韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

夜を歩く士/夜を歩くソンビ キャスト・登場人物紹介 イ・ジュンギ、イ・ユビ、シム・チャンミン主演韓国ドラマ

      2015/07/09

イ・ジュンギ(이준기)、イ・ユビ(이유비)、シム・チャンミン(심창민)主演のMBC水木ドラマ・夜を歩く士/夜を歩くソンビ(パムル コンヌン ソンビ :밤을 걷는 선비)

のキャスト(出演者)・登場人物紹介です。

MBCの公式サイトの内容を翻訳・要約しています。

韓国ドラマのキャスト紹介はあらすじが多く含まれているため、初期の放送内容のネタバレも含まれています。ご注意ください。

 

夜を歩く士

 

夜を歩く士/夜を歩くソンビ 作品データ

  • 韓国MBCで2015年7月8日から放送開始の水木ドラマ
  • 脚本:チャン・ヒョンジュ(장현주) 『パラダイス牧場』、サブで『コーヒープリンス1号店』
  • 演出:イ・ソンジュン(이성준) 『奇皇后(キ・ファンフ:기황후)』、サブで『メイクイーン』『太陽を抱く月』
  • あらすじ:男装をして冊契(本屋)の仕事をして生きていくチョ・ヤンソンがウムソク谷に住む神秘なソンビであるキム・ソンヨルに会うことになり、彼が吸血鬼ということを知るようになって繰り広げられるファンタジーメロ史劇

 

 

夜を歩く士/夜を歩くソンビ 主要キャスト

キム・ソンヨル(김성열) イ・ジュンギ(이준기)

夜を歩く士/夜を歩くソンビ イ・ジュンギ

男性/20代後半/弘文館副提学(プジェハク: 부제학)/成均館(ソンギュングァン:성균관)、大司成(テサソン:대사성)キム・ジョンドの一人息子

質実剛健だ。
自分が信じるイ・ヒの命なら、どんな仕事を任せても.・・・やりこなす。

※公式サイトでは『琋(희)』が의(ウィ)になってるが희(ヒ)が正しいと思われます。

十三で初試と覆試、翌年文科の壮元(チャンウォン:장원)を獲得した秀才。
二十歳を迎えた年に弘文館副提学に抜擢、王室の政治諮問を担当するほど、政治的見識と洞察力も優れている。

王室のためであることなら王にも直言を躊躇しない。
このためにソンヨルを恐れて攻撃しようとする勢力もまた少なくない。

外貌も傑出しており・・・
白玉のような顔色をより一層際立たせる濃厚な眉毛、ベールのごとく鋭い鼻筋、赤く染まった紅葉を含んだ唇は、息を止めさせる程美しい。

 

チョ・ヤンソン(조양선) イ・ユビ(이유비)

夜を歩く士/夜を歩くソンビ イ・ユビ

女性/21歳/冊契(本屋)/チョセンの養女

利口だ。誠実だ。 責任感が極まっている。
気になることは必ず答えを探してこそ終わらせる。
漢陽で一番得意先が多い冊契(本屋) 。
実用書、学習書、儒学の経典に歴史書、小説、春本に至るまで、すべての書籍を知り尽くしている。

『月光居士(タルピッ コサ)』という筆名でオンムン(ハングル)小説を書いている作家志望生。
ヤンソンが書いた『夜ソンビ伝(夜士伝)』は彼女の常連客の間で噂が騒がしい。

心がきれいで情が多いため、困難な人を見ると素通りがることはない。
ところが助ける方法が冊契らしい。

農事を台無しにして失意に陥った小作農民には『農家集成』を、科挙に落ちた貧しい学者には儒学の経典を、息子を生むことができず実家へ帰された状況に置かれた女性には『閨閤叢書』を求めて持たせる。

文を学べない子供らにとってはオンムン小説を利用して文章を教えたりする。
ヤンソンの記憶では十一歳の時から男装をして通していた。
(その前の記憶は・・・ない)
自分もなぜ自分が男装をして生きなければならないのか正確な理由を知らない。

