韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

夜を歩く士 最終回(第20話)あらすじ2/2 イ・ジュンギ、イ・ユビ、シム・チャンミン主演韓国ドラマ

   

イ・ジュンギ(이준기)、イ・ユビ(이유비)、シム・チャンミン(심창민)主演のMBC水木ドラマ

夜を歩く士/夜を歩くソンビ(パムル コンヌン ソンビ :밤을 걷는 선비)

の最終回(第20話)あらすじ2/2です。

夜を歩く士/夜を歩くソンビ キャスト・登場人物紹介 イ・ジュンギ、イ・ユビ、シム・チャンミン主演韓国ドラマ

 

 

夜を歩く士

 

 

夜を歩く士 最終回(第20話)あらすじ2/2

地下宮へと到着するソンヨル。すると陰からヤンソンが声をかけてくる。

『私が申し上げたではないですか、私はソンビ様と生死をともにします。だから、はやく私の血を・・・』

『私がどうしてお前を守ろうとしているのか、全くわからないのか?』と、ソンヨル。

『ソンビ様こそどうして私の気持ちをわからないのですか?』と、ヤンソン。

『お前に会う以前の私は何も失うものがなかったゆえ、クィを亡き者にするためなら、なんでもしていただろう。けれど今は違う』と、ソンヨル。

『失うのではありません。私はソンビ様が行くところには、どこにでも一緒にいくのですから。さあ私の血をお吸いください、そうしなければ志を成し遂げることはできないですから』と、ヤンソン。

『だめだ、だめだヤンソン』と、ソンヨル。『はやく・・・』と、ヤンソン。

『お前を愛してる、ヤンソン。それがお前を守る理由だ。だからこそ私はお前を思い出すだろう、その気持を忘れないだろう』と、ソンヨル。

そして口づけをした後に、彼女の首に喰らいつく。ヤンソンを寝かせると覚醒が始まる。

 

そこにやって来たクィ。ついにその子の血を吸ったのか?今の私を相手にするなら不足感が無いようでなければなと告げる。

戦闘が始まる。

『どうした?情人の血が不足なのか?もっと吸え、私は待ってやるから』と、クィ。

野獣のような状態とそれに抗う状態とが交錯するソンヨル。それなら正気にさせてやるとヤンソンを襲おうとするクィ。

そこにユンがやって来て鳥銃を撃つも、銃弾はクィの手の平に受け止められる。そして、ユンも投げられてしまう。

深層心理で善と悪が交錯するソンヨル。なんとか悪の自分に打ち勝ち、もうこれ以上、人間でも獣でもないと呟く。

再びクィとの戦闘を開始するソンヨル。

『お前はここから一歩たりとも出ることはできないだろう、ここがお前と私との墓になるのだから!そこまで生きようという理由は何だ?』と、言葉をぶつける。

『理由?そんなものが必要なのか?この力と、永遠の命さえあれば、望むものはすべて持つことができるのに!』と、クィ。

『そのようなせいでお前の欲望は永遠に満たされることがないのだ。お前も生命が有限ということをわかれば、ようやく、世の中が違って見えるだろう』と、ソンヨル。

『お前ごときがどれだけ生きたと私に教えるのだ?』と、クィ。

『お前に比べれば短いが、華やかな生活を送った!けれどお前は、ただの一度も実として生きてみたことがないのではないか!クィ、お前は、永遠に死んでいる者なだけだ!』と、ソンヨル。

『キム・ソンヨル!!!』と、激昂するクィ。

 

ヤンソンを抱え出てきたユンは、ホジンにヤンソンを治療してくれと言って任せ、自分は爆薬の設置に向かう。

 

覚醒すれば前回のように私を手玉にとれると思っただろうが、ただの一度もこれほど多くの血を吸ったことはないのだと、クィ。

導火線に火をつけるユン。そして、地下宮が崩れ始める。早く戦いを終えねばならないだろう!とソンヨル。そして最後の攻撃で、互いの手が互いの胸を貫く。

陽の光が入る。

『なるほど、美しいな・・・』と心の中で呟くkぃ。そして息絶える。

『獣のような人生だったが、お前のおかげでしばし光を見た。ありがたかったぞ、ヤンソン・・・』と心の中で呟くソンヨル。そして力尽きる。

崩壊する地下宮。

 

意識を取り戻し、ソンビ様は?あの中におられるのでしょう?早く行ってソンビ様を助けましょう!と、ホジンに言うヤンソン。

『オレたちもうナウリを送ってあげよう。あまりにも辛く生きていらしたんだ。けれど逝かれる前にチョ家(ヤンソン)と一緒にいた日々があり、ナウリもお幸せだったはずだ』と、泣きながら引き止めるホジン。

門を出る3人。民の歓喜の声。一方でソンヨルの死を知らされたスヒャンは崩れ落ちる。

 

1年後。

 

王が街のチンピラたちを一掃したことで、平和に暮らす民。

ファヤン閣に巨商キム行首(ヘンス)を訪ねてやってくるソンビ。その方は誰にでも会う方ではありません、見るに客主でもないようですが何の御用ですか?と、スヒャン。

必ず探さねばならない本があると、ソンビ。

 

ソンビが通された部屋には、ソンヨルのように決め込んだホジンがいた。財産をしばらく預かっているだけで、その方が戻れば丁稚に戻ると言うホジン。

会いたいというソンビ。

『おそらく百年以内には戻られないでしょう。もしかしたら、その以後、世の中が混乱すれば、いつか再び戻ってくるかも知りませんが・・・』と、ホジン。

 

王に復位したユン。

『ここ奎章閣(キュジャンガク:규장각)の書物は、この国の過去であり未来でもあるので、管理に粗相が無いようにしろ』と、臣下に告げる。

そこに官吏がやって来て、このような淫書が流行っている、すべて焼き払い、流通させたものを厳罰に処すのが正しいと告げる。

その書とは『夜ソンビ伝』だった。

どうしてかと問うユンに、厳格に歴史的事実が存在するので・・・と、官吏。

『歴史に記録されたものだけがすべてではないぞ。もう少し世の中を広く見て、心を開いて、想像の翼を広げて見るのはどうだ?正直、実録よりももっと面白くないか?』と、ユン。

 

中殿(チュンジョン:중전)ヘリョンの残した龍簪(ヨンジャム)と、かつてソンヨルに手渡した宝剣を眺めるユン。

 

子どもたちにオンムンを教えるヤンソン。とある子供は『夜ソンビ伝』の絵ばかりを見て喜んでいる。そして、月光居士が先生だというのは本当ですか?と、夜ソンビと口づけしている挿絵を見せる。

自分をおちょくるその子を追いかけるヤンソン。

 

何かの気配を感じながら丘へ上がるヤンソン。もしかしてソンヨルかと思い振り向くも誰もいない。肩を落とし再度振り向いたとき、目の前の少し先にソンヨルがいた。

ほほえむソンヨル。胸に飛び込むヤンソン。

『私が少し遅れたな』と、ソンヨル。

『もういらしたのですか?私は50年ほどさらに待とうかと思っていたのに』と、ヤンソン。

『行こう!』と、ソンヨル。

『どこへですか?』と、ヤンソン。

『どこへ行きたいのだ?』と、ソンヨル。

『ソンビ様と一緒に入られるのなら、それがどこでも従います』と、ヤンソン。

『しっかり掴まれ!』と、ソンヨル。

 

夜を歩く士 最終回(第20話)あらすじ おしまい

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 夜を歩く士/夜を歩くソンビ , , , , , ,