韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

トッケビ キャスト・登場人物紹介 コン・ユ、キム・ゴウン主演韓国ドラマ

      2016/12/03

コン・ユ、キム・ゴウン主演tvN金土ドラマ

トッケビ(도깨비) 寂しくてきらびやかな神 トッケビ(쓸쓸하고 찬란하신 神 도깨비)

のキャスト(出演者)・登場人物紹介です。

tvNの公式サイトの内容を翻訳・要約しています。

韓国ドラマのキャスト紹介はあらすじが多く含まれているため、初期の放送内容のネタバレも含まれています。ご注意ください。

 

 

トッケビ

 

 

 

トッケビ(도깨비) 作品データ

  • 韓国tvNで2016年12月2日放送の金土ドラマ
  • 脚本:キム・ウンスク(김은숙) 『太陽の末裔』『相続者たち』
  • 演出:イ・ウンボク(이응복) 『太陽の末裔』
  • あらすじ:不滅の人生を終わらせるために人間の新婦(花嫁)が必要なトッケビ、彼と奇妙な同居を始めた記憶喪失症の死神。そんな彼らの前に「トッケビの新婦」と主張する「死ぬべきだった運命」の少女が現れて繰り広げられる神秘的なロマン説話。

 

※トッケビ(도깨비)には、トッケビ・子鬼・お化け・鬼の対訳があります。常に対訳のチョイスに苦慮する単語ですが、無難なのは「幽霊」かと思います。

ただし、「幽霊」は日韓共に同一の単語が存在しています。そのため、漢語的でなく固有語的にチョイスすると「おばけ」となるのですが・・・

ということで、「トッケビ」は「トッケビ」として理解しましょう。

追記:第一話を見ると、鬼神が幽霊に相当し、トッケビは実体があるものとの認識でした。

 

 

 

トッケビ(도깨비) 主要キャスト

トッケビ(도깨비)キム・シン(김신)役  コン・ユ(공유)

トッケビ コン・ユ

 

935歳 推定

民らは彼を神だと呼んだ。
真紅の血を被ったまま青く眼光を輝かせ敵たちを斬る彼は、文字通り武神だったが、自身が守った主君の刃に死んだ。

英雄として生き逆賊として死んでいったキム・シンに、天上の存在は、賞なのか罰なのかわからない、老いることも死ぬこともない生を与え、それから935年の間、トッケビとして生きた。
心臓に剣を刺したままで。

「ただトッケビの新婦(花嫁)だけがその剣を引き抜くであろう」

ひどくロマン的な呪いだった。

 

それで簡単なことと思ったが、彼が会ったどんな女も剣を発見できないまま不滅を生きていたある日、自身をトッケビの新婦だと紹介する19才の少女ウンタクと出会う。

彼にとってトッケビの新婦は、苦痛から抜け出し、消滅できる道具だった。
言い換えれば、ウンタクは自身を殺すことができる唯一無二の武器だった。

 

死にたいほど苦しい日は、ウンタクの歓心を買っておいて、まだ死ぬに至りたい日は遠ざけておき、一日でも十二回ずつ気持ちが行ったり来たりした。

ウンタクの笑いに、彼は何度もどこかを振り返り見たい気持ちに駆られた。
振り返り、もう一度見ようとしているものが、不滅の人生なのか、君の顔なのか。

ああ、君の顔であるようだ。

 

 

 

直符使者(チョスンサジャ:저승사자:死神)役  イ・ドンウク(이동욱)

トッケビ イ・ドンウク

 

30代後半 推定

死ぬということは、彼と先約ができることだ。
誰でも彼を見れば驚く。
最初はかっこよく、その次には、私が死んだんだなと思い。
生の最後の瞬間に出迎えに来ながらも、あのようにセクシーな必要があるのかと思う。

トッケビであるキム・シンと共に暮らし、一日に十二回ずつ変わる神の気まぐれに、忍耐心が限界を感じるたびに、前世に何か大きい罪を犯したのだなと思うが、前世に何だったのか、人間でもあったのか、どのように直符使者(チョスンサジャ:死神)になったのか全然知らない。

 

死から目を開けてみると、すでに直符使者だった。
直符使者になってからは、日を数えるのを忘れた。
彼が数えていくのは無数の亡者の魂だけ。

そんなある日、偶然にあった1人の女性、ソニにめまいを感じた。
初めて見るのが確かなのに、とても懐かしい気持ちだった。
ソニの予測不可な行動は、想像力を発揮しなければならず、彼の下手な行動は一様に誤答だった。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

