韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

ヨンパリ 第12話あらすじ1/2 チュウォン、キム・テヒ主演韓国ドラマ

   

チュウォン(주원)、キム・テヒ(김태희)、チョ・ヒョンジェ(조현재)、チェ・ジョンアン(채정안)主演のSBS水木ドラマ

ヨンパリ(용팔이)

第12話あらすじ1/2です。

ヨンパリ キャスト・登場人物紹介 チュウォン、キム・テヒ主演韓国ドラマ

 

 

韓国ドラマ ヨンパリ

 

 

ヨンパリ 作品データ

  • 韓国SBSで2015年8月5日から放送開始の水木ドラマ
  • 脚本:チャン・ヒョクリン(장혁린) 『リセット』
  • 演出:オ・ジンソク(오진석) 『結婚の女神』『モダンファーマー』
  • あらすじ:場所不問・患者不問、高額の金さえ払えば、組織暴力団もいとわない実力最高の放浪外科医「ヨンパリ」が、病院に眠っている財閥相続女「眠れる森の魔女」に会って起こるストーリーを描くスペクタクルメロドラマ
  • 放送日と視聴率 2015年9月10日 19.1%

 

ヨンパリ 第12話あらすじ1/2

 

秘書室長『ひざまずけ』との言葉を放つヨジン。私が跪くほどなのか証明してくれと、秘書室長。

USBを見せ、ハン・ドジュンがあれほど切に探しているものだと、ヨジン。秘密帳簿だと気づき、跪く秘書室長。

警備員たちは空港内をくまなく探すも、ヨジンを見つけられない。そこにマンシクがやってきて、パスポートを渡せという。タダでお使いをしちゃいけないのにとぶつくさ言っている。

保安課長が秘書室長に確認の電話を入れる。

パスポートをどうするかと問い、令嬢が持っているものはハンシングループの玉璽のようなものだ、自分に任せてくれれば・・・と、秘書室長。

生意気に、私と取引しようとするなと、ヨジン。そして、USBを秘書室長に投げる。

『ありがとうございます、会長。忠誠を誓います』と、秘書室長。そして、パスポートを渡しすぐに戻れ、問題は解決したからと告げる。

尾行しようかという部下に、毒蛇がなにか企んでるだろうと、保安課長。

テヒョンの待つ車に戻るマンシク。お使いに行かせてひどいと言うマンシクに、尾行を受けてないかと問うテヒョン。そして、問題ないのを確認して出発する。

けれど、頬に傷のある男がテヒョンを尾行していた。

 

その女性は誰だ?綺麗だけどと、マンシク。新婦だと、テヒョン。

新婦?結婚しようと?近頃結婚にどれだけカネがかかるかわかるか?あれだけ綺麗な女性がお前と結婚しようとするのを見ると、花へビだ、お前が医師だから・・・と、マンシク。

否定するテヒョン。口撃をやめないマンシク。愛してるからというテヒョンを笑い、世間知らずだともいう。

結婚してくれと言われた時のことを思い出すテヒョン。

この戦いを終わらせるために、明日ハン・ドジュンと相対すと、ヨジン。トジュンが法的保護者として残っていれば、心神耗弱としてまた閉じ込められる、だから明日の朝婚姻申告をして、私の法的保護者となって戻ってきてとも。

わかった、どういうことかと、テヒョン。

『テヒョンごめん、これはもしかしたらひどい政略結婚かもしれないわ』と、ヨジン。

『わかったよ。必ずお前の保護者になって、戻ってくるよ』と、テヒョン。

ニヤケているテヒョンを見て、そんなに好きか?狂ったやつと、マンシク。

区庁は何時からかと問うテヒョン。9時?どうして?と、マンシク。何がって、婚姻申告しないとと、テヒョン。

いいかげんにしろと、鳥肌を立てるマンシク。

 

明日の朝10時に、私は葬式の式場に行くわと、ヨジン。危険ですと、秘書室長。

その場に検察、警察、総帥、国税庁と与党代表まで全部呼べ、秘密資金の帳簿があるという事実を知れば、阻んでも来るはずよと、ヨジン。

まだお兄さんが法的保護者なので危ないですと、秘書室長。やれと言ったらそのとおりにしろと、ヨジン。

分かりましたと、秘書室長。

『テヒョンがきっと来るはずよ』と、心の中で呟くヨジン。

 

