韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

雲が描いた月明かり キャスト・登場人物紹介 パク・ボゴム、キム・ユジョン主演韓国ドラマ

      2016/10/23

パク・ボゴム(박보검)、キム・ユジョン(김유정)主演KBS2月火ドラマ

雲が描いた月明かり(クルミ クリン タルピッ:구르미 그린 달빛)

のキャスト(出演者)・登場人物紹介です。

KBSの公式サイトの内容を翻訳・要約しています。

韓国ドラマのキャスト紹介はあらすじが多く含まれているため、初期の放送内容のネタバレも含まれています。ご注意ください。

 

 

雲が描いた月明かり

 

 

 

雲が描いた月明かり 作品データ

  • 韓国KBS2で2016年8月22日から放送される月火ドラマ
  • 脚本:キム・ミンジョン(김민정)、イム・イェジン(임예진) 『Who are you 学校2015』
  • 演出:キム・ソンユン(김성윤)、ペク・サンフン(백상훈) 『Who are you 学校2015』
  • あらすじ:一国の世子が、内侍と愛に陥った!ツンデレ世子イ・ヨンと男装内侍ホン・ラオンの予測不可能宮中偽装ロマンス

 

 

雲が描いた月明かり 主要キャスト

イ・ヨン(이영)役  パク・ボゴム(박보검)

雲が描いた月明かり

男、19歳

聡明で美しい王世子!衰退していく朝鮮の最後の希望!
・・・であったのです。
明らかに。何年か前までは。

幼いころから学問を楽しく感じたし、好奇心が多くて危険なことに体を使うことを恐れず、幼い内人の不機嫌な声まで傾聴するほどの謙遜を持つ準備された王に他ならなかったのに・・・彼が変わった。
いつからか。

内侍の間の忌避部署第1位になってしまった東宮殿、いや別名『クソ宮殿』
衣冠はずぼらで、行動はあわて者で、学問は薄ら寒く。
世子をまともに補助できないという主上殿下の激しい叱責と、どこへ跳ねるのか分からない彼の性情に耐え抜くことに、東宮殿内官は今日も過労と減給の悲しみに耐えて孤軍奮闘中だ。

けれど、誰も分からなかった。
王世子という王冠の重さを、手にあまるように耐えてきた彼も、事実、頼るべき父が必要な19才の少年という事実を。
また、絶えず王と王世子を牽制する母方の外戚勢力の目を避けて、秘密裏に自身と朝鮮の未来を準備してきた若い君主という事実を。

一方、19の熱い青春であるヨンの胸が、全く計画にもなかったし、才能もない難題にぶちあたることになり・・・そのサムノムという名前の内官!

ミョンウンを弄んだ生意気な詐欺師野郎に報復しようとそばに置いただけなのに、ますます彼の冗談がヨンを笑わせ、彼の突拍子もない話がわけもなく慰めになって心の片隅を刺す。
虐待して、困らせて、面と向かって非難しても負けず元気な奴が可愛く、一緒にいるときは、王世子でも何でもないただの人として、楽しくなる。

けれど、一緒にいる時間が楽しいほど悩みもやはり深くなる。
私が、イ・ヨンが、この国の王世子が、同じ男を・・・それも内侍を・・・!
愛することになるとは!

 

 

ホン・ラオン/ナオン(홍라온)役  キム・ユジョン(김유정)

雲が描いた月明かり

女、18歳

朝鮮最初の恋愛専門カウンセラー、朝鮮唯一の男装の女内侍!
・・・になるまでラオンは

孤独でも悲しくても、泣く時間がなかった。
正直に生きようとすれば、食べることがなかった。
両親もなく、お金もなく、当然家もなかった。

いつなのか思い出せない昔から、彼女は男として生きなければならなかった。
サントゥを結いパジチョゴリを着て、そのように生きて見たら、彼女はホン・ラオンでない雲従街(ウンジョンガ:운종가)の有名人士『ホン・サムノム』になっていた。

論語孟子(猛者)は分からないが、恋文一つはあきれるように書く。
人の心を読むことには極みで、外れた男女の恋心にはラオンが烏鵲橋(オジャッキョ)として、雲従街の書冊房では、彼女が書いた恋愛秘法書『私たちが知らなかった朝鮮恋愛史』『華城から来た男、群山から来た女』が飛ぶように売れた。

そのように金を儲けて、病んでいる社堂牌(サダンペ:사당패)の養父コクトゥセの高い薬価と高利貸の金をかろうじて返していたある日、恋文の代筆をしたのが問題になり、事態収拾のために出て行った席で、かさついて容姿の良さを払い落とし、食べ物の尊さを知らない温室の中の草花のような書生一人に会うことになる。

その書生の正体を夢にも知らないまま、悪縁で絡むことになり、危機から抜け出したかと思う時、どこかに引きずられて行くのだけれど・・・
ここがどこか尋ねる彼女に、隈で刀を磨く令監が答える。
『どこなのかって?男を鼓子(種なし)にするところだ』
内侍だって!鼓子だって!私はそれがないのだけれど!!!