これはすべて恋愛をドラマでだけで学んだせいだ。
彼はこんがらがった。
これは神の計画だろうか、失態だろうか。

 

 

チ・ウンタク(지은탁)役  キム・ゴウン(김고은)

トッケビ キム・ゴウン

 

19歳

韓国の平凡な高3受験生、でありたいが、彼女の人生は生まれた時から平凡でなかった。

幼いころから他の人たちの目には見えない死んだ魂が見えたし、だから友達の間ではいつもぽつんとしていた。

母親のいない空の下、悪い叔母と叔母にそっくり似た叔母の子供たちのあくどい虐待に耐え過ごし、まる十年、あらゆる不幸のソースをすべて叩き入れたごった煮のようなこの人生に唖然とする最中に、トッケビに会った。
そして、ウンタクはトッケビの新婦になる運命とのことだ。

ミステリーホラー貧乏モノだった人生に、急にファンタジーというおかしなジャンルが加わった。

あかりを消せば常にトッケビが現れた。
好奇心で呼び出すことが習慣になり、会わなければ会いたく、トッケビを待つことは、未だ来ない良い未来を待つようにときめいた。

感情の起伏が激しく煩わしい時もあるが、胸に剣が刺さったまま生きればそうなるだろうと思ってみてやることにする。

ところで、その剣を私に引き抜けという。
その言葉が、「きっと終わらせよう」という言葉のように痛い。

 

 

ソニ(써니:Sunny:サニー)役  ユ・インナ(유인나)

トッケビ ユ・インナ

 

20台中後半

一人ぼっちの天涯孤児。
礼儀知らずに生きる女が世の中を生きるのに一番楽だということを早くから悟った。

男の外貌は内面に入っていく窓で、キム・ジュンベのダイヤモンドは捉えるのが当然のことで、真の愛は通帳残高で感じられる。
誰かの初恋になるのが世の中で一番簡単だったソニの年齢は、もうすぐ30だった。

 

その男、直符使者(チョスンサジャ:死神)に初めて会ったのは、ほしい指輪を発見した時だった。
彼は彼女に譲歩しない最初の男だった。
一目惚れしたと当て推量するにはとても、悲しい目だった。

時計や身だしなみだけ大まかに見回しても年俸1億で、さくっと見ても、恋愛ができなかった母胎ソロなだけだとわかったけど、会うほどに変な男だ。

門を閉ざし家から出ず在宅するのが常で、職業、年齢、過去史、その何も教えてくれない。
最初はただかっこいい食い扶持と思ったけど、その悲しげな目が度々目に浮かぶ。
同情は特技じゃないのに。

 

※キム・ジュンベ・・・物語上の富豪の息子

※母胎ソロ・・・生まれてから一度も恋愛知ったことがない人

 

 

ユ・ドッカ/ドクファ(유덕화)役  ユク・ソンジェ(육성재)

 

トッケビ ユク・ソンジェ

 

20台中後半

金の匙を噛んで生まれたという話でも不足する。
韓国経済史でユ氏家門を知らないなら、金の流通がダメだという笑い話が出てくるほど、屈指の企業の宗孫。
職業は財閥3世。
13代目トッケビに仕える家臣家門の4代続きの一人っ子だ。

ユ氏家門が漢陽(ハニャン)の町外れの金銀房から始め大企業に成長したのも、みなトッケビの棒のおかげだそうだ。
次の代では、さらに私が仕えなければならないのだ。

 

ありふれた財閥3世のようにトッカは反抗を選んだ。
完璧な人生の一部分程度は、そのように消費しなければならないようだった。

人は痛ければ成長でもするだろう、トッケビはあのように痛いのに、永遠に独りで留まっている。
その事実を初めて悟った時、トッカはトッケビが経た数多くの別れが思い浮かんだ。
手だけ多くかかるヒョン(兄さん)だと思ったのに、心も多くかかるんだな。

その日決心した。
寄付は匿名で、善行は黙々と、慰労は無心に、輔弼は・・・これから開始だ。

 

 

 

その他の登場人物

キム・ソンギョム(김성겸)

パク・ヒボン(박희본)

ファン・ソクチョン(황석정)

 

スジン(수진)役  キム・ミニョン(김민영)

チ・ウンタクを苦しめる友人

 

直符使者(チョスンサジャ)役  ユン・ダヨン(윤다영)

 

 

特別出演

王妃役  キム・ソヒョン(김소현)

王役  キム・ミンジェ(김민재)

 

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - トッケビ, 韓国ドラマキャスト・登場人物 , , , , , , ,