韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

ミスター・サンシャイン キャスト・登場人物紹介 イ・ビョンホン、キム・テリ主演韓国ドラマ

      2018/09/24

イ・ビョンホン(이병헌)、キム・テリ(김태리)主演のキム・ウンスク(김은숙)脚本によるtvN韓国ドラマ

ミスター・サンシャイン(미스터 션샤인)

のキャスト・登場人物(出演者)です。

 

ミスター・サンシャイン

 

 

 

ミスター・サンシャイン(미스터 션샤인) 作品データ

  • 韓国tvNで2018年7月7日から放送開始の週末ドラマ
  • 脚本:キム・ウンスク(김은숙) 『トッケビ』『太陽の末裔』『シークレット・ガーデン』
  • 演出:イ・ウンボク(이응복) 『トッケビ』『太陽の末裔』
  • あらすじ:辛未洋擾(シンミヤンヨ:신미양요:1871)時に軍艦に乗船しアメリカの地を踏んだある少年が、アメリカ軍人の身分で、自分を捨てた祖国である朝鮮に戻り駐屯し、そこで起きる出来事を描いたドラマ

 

 

 

ミスター・サンシャイン キャスト

 ユージン・チョイ(유진 초이:Eugene Choi)役  イ・ビョンホン(이병헌)

ミスター・サンシャイン イ・ビョンホン

 

奴婢の子、アメリカ海兵隊将校

 

母親も父親も奴婢で生まれた瞬間から奴婢だったが、黒い頭のアメリカ人の男。そして、異邦人の冷静さ、侵略者の傲慢さ、傍観者のセクシーさを持っている男。

9歳となった年、主人キム判書は、私奴婢であるユジンの両親を打ち殺すことにより、キム氏一族がどれほどの権力者なのかを証明した。

財産がだめになったのは惜しいが、奴婢たちに良い見本を見せたので損害ではないとした。

それが、ユジンが記憶する最後の朝鮮だった。

 

ユジンは走りに走った。朝鮮の外に。朝鮮から最も遠方に。

そんなユジンの目の前に青い目に金髪頭をした西洋トッケビ(西洋鬼)の船が浮いていた。

アメリカ軍艦コロラド号だった。

 

どこを祖国と呼ぶべきかわからない思春期だった。

海の彼方の土地でも底辺人生なのは同じだった。

勝つ時まで戦い負ければまた戦った。

そうするうちに彼の名の前にはいつも「初」がついた。

東洋系初アメリカ海兵隊将校任官。

東洋系初アメリカ勇士勲章受勲。

「初」になるまでの過程はほとんどが差別だった。

差別を勝ち抜くとまさに特別だった。

 

「チェ・ユジン(최유진)」がユージン・チョイ(Eugene Choi)となった日、ユジンは自身の祖国としてUnited States of Americaを選択した。

米西戦争(アメリカ-スペイン)から帰ってきた彼を待っていたのは、名誉な勇士勲章と他の駐屯地、朝鮮だった。

勢力を膨張中の日本とロシアを牽制しなければならないアメリカは、自国民保護を言い分として朝鮮に軍隊を駐留させたし、英語と朝鮮語に堪能なユジンは最も適合した人物だった。

報告書には今日も朝鮮では自国の独立のために花のような命が死んでいくと書かれていた。

しかし、ユジンは朝鮮の主権がどこにあろうが関係なかった。

ユジンにとって朝鮮というのは自分の親を打ち殺した国であり、自分が逃げだした国であり、両班が開化の仮面をかぶって先を争い売国をする野蛮の国なだけだった。

 

朝鮮の外に走り出た9歳以後から、ユジンは絶対振り返らなかった。

顧みた場面ごとに悪夢であることが明らかだった。

それでユジンは朝鮮へ行くこの歩みを後退だと思わないことにした。

朝鮮はただ越えねばならない土地、自身が踏まねばならない踏み石であるだけだった。

ユジンは決心した。

根気強く朝鮮を踏み、朝鮮を越え、わが祖国アメリカにまた戻るだろう。

 

けれど、ユジンは知らなかった。

朝鮮で待つ自身の運命を。

よどみなくユジンを揺さぶり、ユジンを越え、自国朝鮮を救おうとする1人の女性、エシンに会うことになるのを・・・

 

子役  キム・ガンフン(김강훈)

 

 

 

 

コ・エシン(고애신)役  キム・テリ(김태리)

