韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

ヨンパリ 第8話あらすじ1/2 チュウォン、キム・テヒ主演韓国ドラマ

   

チュウォン(주원)、キム・テヒ(김태희)、チョ・ヒョンジェ(조현재)、チェ・ジョンアン(채정안)主演のSBS水木ドラマ

ヨンパリ(용팔이)

第8話あらすじ1/2です。

ヨンパリ キャスト・登場人物紹介 チュウォン、キム・テヒ主演韓国ドラマ

 

 

韓国ドラマ ヨンパリ

 

 

ヨンパリ 作品データ

  • 韓国SBSで2015年8月5日から放送開始の水木ドラマ
  • 脚本:チャン・ヒョクリン(장혁린) 『リセット』
  • 演出:オ・ジンソク(오진석) 『結婚の女神』『モダンファーマー』
  • あらすじ:場所不問・患者不問、高額の金さえ払えば、組織暴力団もいとわない実力最高の放浪外科医「ヨンパリ」が、病院に眠っている財閥相続女「眠れる森の魔女」に会って起こるストーリーを描くスペクタクルメロドラマ
  • 放送日と視聴率 2015年8月27日 20.5%

 

ヨンパリ 第8話あらすじ1/2

 

ヨジンの正体を知っていたシンシア

『私、なんてことをしたの?』と、戻ってきたテヒョンに話すヨジン。

 

眠っているテヒョンの鼻をラベンダーでつつくICU主席看護師。やめなさいと、外科主席看護師。そうやっていて傷口が開いたら死ぬと、テヒョン。

ラベンダーがそんなに好きなのかと、ICU主席看護師。精神安定にすごく効果があるんだと言い訳するテヒョン。

ICUの精神安定剤よりはるかに効果があるのね、学会で発表しないと!と、ICU主席看護師。どうしてこんなに顔が赤いの?熱があるの?と、外科主席看護師。レジデントも合わせて和んでいる4人。

テヨンは別のレジデントに、いずれにしても、あいつとは行く道が違うと話す。ICUにチェヨンがやって来てので、また!と言うレジデント。

 

裏切り者!と、チェヨン。仕方なかったと、テヒョン。わかってる、私を生かそうとそうしたこと、ちょっと感動したけど裏切ったのは同じよと、チェヨン。

また、それはいいとして、私が助けた貸しは、今後、返さないと!と、病院の医者を全員動員したことを話し、どうやって返すの?と、テヒョンの手を握る。

どう返そうとこれは違うようだと、手を離させるテヒョン。

テヒョンとチェヨンが仲良くしている様子を目にしているヨジン。

寝返りを打たせるために2時間おきにやって来る、必要な物があればその時に言ってというICU主席看護師。また、重湯を用意していた。

置いて出て行ってと、ヨジン。

どうしてああなの?ベンダー(ラベンダー)のことよ、キム先生、なにか間違ったことでもあった?と、ICU主席看護師。

 

ヨジンが生きているという夢にうなされるイ課長

 

トゥチョルを尋ねるテヒョン。オレはもう退院できない、わかるだろ?と、トゥチョル。再び例の看護師が来て、怯える二人。退院しようと声ならぬ声の手下。

そのトゥチョルたちを探しに来たイ刑事たち。対応した外科主席看護師は見たことがないと答える。

イ刑事が来ていることに気づくテヒョン。

医師の内で外に往診する方はいるかと、イ刑事。いまどきそんなのは話しにならないと、看護師。必ず話しにならないということでもないでしょうと、テヨン。

その後席を移し、ヨンパリというのを聞いたことがあるかと問うイ刑事。また、そいつが本当の医師のようだとも。

表情を変えるテヨン。なにか思いついたようだけどと、刑事。いえ、うちの病院にはいないようですと、テヨン。

そこに警備主任がやって来て、イ刑事の直属のチーム長に電話を入れ、イ刑事を追い返す。どうやら警察OBのようだ。帰り際にその医者を思いついたら連絡してくれと、テヨンに名刺を渡すイ刑事。

彼らが会話していた後ろで話を聞いていた様子のテヒョン。今は本を読んでいる。そのテヒョンを一瞥して去るテヨン。

必ずこの病院の中にいると言って車に乗るイ刑事。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

あの刑事はおそらく諦めないと、テヒョンに話す警備主任。また、トジュンから夕食の招待があることも伝え、大丈夫でしょう?と言う。

大丈夫じゃなければ行かなくても良いのですか?と、テヒョン。笑って5時までに車を向かわせると、警備主任。

 

ヨジンのところへ行くテヒョン。中毒性のある味だ、3年ぶりだからどれだけ美味しいか、一口だけ食べてと、重湯を差し出す。また、ゴメン悪かった、イ課長があんなことをするなんてだれがわかったんだ?とも。

