近づき始める。

一方のパク・スジョンは兵を連れて入宮する。

この国宗廟社稷のための忠情で事を起こす決心をしたと、キサン君に告げるパク・スジョン。

逃げるリンとトハ。出口を探さねばというトハに、滝に行かねばと、リン。そして、無事に戻る。そこに、太っちょ政丞がやって来て、パク・スジョンが謀反を起こしたことを告げる。

 

夜警日誌 第20話あらすじ1/2に続く

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 夜警日誌 , , , , , , ,