ミスター・サンシャイン キム・テリ

 

士大夫の令嬢

 

一日おきにあらゆる醜聞が門を越えてきた。

それもそのはず、15を越えただけでもオールドミスとの声を聞く朝鮮の地で、婚期を逃しに逃したエシンの齢は29だった。

これがはすべてヒソンのせいだ。

ヒソンはエシンが15になった年に祖父同士が取り決めたエシンの許嫁だ。 顔も見ていない許嫁が日本に留学に出たという便りを祖父を通じて聞いた。

伯母が口が乾くほどねたむ婚処なのを見れば、どんな男なのか気になりはするも、10年が過ぎるまでまったく尋ねないのを見ると、私がそいつを忘れて過ごしているように、そいつも私を忘れて過ごしているのは明らかだった。

今のようではまったく帰ってこなければと思う。

祖父と伯母に内緒で、もちろん行廊アボム(ヘンナンアボム:下男)と咸安宅(ハマンテク:下女)を同行しなければならない見苦しい登校だが、「くそ庶民」の娘でも通うという新式学堂に今まさに入学して「I am a girl」「Boys be ambitious!」を習うところであるためだ。

 

学堂の誰かは昨今をロマンの時代と言った。

エシンも同意した。

ただしエシンのロマンはコーヒーも、洋装も、舶来品でもない、ドイツ製銃口の中にあった。

朝鮮最高名門家の「お嬢」が持つには過激なロマンだった。

 

国のために生きた父の血のによるものだったか。

そんな男を愛した母の情熱によるものだったか。

いくら考えても「Boy」たちだけが野望を抱くという理はどこにもなかった。

彼女を花のように美しいとする男はつまらなかったし、どうせ咲いて散る花なら一番熱い花火でありたかった。

 

エシンの部屋で書冊の間にこっそりと隠して置いた「漢城旬報(はんそんじゅんぽう)」と「独立新聞」が発覚した日、祖父の眼差しは怒りでなく悲しみだった。

動物の肉が食べたいから鉄砲打ちを訪ねろという祖父の手伝いはその日からだった。

祖父の頼みはただ一つだった。

生き残れ。

エシンの齢が二十歳だったし、その日からチャン砲手(チャン ポス)はエシンの師匠だった。

チャン砲手は火薬扱う方法、銃器類を扱う方法、射撃術などを教え、9年が流れた今、エシンのターゲットははずれることがなかった。

そんなエシンがつまらなくない男に会ったのは漢城に初めての街路灯が灯った瞬間だった。

利己的な配慮、冷たくて親しい、自身の祖国はアメリカという、自分の人生でも異邦人である男、ユジンだった。

その男の心臓が自身のターゲットにならないことを切実に願うエシンだった・・・

 

 

 

ク・ドンメ(구동매)  ユ・ヨンソク(유연석)

ミスター・サンシャイン ユ・ヨンソク

 

 

白丁(ペクチョン:백정)の息子、黒竜会(フンリョンフェ) 武臣会(ムシンフェ/ぶしんかい) 漢城(ハンソン)支部長

 

生まれてみると白丁の息子だった。

白丁は人ではなかった。

白丁の娘と妻はこれ見よがしに恥をかかせられたし、白丁の男は刀物を持つが誰も斬ることができないから毎日恥辱だった。

出くわせば仰天したし、かすめて行けば唾を吐いた。

どうしようもない鞭打ちが、かえってさほど痛くなかった。

牛や豚にも劣る存在、それがトンメだった。

 

牛、豚としては生きられず、却説イ敗(カクソリペ:乞食の類)を追って部落を出た。

春窮期(食えない日々)は長かったし年上たちの性質はあくどかった。

両班の横暴より賎民が賎民に働く不条理がさらに残忍だった。

朝鮮の地のどこにも白丁の息子トンメに、より良い世の中はなかった。

 

青字は修正された内容です。

 

日本に渡ったトンメは、そこで自分のように刃物を扱うの浪人たちについてさすらった。

10歳から刃物を握っていたトンメだった。

トンメの刀は急所だけ狙い、上手く迅速だった。

首長は自分の目に入ったトンメに石田翔(いしだ しょう)という名前を下し、その名はトンメの世界を変えてしまった。

トンメは獣を捕える獣のような奴で、自分の前を阻む全てのものをずたずたに裂いき掴み飲み込んだ。

朝鮮だろうと日本だろうと、どうせ人でないのは同じだったが、少なくともここでは牛豚ではなく猛獣だった。

皆がトンメを恐れた。

数年が過ぎ、もう日本の地でトンメに対敵する者が無かった。

自身に従う群れができ、トンメは彼らを率いて日本を去った。

 