※原題の韓国では語頭のラはナと発音されることが多いのですが、劇中ではラオンと発音されています。

連音化したフルネームだとホン・ナオンのほうが音的には近いかと思います。

 

 

キム・ユンソン(김윤성)役  チニョン(진영)

雲が描いた月明かり

男、19歳

高貴な態度、気品、博識、余裕、一言で高級紙だ。
名門の家門の子弟よろしく終末の王.
・・・ただし、とても残念なことのない人生が、いつも残念だった。

王の上の王。
朝鮮の無双の権力家キム・ホンの、一人だけの大事な男の内孫。
早く両親と死別し、冷たい祖父の下で何でも完ぺきにやり遂げ、万事隙を見せてはならないという子供に育った。

それでも19の男の好奇心はあるもの、ひそかに妓房(キバン:기방)に出入りすることが多かったが、どんな妓女にも暖かい眼差しが一度もない。
ただし、妓生の脱いだ体を画仙紙に載せることだけに没頭して消えると付けられた別名が
『オンムパタル:温無破奪:温みはないが女の心を破り奪う』

だが、そんなユンソンを空しく武装解除させるヤツが現れた。
女人を抱いてみてはないが、女性の体ならば目を閉じても捜し出すことができる私の前で、おそれもなくちゃっかりと男であるように振る舞うとは。

なのに、この対策のない女人が、男装でも足りず内侍服を着て、これ見よがしに入宮している。
初めはただ好奇心で近付いたし、ただ気になっておもしろく見えて見守った女人。
けれど、いつのまにかユンソンは内官のフリをする女人、ラオンを愛することになるのだけれど・・・

 

 

チョ・ハヨン(조하연)役  チェ・スビン(채수빈)

雲が描いた月明かり

女、18歳

礼曹判書(イェジョパンソ:예조판서)チョ・マニョンの娘で、雪のように白い皮膚と赤い唇、
漆黒のように黒い髪に、氷の塊のように冷静で淀みない性格まで加わり、多くの男に『白雪女子』と呼ばれる。

仏燈祭が開かれた日、偶然道でヨンに会うことになり、一目惚れした後、彼が王世子という事実を知ることになる。

安東金氏(アンドンキムシ:안동김씨)一族と共に朝鮮当代最高の名門家の豊壤趙氏(プンヤン チョシ:풍양조씨)一族の令嬢。
時代を跳び越えている新女性であり、愛の前でさらに堂々とする彼女。

けれど、王世子の関心がひたすらラオンに向かっていることを知ってから、生きてきて、ただの一度も感じることが出来なかった敗北感と羞恥心がハヨンを巻きつけ、もう彼女は自らも自身が何をするのかわからない、怖い。

 

 

 

 

金炳淵(キム・ビョンヨン:김병연)役  クァク・ドンヨン(곽동연)

雲が描いた月明かり

男、19歳

東宮殿の別監でありヨンの竹馬の友。
ヨンが唯一内心をさらけ出す相手で、いつも最も近いところでヨンを守る。

体でする全てのことに長けている。
力強く、はやく、よく防ぎ、よく避ける。

投げることは何でも百発百中の名射手で、剣では朝鮮最高の実力者!
特に彼の剣術は正確ではやいことを越え、なめらかで美しいことが、あたかもよく作られた剣舞を見るようだとされ、別監では羨望の対象であり、温かい容貌にいつも編み笠をかぶり通る彼を、宮女たちは、笠をかぶった時一番素敵と言い『笠ピョンヨン』だと呼ぶ。

いつの日からか、ヨンと彼の間に、いきなり入ってきた子ラオン。
キム・ヒョン(兄さん)、キム・ヒョンと言いながら追いかけてくるヤツが面倒だったが、慈賢堂(チャヒョンダン)で一緒に寝泊まりをしながら義兄弟のように近づく。