 

イ・ユン(이윤)  シム・チャンミン(심창민)

夜を歩く士/夜を歩くソンビ チャンミン

男性/24歳/世孫

祖父のヒョンジョを継いで王位を受け継ぐ唯一の嫡統、世孫だ。
父親のサドン世子からは優れた学識と穏やかな人柄を、祖父のヒョンジョからは近づきえない結界を受け継いだ。
けれど・・・。

学問のやり様は石のごとくで、一日でも女性を抱いていなければ、口の中にとげが生える浮気者だ。
夜の帝王!!
贅沢だ。
頭からつま先まで絹で覆われ、清国から渡ってくる『身の上話』収集に熱狂する。

領議政チェ・チョルジュンの愛人を愚弄した罪で宮殿から追い出され、私家で謹慎をしている。
けれど・・・。

概念喪失、人柄の喪失、あきれること喪失の王子と甘く見て、大きな鼻を怪我した人が少なくない。
市中の輩のようだった世孫が大殿に入った瞬間、誰も近づきえない気勢いが噴出する。
舌を巻くほどの明晰さと緻密さに 、絶対否定できない罠を作って彼らを自ら自滅に向かわせる。

 

クィ(귀)  イ・スヒョク(이수혁)

夜を歩く士/夜を歩くソンビ

男性/20代後半~30代半ば/吸血鬼、この国の隠れた支配者

※『鬼』の字か?

人を食って生きる吸血鬼だ。美しい。
その美しさで人の心を惑わして、容赦なく首を召し、渇きを解消している。
人の心を操縦して吸血鬼を殺すことができる能力を持った。
(その能力はクィとソンヨル、二人が唯一だ)

吸血鬼の中で最も強い力を持った者、敵がない。
この国の始まりから今までずっと宮廷に暮らし、王の上に君臨している。
クィの存在は王になる者にのみ伝えられ、彼の選択を受けることができなかった世子(セジャ)は王になれない・・・。
死を免れない。

 

チェ・ヘリョン(최혜령)  キム・ソウン(김소은)

夜を歩く士/夜を歩くソンビ

女性/20歳/チェ・チョルジュンの長女(‘ミョンヒと1人2役)

飛ぶ鳥も落とすという政権実力者チェ・チョルジュンの長女。
気品が宿っている。清楚だ。 上品だ。
綺麗という言葉では表現にならないほどの美貌の持ち主だ。
どんなことにも感情を表に出さない、それこそ本音を知ることができない人物だ。
天上天下唯我独尊の標本だ。堂々としている。冷たい。

相手が聞いて最も恥ずかしい言葉を選び、一寸の揺らぎもなく吐き出す。
やりたくないこと、絶対せず、言いたいこと、絶対我慢せず、障ることは必ず報復する。

そんなヘリョンを、微笑一つで従順な羊にしてしまう人がいる。
母ヤンヘだ。
母はいつも笑っている。
良い事があって?幸せで?ない!

7年前、父チェ・チョルジュンが没落した家門を回復すると。ヘリョンをその者に送った後、
精神を放した。
あの者・・・
宮殿に住んでいる吸血鬼・・・クィだ。
ヘリョンは・・・クィの人だ!!!

 

 

120年前の人物たち

チョンヒョン世子(チョンヒョン セジャ:정현세자)  イ・ヒョヌ(이현우)

夜を歩く士/夜を歩くソンビ

男/20代初め/120年前の世子

『民が希望である世の中』を作るという意志の人物。率直かつ豪放で徳が多い。 父である王より民たちの愛と支持を得て、正しい王の道だけを考えて、譲位を控えてクィの存在を知り混乱に陥る。

ソンヨルとともにクィを葬る計画を建てるが、クィに発覚することになり殺されてしまう。

 

ヘソ(해서)  ヤン・イクジュン(양익준)