 

下の赤字の文章はクレームが入る前のトンメの設定です。

 

日本に渡っていったトンメは玄洋社(ケニョシャ-黒龍会の上部組織)の幹部の目に入った。

10歳から刃物を握っていたトンメだった。

トンメの刃物は急所だけ狙ったし、上手く迅速だった。

トンメの国は朝鮮でも日本でもない玄洋社だった。

玄洋社の利益と玄洋社の繁栄のためにだけにトンメは動いた。

トンメは獣を捕える獣のような奴で、自分の前を阻む全てのものをずたずたに裂いき掴み飲み込んだ。

 

玄洋社はトンメに新しい名前、石田翔(いしだ しょう)を下し、それは父親が子供にすることだった。

その日からトンメの心の中で玄洋社は父であった。

玄洋社は朝鮮で勢力拡張を試みたし、トンメは玄洋社の新興下部組織である黒龍会漢城支部長としてその先鋒に立った。

 

 

トンメが朝鮮に帰ってきた理由はただ一つだった。

唯一自身を見つめてくれた一人の女性の瞳。

彼女の眼差しには軽蔑も蔑視も、まして恐れさえなかった。

まさに、朝鮮最高士大夫宅のお嬢様エシンだった。

人の役割をすればするほどコ・エシン、その名前一つだけが切実だった。

そうしてはいけないが、世の中すべてが敵でも構わないと思える。

 

そんなエシンの前でやたらと親しげなアメリカ人という男がひどく障る。

あたかも割込まれた気分だった。

手に入れたこともないが。

ただエシンを愛し、愛に狂った、愛し狂った、トンメはそんな男だ。

 

ユ・ヨンソク出演ドラマ

浪漫ドクター キム・サブ キャスト・登場人物紹介 ハン・ソッキュ、ユ・ヨンソク、ソ・ヒョンジン主演韓国ドラマ

 

 

 

工藤陽花(くどう ひな:クド ヒナ:쿠도 히나)役  キム・ミンジョン(김민정)

ミスター・サンシャイン キム・ミンジョン

 

ホテル・グローリー社長

 

朝鮮名は「イ・ヤンファ(이양화)」で墨が乾く前に親日派の父親の人並み外れた慧眼(?)で早々に結婚して工藤陽花(クドウ ヒナ)になった。

彼女の母は娘の婚姻を見ることさえなかった。

糟糠の妻だったが朝鮮人という理由で父に投げ出されたためだった。

 

売っぱらうものがあるならば自分の娘でも国でもすべて売る父親を持ったおかげで、売られる前に自身を売らなければならなかったし、片づけられる前に自身を立てなければならなかった女だ。

父親が日本人の老いた金持ちにヒナを嫁がせた時、ヒナは泣くことより噛むことを選んだ。

弱いところを狙い、噛み、なぎ倒した。

 

婚姻して5年で老いた夫があの世に行き、ヒナは生気のなかった青春に補償を受けるかのように莫大な遺産を相続した。

まさにホテル「グローリー」だった。

ホテルを相続すると最も喜んだのは父親イ・ワニクだった。

ヒナは父親の心内が明らかに見えたしホテルを奪われないために、頑なに夫の姓を使った。

 

漢城の地で若く美しい未亡人は、ホテルを探す人たちにもう一つの遊興の種だった。

モダンボーイ、ダンディーボーイ、ルンペン、朝鮮のボーイというボーイはこぞってホテル「グローリー」に集ったし、ヒナは連日最高売上額を更新した。

ヒナは王もうらやましくなかった。

朝鮮のすべての権力は男達にあったが、その男達はいつでもホテル「グローリー」にいたから。

ヒナは毎晩帝国主義者たちの三寸舌に凄惨に裂かれる朝鮮を笑いつつ見守った。

朝鮮も泣くことよりは噛むことを選ばなければならないはずなのに。

残念だった。

 

いつでも二番目の人生だった。

二番目の名が本当の名となり、二番目の国が本当の国となり、これからあの二番目の男だけ自身の男になれば完ぺきな人生だった。

その男は他でもないユジンだった。

けれどあの男、別の女を見ている。
士大夫宅のお嬢だった。

コ・エシン。

明日からあの女を一度伺ってみる?