けれど、ピョンヨンにも人知れず隠す秘密があったので・・・

どこであろうと誰かの政治的な目的で脅威を受けるかも知れない王世子という座、誰も完全に信じてはならないヨンが、その寂しさと恐れを現す唯一の人が自身なのに・・・

それで、ピョンヨンはいつもヨンの近くにいて幸せだったし、幸せなだけに苦しかった。

 

 

 

王宮(クンゴル:궁궐)

王(ワン:왕)役  キム・スンス(김승수)

雲が描いた月明かり

男、40代初盤

決断力が不足した無気力な王で、とても幼い時期王になったために、大妃(テビ:대비)の垂簾聴政(スリョムチョンジョン:수렴청정)と母方の外戚の過干渉で、柔弱な君主になってしまった。

勢道政治に対抗するために努めたが、洪景来(ホン・ギョンネ:홍경래)の乱がさく烈し、乱を鎮圧したキム・ホン一派にすべての権力を委譲するしかなかった。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

その後に、朝鮮の未来を世子であるヨンに賭け、自身がさらに弱くなる前に、すべての権利をヨンに任せるために必死に臣下らと戦う。

 

 

 

淑儀 朴氏(スギ パクシ:숙의 박씨:?-1854)役  チョン・ミソン(전미선)

雲が描いた月明かり

女、30代後半

王の唯一の後宮でありヨンウン翁主の母で、美しくて端正な容貌と優しい性格で、無力感に陥っている王を暖かくう包み込んだ。

それだけでなく、ヨンには死んだ生母に代わり、実の息子以上に愛を注ぎ、ヨンもそのような淑儀を実母のように仕え頼る。

 

 

ミョンウン公主(ミョンウンコンジュ:명은공주)役  チョン・ヘソン(정혜성)

kurumi022女、17歳
ヨンの妹で白い皮膚と繊細な耳目口鼻がかなり美しいが、肉づきに埋もれ日の目をみない残念な理由を持った。
恋文を代筆したラオンを間に置き、チョン・ドゴと恋文をやり取りし、相互間の誤解で恋文が切れて、恋煩いに涙があふれている間、その恋文を代筆した人がホン・ラオンだと知るようになる。

 

 

 

永溫翁主(ヨンウン オンジュ:영은옹주:1817-1829)役  ホ・ジョンウン(허정은)

雲が描いた月明かり

女、9才
王と淑儀 朴氏の間で生まれた翁主。
7才なった年、キム・ホンとヨンの生母である前中殿(チュンジョン:중전)の間の悲劇を目撃し、精神的な衝撃を受け、その後、言葉と笑いを失ったまま過ごしてきた。

 

 

 

ウォリ(월희)役  チョン・ユミン(정유민)

雲が描いた月明かり

女、20代前半

ミョンウン公主の面倒を見る内人。
きれいな容貌と溌刺とした性格で、公主と相性が良い。

 

 

 

 

 

キム氏家門(キムシ カムン:김씨 가문)

キム・ホン(김헌)役  チョン・ホジン(천호진)

雲が描いた月明かり

男、60代
ユンソンの祖父、府院君、領議政(ヨンイジョン:영의정)。

朝鮮をいいようにする権力者キム氏勢力の首長だ。
温和な微笑の中に刃物を隠しており、その刃物を抜き振り回す時にも、絶対自分の手が血塗られることがない。
彼の一言ならば謀逆の罪でもかぶる準備ができている者が周囲に広がっているので。
そのように王威の王として生きていき、唯一の孫であるユンソンにこの光栄の座席を譲る日だけ待っているが、ダメな世子と見くびっていたヨンが本性を表わして彼を威嚇し始める。

民の希望?新しい政治?浮かび上がった雲をつかむことなど言う若造一人くらいはいくらでも踏無ことができる自信を持っていたが、時間が過ぎるほどにヨンの攻勢が尋常でなくて。
もう笑いを消したキム・ホンがまともにヨンを相手にし始める。

 

 

中殿金氏(チュンジョン キムシ:중전 김씨)役  ハン・スヨン(한수연)

雲が描いた月明かり

女、25歳

キム・ホンの娘。ヨンの生母が死に、キム・ホンが立てた二番目の中殿。

こびがじわじわにじみ出る外貌で、利口で勘が良く、性情が柔弱でからだが衰弱した王を自分の手中に握って生きる。

礼儀正しく振る舞いつつ、5歳上の母を虫を見るかのように無視するヨンが、彼女には目に棘だ。
大君を産んだ後、ヨンを廃し世子の座に上げ置くのが至上の目標だ。

 

