韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

ヨンパリ 第8話あらすじ2/2 チュウォン、キム・テヒ主演韓国ドラマ

   

チュウォン(주원)、キム・テヒ(김태희)、チョ・ヒョンジェ(조현재)、チェ・ジョンアン(채정안)主演のSBS水木ドラマ

ヨンパリ(용팔이)

第8話あらすじ2/2です。

ヨンパリ キャスト・登場人物紹介 チュウォン、キム・テヒ主演韓国ドラマ

 

 

韓国ドラマ ヨンパリ

 

 

ヨンパリ 第8話あらすじ2/2

どう?私の言葉通りでしょ?買収と脅迫と、チェヨン

ところで、奥様は会長に良くしてあげてください、私が見るに会長は愛情欠乏のようですがと、テヒョン

けれどどうしよう、あの人に差し出す愛情なんて残ってなくて、実は私も愛情欠乏なの、どう?ドクター・キムが私に分けてくれる?と、チェヨン。

初めて奥様をうんざりと思えると、テヒョン。また、ソンフンってどんな人ですか?と問う。

チェ・ソンフン?背が高くかっこ良く頭もよく、そんな奴が、その上、テジョングループの長男よ、全て言っちゃったわ、テジョンでなければヨジンとお似合いだった、誰も見下せない本当の愛よと、チェヨン。

【回想】

一人生き残ったヨジンは、父に対して、私にとって最も大切な人を奪って行った、よく見て、私もあなたの最も大切な人を奪うわと、心の中でつぶやき、飛び降りを敢行したのだった。

一命をとりとめ眠っているヨジンを眺める父。

愛らしい姿そのままなのに・・・パク院長、私が死ぬまでこの子を目覚めさせるな、そうできるだろ?頼む、私が死ぬまで、ただ可愛い娘としてあのようにしていれば良い、私に会いたくなくて死のうとする子だから、会いたくない私がいなくなれば、死のうとはしないだろう。

【回想おわり】

すい臓がん末期だった会長は6ヶ月後に亡くなったのだが、その後はトジュンがずっとヨジンを眠らせていたのだ。そして、あれだけソンフンに会いたがっていたのだから、夫が正しかったのかもしれないと、チェヨン。

ついて死ぬほどに愛してたんだなと、心の中でつぶやくテヒョン。

ところで顔が・・・ヨジンを好きなのねと、チェヨン。否定するテヒョン。

どうりで、たしかに、あれほどお金を持ってて美しいばかりの公主を心配してたのに、どうして違うというの?と、チェヨン。

だから奥様も、お金が多くかっこいい会長をちょっと愛してみては?と、テヒョン。愛というのはつまるところ愛ではないですか?私が12階にやって来たとき、最初に感じたのは何か分かります?12階の人たちは下の階の人達より大げさですと、テヒョン。

 

ヨジンを連れ出し、事故のあった通りを車で走るテヒョン。

誰もいない空き地でひとしきり泣かせた後、ヨジンとソンフンが式を挙げる予定だった教会へ連れて行く。それが一番良いと思ったのだ。あんたが失くした時間の終わり、もうあんたは自由だ、ワニの世界にもどれ、オレの妹はハン会長が治療してくれると言ったとも。

悪いやつと、ヨジン。そうだ、オレは悪いと、テヒョン。

妹の治療費を解決できたから、私が負担になったの?と、ヨジン。そうだ、あんたが負担だ、あんたを引き続き病院にいさせると、オレまで危なくなるかと、ダメなんだと、テヒョン。

そしてスマホを私、コ社長にコールするなりスイスの銀行にコールするなり、あんたの好きにしろ、オレは行くからとも言う。

わかった、ありがとうと、ヨジン。

今は誰も知らない番号だけど、誰かに電話した瞬間、位置追跡が始まる、たった一度の機会と思って慎重に使えと、テヒョン。そして、聖堂から出ていこうとする。

こうする理由は何なの?と、ヨジン。

あんたは、オレと違う世界の人間だ、暫くの間それを錯覚してた、それにオレは、死んだ人に嫉妬するのは嫌だと言い、去って行くテヒョン。

 

聖堂から出て涙しているヨジン。神父とシスターの話から、テヒョンがまだ敷地内に車を止めていることがわかる。そして、ヨンパリに電話する。

ヨジンからの電話を無言で受けるテヒョン。

『あんた、電話を受けるなら話しなさいよ!30秒以内に走ってこなければ、もう会えないと思いなさい!』と、ヨジン。

ヨジン!と呼び彼女を探し、何とか見つけ出すテヒョン。

『ヨジン?あんた、どこで生意気にもヨジンよ!』と、ヨジン。

 

私たちがうまくやったのかわかりません、戻ってくるでしょうか?と、ICU主席看護師『さあ』と、外科主席看護師

 

トジュンの秘書に電話し、ヨジンのそばに戻せと話すファン看護師。会って話そうと秘書。馬鹿にしてるのかと言いかけたとき、電話ボックスごとトラックに跳ねられるファン看護師。

そこにやって来たコ社長。世の中には話が通じる人もそうでない人もいるだろうと話す。

絶命するファン看護師。ヨジンとのツーショット写真が落ちていた。

スマホの盗聴をされたことに憤り、コ社長に抗議する秘書。代わりに解決してあげただけだと、コ社長。会長のスマホを盗聴したのと同じだと思わないのか?と、秘書。自分が許可したと、トジュン。

ファン看護師は忠実に事にあたっていたのに、そうまでする必要はなかったと、秘書。

元来ピラミッドが完成したら、ピラミッドの秘密を知っている者たちをを一緒に埋めるものでは?と、コ社長。

その言葉に感心するトジュン。

 

眠れない二人。互いに壁をノックして、その後、聖堂へと向かう。

『テヒョン、死んだ人を憎まないで。彼は私のせいで死んだの。私を愛してたせいで。私はまだ、その記憶が鮮明なの。他の人にとって3年は、傷が癒える時間になるかもしれないけれど、私にとってこの3年は、毎日同じ、同じ記憶を反復する時間だったわ』と、ヨジン。

そうなんだ・・・と、テヒョン。

『待ってくれる?私の傷が少し癒えるまで』と、ヨジン。

頷くテヒョン。そして、言ってないことがあると、警察が病院まで追跡してきたこと、トジュンが葬式をするので、その時までお前が死んだと騙せないと伝える。

だから病院の外に出させたのかと、ヨジン。また、あんたはどうするつもりだったのかと問う。

『オレは医師じゃないか、オレを切実に待っている組織暴力団の顧客もいて』と、テヒョン。

『ところで、あんた、私が電話をしなければ、本当に行こうとしてたの?』と、ヨジン。

『う~ん、それなら、お前はどうしてオレに電話したんだ?ワニたちはすべてどうしたんだ?』と、テヒョン。

『知らないわ!間違って押したの』と、ヨジン。

『おれたち、こんな話やめよう、互いに』と、笑うテヒョン。

『一度しか掛けられないって・・・世界で、たった一度しか掛けることのできない電話・・・それがあんたよ』と、ヨジン。

ヨジンの手を握りしめるテヒョン。そしてキスをする。

 

ヨンパリ 第9話あらすじ1/2に続く

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - ヨンパリ , , , ,