夜を歩く士/夜を歩くソンビ

男性/50代後半/120年前の吸血鬼、クィの師匠

吸血鬼の中で最も強い力を持った者、クィを滅ぼせる秘技を守る守護鬼。

獣のように暮らしていたクィを収めて家族となり師となったが、人の世界で暮らしたがっているクィと対立する。

クィを滅ぼせる秘技を守護して過ごし、クィに発覚し殺される。 死ぬ直前ソンヨルを召し、吸血鬼にして、ソンヨルに守護鬼の任務を移譲する。

 

イ・ミョンヒ(이명희)  キム・ソウン(김소은)

夜を歩く士/夜を歩くソンビ

女性/20歳/120年前のソンヨルの婚約者

ソンヨル父の竹馬の友の娘。端正、知恵、俗情が深い。 両親と一家親戚皆が疫病で死ぬと、一人で残ったミョンヒをソンヨルの父が連れてきて、養女として育てられた。

そうして12年、ソンヨルはミョンヒにとって頼もしい兄であり、学問を教えてくれる師匠であり、恋慕する男として位置づけられた。

長い間待った末に婚礼を許されが、婚礼を三日後に控えてソンヨルが亡くなる。 以後、吸血鬼になって現れたソンヨルを生かすため、躊躇なく自分の命を差し出す。

 

 

周辺人物

スヒャン(수향)  チャン・ヒジン(장희진)

夜を歩く士/夜を歩くソンビ

女性/20代半ば/ファヤン閣妓女(キニョ:기녀)、藝妓

当代最高の妖精、ファヤン閣の一牌妓生(イルペ キーセン:일패 기생)。

破れるように貧しい小作農家の長女で、親と五弟妹たちを餓え死にさせることができず、妓女の生き方を選んだのが、彼女の齢が十歳だ。華やかで美しく妖艶だ。男が見れば抱きたくてやきもきするほどだ。

けれど、天下の好色漢チェ・チョルジュン(ヘリョンの父)、も彼女の結び紐を解くことができない!彼女、媚を売らない。 自分を訪れた客に、詩や踊り、コムンゴの旋律を贈る藝妓だ。その芸、あまりにも優れて彼女を訪ねる高官大爵らの足が絶えない。そのおかげで王が知らずともスヒャンが知らない政事はないという風聞が出るほどだ。

彼女が見るもの聞くものはそのままソンヨルに伝えられる。 彼女、ソンヨルの人だ。多くの男たちが彼女を眺めるが、スヒャンにとって男はひたすらソンヨルだけだ。 ソンヨルは知らない・・・彼女の愛が執念が、いかにすごいのか。

 

ヒョンジョ(현조)  イ・スンジェ(이순재)

夜を歩く士/夜を歩くソンビ イ・スンジェ

男性/71歳/王、ユンの祖父

王朝以来、最も強力な王権を構築した王。機知、知恵、謀略、老練さと果敢さを武器に、嫡流だったヒョヨン大君を押し出して王の座に上った。 (もちろん、クィの助けがあったから可能なことだ)

本心をまったくわかり得ない人物。クィさえも彼を常にけん制している。権力の前では兄弟も子もない残忍さを見せてきたため、誰も敢えて彼の意に反しようとしない。たった一人、孫の世孫ユンだけを除いてだ!

龍虎相搏な王と世孫が会うと毎回、終わりを見るような駆け引きが繰り広げられる。世孫に行き過ぎるほど冷静な王について巷では『死んでも王位を持って行こうとしている』と、噂しているが・・・

ヒョンジョの意は他の所にある。もうすぐクィと対峙しなければならない世孫だ。 彼を無くそうが彼を認めようが・・・クィと相対さねばならない。 ヒョンジョはきつくユンを焼き入れしたし、望みどおりユンは、あまりにも立派な男として王材に成長した。 時が来ている!