 

キム・ウィギョ(김의교)役  パク・チョルミン(박철민)

雲が描いた月明かり

男、40代

吏曹判書(ジョパンソ:이조 판서)。

キム・ホンの一派。

 

 

キム・グンギョ(김근교)役  パク・ジュンヒョン(방중현)

雲が描いた月明かり

男、40代

戸曹判書(ホジョパンソ:호조판서)。

キム・ホンの甥。

 

 

 

 

チョ氏家門(チョシ カムン:조씨 가문)

趙萬永(チョ・マニョン:조만영)役  イ・デヨン(이대연)

雲が描いた月明かり

男、50代

礼曹判書(イェジョパンソ:예조판서)。 ハヨンの父。

安東金氏が勢力を伸ばした朝廷で、体を低くし、その誰の側にも入らないまま状況を観望している。

キム・ホンから彼の孫ユンソンと自身の娘ハヨンを婚礼させようという提案を受けて苦悩中に、王もまたハヨンを世子嬪に選ぶという意中を表わし・・・安全にキム・ホンと手を握るのか、でなければ王と共にその勢力に対抗してみるのかと悩む。

 

 

 

内侍府(ネシブ:내시부)

ハン・サンイク(한상익)役  チャン・グァン(장광)

雲が描いた月明かり

男、60代
内侍府(ネシブ:내시부)のカリスマあふれる首長。
官員全体を監督・統率する内侍府事(ネシブサ)の任務を遂行している。

 

 

 

チャン内官(チャン ネグァン:장내관)役  イ・ジュンヒョク(이준혁)

雲が描いた月明かり

男、20代前半

東宮殿尙除内官(サンジェネグァン:상제내관)。
落ち着いて我慢強い忍耐力と強靭な体力、肯定的な性格まで!
内官の徳性を等しく備えて、東宮殿の暮らしを賢く整える彼は、差し障りのある世子の騒々しさにもかかわらず、大変で有名な東宮殿の最長勤務期間記録を保有している人物でもある。

 

ト・ギ(도기)役  テ・エアンホ(태항호)

雲が描いた月明かり

男、10台後半

ラオンと同じ小宦で、17才の年齢だが、30代の内官も初めて見れば、ナウリ!の声が出る程ものすごい老け顔だ。
医薬処方と施薬に関することを引き受ける尚薬内官(サンヤクネグァン)の下で仕事を習っている。
ラオン、ソンヨルと共に毎回不合格を受け、親しくなって不合格派で通っている。

 

 

ソン・ヨル(성열)役  オ・ウィシク(오의식)

雲が描いた月明かり

男、20代前半

小宦。

ト・ギ、ラオンと共に不合格派。
笑いの内侍になることが夢だ。
自身の身振りと茶目っ気にウケた世子ママのノドチンコをいつか見ることになるその日のために、深夜まで漫談とギャグを練磨するのに忙しい。

 

 

ソン内官(ソン ネグァン:성내관)役  チョ・ヒボン(조희봉)

雲が描いた月明かり

男、30代後半
生まれついての鼓子で、前尚膳(サンソン:상선)の養子者に入り内侍になった。
中宮殿の薛里(ソルリ:설리)で、內班院(ネバンウォン:내반원)の実力者であり、中殿、キム・ホンの右腕の役割をしながら、汚い仕事を引き受けて処理する。

 

 

マ・ジョンジャ(마종자)役  チェ・デチョル(최대철)

雲が描いた月明かり

男、20代半ば

小宦を管理する。
頑固で執拗で、融通性は薬を使ってもない。
冷たいポーカーフェースで小宦の公共の敵、犬ジョンジャと呼ばれる。

 

 

 

その他

丁若鏞(チョン・ヤギョン:정약용:1762-1836)役  アン・ネサン(안내상)

雲が描いた月明かり

男、50代半ば

いつも他の人たちと一段他の視線で世の中を眺めて、一歩先んじた時代を夢見る。
天才的な頭脳を土台にした膨大で深い学識と洞察力を持った好人で、ラオンの命の恩人だ。

流刑中、ホン・ギョンネの乱が起き、山に捨てられて死にゆくラオンを救い、祖父のように慈しみ世話してくれた。

後日、代理聴政(テリチョンジョン:대리청정)をするヨンに立派な師匠になってくれると同時に、再び会ったラオンを、たびたび危険から救ってくれる頼もしい助力者となる。

 

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 雲が描いた月明かり, 韓国ドラマキャスト・登場人物 , , , , , , ,