疲れてる、一人でいたいと、ヨジン。

まだ病院の外へ脱出できなくて失望した?体の状態が良くなったらその時出よう、けれど一旦・・・と、テヒョン。

一人で居たいんだって!と、ヨジン。また、私もあんたが12階から命をかけて抜けさせたのはわかっているのに、そうしてはダメなこともわかっているのに、あなたがしきりに憎くなる、もう私は、再び私の座に戻ることができないはずよと、ヨジン。

コ社長側と手を結ばなかったからそうなのか?と、テヒョン。それがだれでもと、ヨジン。

もう健康を回復すれば、その時再び世の中に・・・と、テヒョン。

本当にナイーブなのね、権力というのは正義ではないわ、私はもう死んでる人間で、権力はまた再編されるわ、ハン・ドジュンコ社長が組んだ以上、私が割り込む隙はないわ。私はもう彼らの共通の敵だから、私が再び生きて現れたとしても、私はただ力のない自然人でしか無いのよ、マスコミは統制され、公権力はまた私をハン・ドジュンの手に委ねるでしょう、そして事故の名目で病院の実務者が数名傷つき、おそらくあんたが一番傷つくわ、そして私は、再び傷つくか死ぬはずよと、ヨジン。

それならあんたをコ社長に渡せというのか?と、テヒョン。おそらくと、ヨジン。

見てもわからないのか?あいつらはどちらもワニだと、テヒョン。

私もワニよ、元来ワニはワニの中で生きるのよ、そしてあんたのせいで私は、もう水の外に押し出されるわと、ヨジン。

 

イ課長とともにトジュンの家へと行くテヒョン。ヨジンの肖像画を見て、一瞬顔色を失うイ課長。

カートで会場に連れて行く前に、このように招待するのは買収するか脅迫するか、どちらともかだ、ビビるなと、チェヨン。買収ならありがたいと、テヒョン。

 

夕食が始まる。体は大丈夫か?と、トジュン。会長のおかげっでと、テヒョン。私のおかげではなく妻のおかげだろう?と、トジュン。奥様のおかげは会長のおかげではないですか?と、テヒョン。

すぐに妹をアメリカに送れ、治療しないと、時間がないって?と、トジュン。起立して深々と頭を下げるテヒョン。そして、買収だなと、心の中で呟く。

どちらにしろコ社長も送ろうとしていただろ?と、トジュン。いいえ、私がどうして恐れもなくと、テヒョン。そうだ、よく考えたな、あの人はウラとオモテでは違う人だ、そうだろ?と、チェヨンに同意を求める。そうなんだ~と、チェヨン。

院長の話になり、院長はイ課長がすればいいと言い出すトジュン。どちらにしろするつもりだったじゃないか?とも。まだ院長がいらっしゃるのでと断るイ課長。

チェヨンと初めて出会ったニューヨークでのバーベキューパーティーの話を始めるトジュン。おそらくお前は覚えてもいないさ、ヨジンがしようと言って設けた場だった、そこにソンフンもいた、お前は留学生の間でも人気があったから、オレのような手伝いでヨジンの配達をするオッパごとき、関心もなかったじゃないか?そうじゃないか?と、お。

私が人気があったでしょ?と、チェヨン。

父が自分の留学に反対して送ってくれなかったことを話し、自分はヨジンの下で生きる運命だから、財閥の子息たちの場に近づくなということだったのだろうと、トジュン。

父の長子だが、ハンシングループにとっては庶子野郎だ、オレが、だから大したことない家臣の家の娘にさえ、目に入らなかったんだとも。

それはそうとヨジンが良くなかったか?良かっただろ?あれほど生きたがってたソンフンのそばへ行ったから、そう考えるとどちらもオレの手で送ったなと続ける。

お酒がすぎるようだと、秘書。

ここにいる人たちは、オレと共犯じゃないか、それに正直言って、オレが直接人を殺したか?いや、変な注射を射ったか?そうじゃないか?ほらみろ、だから、いざとなったら理事たちもすべて殺せ、そうすればいいんじゃないか!と、トジュン。

冗談だというも、場は凍りつく。お前も結局ハン・ドジュンの手で死ぬとヨジンに言われたことを思い出すイ課長。

心配するな、ヨジンの葬式をやる、火葬をするから綺麗に消えるじゃないかと、トジュン。

その話を聞いて、時間がないと心の中で呟くテヒョン。

ソンフンもオレとの約束を守っていれば、あのようには死ななかったのにと、トジュン。飲み過ぎたトジュンは連れられて行く。

こうして会食はお開きになるが、チェヨンはテヒョンと話があるからと、イ課長だけ先に帰ることに。

 

ヨンパリ 第8話あらすじ2/2に続く

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - ヨンパリ , , , ,