マンシクに電話が入る。12階風に顧客様と言って出たので、思わず笑ってしまうテヒョン。今日はただのモグリ医師じゃなくてヨンパル先生が行くと、マンシク。

別のヨンパルを見つけたのか?と、テヒョン。いいや、お前と、マンシク。オレは往診には行かないと、テヒョン。ビジネスというのはギブ&テイクじゃないか?と、マンシク。

もう本当に往診には行かない、それに、今日はダメだと、テヒョン。可哀想じゃないか?お前がいない間に死んだ奴が何人か知ってるか?と、マンシク。

死んだと聞いて心が揺らぐテヒョン。一針2万ウォンでどうだ?と、マンシク。往診カバンがないのにどうすんだ?と、テヒョン。けれど、それはマンシクが用意していた。

ちょっとだけだぞと、テヒョン。

 

ソンフンについて語っていた父の言葉を思い出すヨジン。

『ありがとう、ソンフンさん。長い悪夢を見ないで済むようにしてくれて・・・』

 

テヒョンが現場に到着すると、ちょっとどころではない人数のけが人がいた。

 

顔に傷のある男と会話するコ社長。パスポートの件を聞いて、ヨジンが生きていると悟る。

 

助手をしてくれたことにご苦労だったと、テヒョン。また鳥肌が立つマンシク。とにかくお前が金を全部持っていけ、長くいると捕まるから、この業界を早く抜けろと、テヒョン。

二人が会話している様子を見ている顔に傷のある男。令嬢に会うまで殺してはダメだ、監視だけしていろとの、コ社長から電話を受ける。

急ぎのようがあると、トジュンに電話を入れるコ社長。

 

残りの治療をしようと倉庫の中に入るときに、マンシクをチング(友)と呼ぶテヒョン。その言葉に何かを感じた様子のマンシク。

 

トジュンに会うコ社長。秘書室長が怪しい、どうやら令嬢が生きているようですと告げる。また、根拠がある、保安課長に命じて・・・とも。

室長が怪しいと?うちのミン室長が?と、トジュン。すると、陰から秘書室長が出てくる。

コ社長は私の手の者を過小評価する傾向がありますねと言い、USBをハンシングループの玉璽だと説明し見せるトジュン。

先代からの秘密帳簿であり、父がヨジンに残したものだが、秘書室長がヨジンから持ってきた、ヨジンは明日の葬式で捕まえればいい、自分がちゃんと生きているとびっくりショーをしようと思っているんだろう、検察庁長などを皆呼べと言ったそうだ、公式の席で私を一度叩いてみようと、と、トジュン。また、誰が本当の王なのか、現実を見せなければとも。

それはそうと、コ社長の名前もこの中にあると?と、トジュン。先代の会長が指示されたことで・・・と言ったものの、頭を下げるコ社長。

バックポケットが大きいようなので、交渉をまたやらないといけないようだと、トジュン。ご推察くださることを願うのみですと、コ社長。

コ社長が洞燭(トンチョク:통촉)という言葉を使ったため、ようやく自分が王になった気分だと笑うトジュン。そして、洞燭してやるという。

それなら、キム・テヒョンはどうしましょう?と、コ社長。殺さないと、と、トジュン。それなら、奥様とともに?と、コ社長。顔色が変わりかけるトジュン。

一旦、制限区にお連れしては?と、秘書室長。制限区?ヨジンのように?やはり室長は私の腹心だな!と、トジュン。そして、コ社長を下げさせる。

形勢が逆転した秘書室長とコ社長。退出後、顔に傷のある男に、『殺せ、今』とメールを打つ。

 

ヨジンが生きていることなどをチェヨンに告げるお手伝い。

 

イ課長は点滴に薬を注入され殺されかけたが、本人だけでなくICU主席看護師も気づいたため、なんとか事なきを得る。

 

ヨンパリ 第12話あらすじ2/2に続く

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - ヨンパリ , , , ,