韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

猟奇的な彼女 第9・10・11・12話視聴感想(あらすじ含む) チュウォン、オ・ヨンソ主演韓国ドラマ

   

チュウォン(주원)、オ・ヨンソ(오연서)主演SBS月火ドラマ

猟奇的な彼女(ヨプキジョギン クニョ:엽기적인 그녀)

の第9・10・11・12話視聴感想(あらすじ含む)です。

 

 

猟奇的な彼女 キャスト・登場人物紹介 チュウォン、オ・ヨンソ主演韓国ドラマ

 

 

猟奇的な彼女

 

 

 

猟奇的な彼女 作品データ

  • 韓国SBSで2017年5月29日から放送開始の水木ドラマ
  • 脚本:ユン・ヒョジェ(윤효제)
  • 演出:オ・ジンソク(오진석) 『ヨンパリ』『モダンファーマー』
  • あらすじ:艷のない都男の代表走者キョン・ウ(キョヌ)と、朝鮮の問題的彼女が展開する予測不可能なロマンスドラマ

 

 

 

猟奇的な彼女 第9・10・11・12話視聴感想(あらすじ含む)

まずは視聴率から。

第5話7.9%、第6話9.0%、第7話8.5%、第8話10.5%という推移でした。

火曜日放送分でようやく10%を越え、首位に躍り出ています。

といっても、これまで首位だったサム、マイウェイ(쌈, 마이웨이)は分割しておらず、9.8%だったことを考慮すると、実際にはまだ負けている状況。

分割の数字をどう考慮するかで順位は代わってしまします。

それでも海外に販売する際には同時間帯1位の実績を喧伝できるので、分割の効用があったということになるのでしょうね。

 

これまでの視聴率推移はこちら → 韓国ドラマランキング

 

 

今回首位に躍り出たのは、タイミングが良かった側面もあります。

実は首位を走っていた『サム、マイウェイ』もずっと視聴し続けているのですが、今週に入って急にクオリティーが低下しました。

もともと高視聴率を獲得できるタイプのドラマではなく、脚本が素晴らしいと言えない作品ですが、今週は特によくありませんでした。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

そのため、5話連続10%以上だった視聴率も今週は二桁をキープできなかったのです。

一方の『猟奇的な彼女』はストーリーに変化があり、これまでよりは面白く視聴できました。

このタイミングの交錯が順位の変動を産んだものと思われます。

 

それにしても、やはりオ・ヨンソが公主というのはミスマッチですね~。

彼女は三十路女なので、年齢のミスマッチがきついというかなんというか。

歴史モノでなければ問題ないのですが、公主にかぎらず朝鮮では年若いうちに嫁ぐのが当たり前なので。

脚本的にも演技力が必要なものではないので、もっと若い女優を起用すべきだったのかなと。

 

 

若干内容にも触れておきましょう。

 

 

ヘミョン公主の情人と思われていた、玉指環の送り主ミン・ユファン

廃庶人(ペソイン:폐서인)とされた前中殿(チュンジョン:중전)でヘミョン公主の母が持っていたおしどりの玉指環を渡し、前中殿が生きていると告げるシーンが有りましたね。

てっきり情人と思っていましたが、ヘミョン公主は師父(サブ)と呼んでいました。

親しい仲なのは間違いありませんが、情人かどうかは不確定要素となりました。

 

これからのストーリーはヘミョンの母親探しになりそうですね。

そして、母を見つけ、チョン・ギジュン一派と現中殿に天誅を下し、母が復位するというパターンかな?

現中殿は禧嬪張氏(ヒビンチャンシ:희빈장씨)的な立ち位置なのでしょう。

 

さて、今回、ドラマ内にサツマイモが出てきましたね。

ピョリヨンシンが、ヘミョン公主の避接(ピジョプ:피접)先のキョン・ウの屋敷で食べていました。

いかにも昔からあったようなイメージのイモですが、実は朝鮮に入ってきたのは第21代英祖(ヨンジョ:영조)の代です。

1757年に派遣した第11回朝鮮通信使(日本通信使:イルボン トンシンサ:일본 통신사)により、飢餓対策の食料として日本から持ち帰りました。

これを基準にすれば、この物語は朝鮮後期が舞台ということになります。

中国の王朝も清なので、ざっくりとした時代考証にも合致しますね。

 

これまでよりもストーリーが幾分面白くなってきたので、このまま右肩上がりを続けてほしいものです。

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 猟奇的な彼女 , , , , , ,