 

キム・ミンジョン出演ドラマ

商売の神 – 客主2015 キャスト・登場人物紹介 チャン・ヒョク、ユ・オソン、キム・ミンジョン主演韓国ドラマ

 

 

 

キム・ヒソン(김희성)役  ピョン・ヨハン(변요한)

ミスター・サンシャイン ピョン・ヨハン

 

ルンペン、エシンの許嫁

 

輝く「ヒ」、星の「ソン」。

人は名前について行くと、ヒソンはどこででも目立った。

優しくおもしろく金持ちでイケメンでさえあったので、いつも目下熱愛中だ。

自称博愛主義者、他称浮気者だ。

 

上清ければ下濁らずといわれるが、ヒソンの場合は反対だった。

上があまりにも汚かった。

不届きなことで噂になった祖父と、卑怯なことで噂になった父親を持ったおかげで、情熱なしに生きる「つまらない奴」として生きているところだ。

私の血液中に流れる血が怖かった。

力ができれば間違って振り回すかも知れないと。

 

母親のせがみに勝てず10年の留学生活を清算して婚姻をしに朝鮮に戻ってきた。

婚姻を先送りしたのも暴悪だった自分の祖父が決めた女なので間違いないだろうと思ったからだった。

ところで、あの輝く女性が・・・私の許嫁だと?

 

ヒソンは日本での10年が悔やまれた。

あまりに遅く戻ってきた。

すでに彼女の心の中に自身が入る場所は無いように見えた。

彼女中の朝鮮を追い出すことも、あの異邦人の男を追い出すこともできなかった。

ヒソンができる唯一のことはエシンと約束した婚姻を遅らせること。

しかし、絶対婚姻しないという皮肉な約束をすること、そんな悲しいことだなんて・・・

 

ピョン・ヨハン出演ドラマ

六龍が飛ぶ キャスト・登場人物紹介 ユ・アイン、キム・ミョンミン、シン・セギョン主演韓国ドラマ

 

 

 

 

ユジン周辺人物

イム・グァンス(임관수)役  チョ・ウジン(조우진)

ミスター・サンシャイン キャスト・登場人物

アメリカ公使館通訳官

 

 

カイル・ムーアー(カイル・ムオ:카일 무어:Kyle Moore)役  デイビッド・マッキニス(デイビドゥ・メッキニス:데이비드 맥기니스)

ミスター・サンシャイン キャスト・登場人物

アメリカ海兵隊将校、ユジンの上司であり友

 

 

ヨセフ・ステンソン(ヨセプ ステンスン:요셉 스텐슨)

ミスター・サンシャイン キャスト・登場人物

アメリカ人宣教師、幼いユジンをアメリカまで連れて行ってくれたアメリカでの保護者

 

 

チェ・ユジンの母役  イ・シア(이시아)

 

 

ユジンの父役  チョ・ワンギ(조완기)

 

 

 

エシン周辺人物

チャン・スング(장승구)  チェ・ムソン(최무성)

ミスター・サンシャイン キャスト・登場人物

砲手、エシンの師匠

 

ファン・ウンサン(황은산)  キム・ガプス(김갑수)

ミスター・サンシャイン キャスト・登場人物

陶工

 

コ・サホン(고사홍)役

ミスター・サンシャイン キャスト・登場人物

エシンの祖父

 

チョ氏夫人(チョシ プイン:조씨 부인)役

ミスター・サンシャイン キャスト・登場人物

エシンの伯母

 

 

行廊アボム(ヘンナン アボム:행랑아범)

ミスター・サンシャイン キャスト・登場人物

 

 

 

ハマン宅(ハマンテク:함안댁)

ミスター・サンシャイン キャスト・登場人物

 

 

 

コ・エスン(고애순)役  パク・アイン(박아인)

ミスター・サンシャイン キャスト・登場人物

エシンの年上のいとこ

 

 

ホンパ(홍파)役  ソ・ユジョン(서유정)

ミスター・サンシャイン キャスト・登場人物

前職宮女・現職女将、チャン砲手と格別な間柄

 

 

ユン・ナムジョン(윤남종)役  パク・ポミ(박보미)

ミスター・サンシャイン キャスト・登場人物

布木店ユン家の娘、エシンの学堂の友人。

 

 

チョンソム

年若い下女

 

 

 

 

キム・ヒソン周辺人物

キム・アンピョン(김안평)役  キム・ドンギュン(김동균)

ミスター・サンシャイン キャスト・登場人物

ヒソンの父、大地主

 

 

ユン・ホソン(윤호선)役  キム・ヘウン(김혜은)

ミスター・サンシャイン キャスト・登場人物

ヒソンの母、あらすじ内では尹氏夫人と表記

 

 

キム判書(キム・パンソ:김판서)  キム・ウンス(김응수)

ヒソンの祖父、ユジンの両親を死に追いやる

 

 

 

 

 

王室・官僚

イ・ワニク(이완익)  キム・ウィソン(김의성)

ミスター・サンシャイン キャスト・登場人物

附倭人(プウェイン:부왜인)、親日派

 

 

高宗(コジョン:고종)役  イ・スンジュン(이승준)

ミスター・サンシャイン キャスト・登場人物

朝鮮第26代王・大韓帝国初代皇帝

 

 

イ・ジョンムン(이정문)  カン・シニル(강신일)

ミスター・サンシャイン キャスト・登場人物

宮内部大臣

 

イ・セフン役  チェ・ジノ(최진호)

ミスター・サンシャイン キャスト・登場人物

韓末の重臣→外部大臣

 

興宣大院君(フンソンデウォングン:흥선대원군) チェ・ジョンウォン(최종원)

 

 

 

その他の人物

イルシク(일식)役  キム・ビョンチョル(김병철)

ミスター・サンシャイン キャスト・登場人物

左・前職、推奴(チュノ)

 

 

チュンシク(춘식)役  ペ・ジョンナム(배정남)

ミスター・サンシャイン キャスト・登場人物

右・前職、推奴(チュノ)

 

 

 

 

トンメ周辺人物

占星術師ホタル役  キム・ヨンジ(김용지)

 

 

ユジョ(유죠)役  ユン・ジュマン(윤주만)

ミスター・サンシャイン キャスト・登場人物

 

 

 

 

大日本帝国

森 隆史(モリ タカシ:모리 타카시)役  キム・ナムヒ(김남희)

ミスター・サンシャイン キャスト・登場人物

家族の長男、国費留学中にニューヨークでユジンと知り合う、大日本帝国陸軍大佐

 

 

 

ハヤシ公使役  チョン・インギョム(정인겸)

 

津田(チュダ:츠다)役  イ・ジョンヒョン(이정현)

 

鈴木(スジュキ:스즈키)役  チョン・テヤ(정태야)

 

伊藤博文(イト ヒロブミ:이토 히로부미)役  キム・イヌ(김인우)

朝鮮語読みではイドゥン パンムン(이등박문)

 

医師マツヤマ  キム・ガンイル(김강일)

 

ヒョンギ(형기)役  ソン・ジヌ(송진우)

日本公使館の訳官

 

吉野剛(よしの ごう) コ

ファン・ウンサンの弟子、日本人。文中は「コ」と表記。(後に日本名が判明したため)

日本人だが朝鮮人を尊重している。

 

 

 

 

その他の登場人物

 

ソア(소아)  オ・アヨン(오아연)

トミ(도미)役  コ・ウリム(고우림)

チュニョン(준영)  チャン・ドンユン(장동윤)

クィダン(귀단)  キム・シウン(김시은)

 

ソンヨン(송영)役  チ・スンヒョン(지승현)

 

トンメの父役  チン・ソンギュ(진선규)

 

ケヒャン イ・ジュビン(이주빈)

イ・セフンの妾

 

グローリーホテルのボーイ役  チョン・ヒテ(정희태)

 

ステラ役  Ariane Desgagnes-Leclerc

学堂の英語の先生

 

サンモク

義兵の砲手

 

イ・ジュニョン(이준영)役  チャン・ドンユン(장동윤)

学徒のリーダー

 

 

 

 

特別出演

コ・サンワン(고상완)役  チン・グ(진구)

エシンの父

 

キム・ヒジン(김희진)役  キム・ジウォン(김지원)

エシンの母

 

トンメの母役  イム・セミ(임세미)

 

 

 

 

 

ミスター・サンシャイン 人物相関図/人物関係図

ミスター・サンシャイン 人物相関図/人物関係図

 

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - ミスター・サンシャイン, 韓国ドラマキャスト・登場人物 , , , , , , , , , ,