 

ノ・チャンソン(노창선)  キム・ミョンゴン(김명곤)

夜を歩く士/夜を歩くソンビ

男性/69歳/左議政、ハギョンの祖父、ヒョンジョの最側近)

無口で温和な人柄で、ヒョンジョのそばを守る人物。領議政チェ・チョルジュンの手管に振り回されるように見えるが、終局は自分の意向通り動かせる政治の実力者である。

サドン世子事件の際、息子を失った後、政界を去って後学を育てながら残った余生を生きようとしたがヒョンジョが許諾しなかった。王が本音を打ち明けられる唯一の人が自分であることを知るために茨の道を喜んで歩いている。

ヒョンジョと長い歳月を共にしたため、傷も本当にたくさん似ている。 宮を、この国を支配するこのために、息子を失って後日を図るしかない彼ら・・・。

孫を守り抜くためのヒョンジョとチャンソンの共同攻撃が始まり、ひそかに強い爺の反乱が始まる。

 

チェ・チョルジュン(최철중)  ソン・ジョンハク(손종학)

夜を歩く士/夜を歩くソンビ

男性/45歳/領議政、ヘリョン’の父、クィの側近

名門宗家の長孫として生まれた。家門を再起するため、昼夜を問わず学問に邁進、優れた世渡りで二十五で正5品司憲院地平(サホンウォン チッピョン)の座まで手に入れた。

10年を世子の間者として過ごしながら忠誠を尽くした。 しかし、ヒョンジョはかえってチェ・チョルジュンを不正官僚に陥れようとして罷免させてしまう。

食事を心配しなければならないほど、家計は苦しく、チェ・チョルジュンは廃人となっていった。そんなチェ・チョルジュンを再び朝廷に呼んでくれたのが・・・他ならぬクィだった。

ヒョンジョの上に君臨する者、吸血鬼!ヒョンジョを最も憎悪する官僚チェ・チョルジュンを利用してヒョンジョを牽制しようとするのだ。

ヒョンジョに捧げた忠誠ほどに、裏切られた傷も深かったチェ・チョルジュンは鬼に変わる。 クィの人になるために娘ヘリョンの命までクィにふるまう残酷さを見せている。

 

チョセン(조생)  チョン・ギュス(정규수)

夜を歩く士/夜を歩くソンビ

男性/45歳/冊契、ヤンソンの養父

正直で賢くて情が多い人物。死にそうなヤンソンを連れてきて妻コッブンにまで自分の血筋と欺いてヤンソンを実の子のように育てる。真の娘バカ。明敏で心性が美しく育ったヤンソンを見ることが人生の楽しみだ。

ヤンソンの凄惨な過去を知るゆえ、ヤンソンの記憶が戻ってこないことを望む。 ソ・ジョンドが死ぬ直前、自分にペク・ホヨンという、弘文館校理(キョリ:교리)に渡してくれと任せたチョンヒョン世子備忘録を隠しておいている。

チョンヒョン世子備忘録にはクィという吸血鬼に関する記録があった。クィの存在を知っている宮殿外の人物。

 

コップン(꽃분)  イ・ユンホン(오윤홍)

夜を歩く士/夜を歩くソンビ

女性/44歳/チョセンの妻、ヤンソンの養母

がめつくて、無愛想だが、俗情が深い女性。夫が外から得てきたヤンソンはコッブンにとって傷だった。それでも一様に親しみを持ってコップンを求めるヤンソンを見ながら俗情が積もっていった。

けれど、ヤンソンによってチョセンが命を失うことになると、チョンヒョン世子備忘録を無き物にしてくれという夫の願いを拒絶して、それをソンヨルに売ってしまう。

その金を手にしてタムを連れて忽然と消え、以降、再び戻ってヤンソンが記憶を探すのに決定的な役割を果たす。

 

ノ・ハギョン(노학영)  ヨ・ウィジュ(여의주)

夜を歩く士/夜を歩くソンビ

男性/24歳/弘文館校理、世孫ユンの莫逆の友

弘文館大提学ノ・チャンソンの孫。名門宗家の長孫に生まれ、愛国を信念と思って生きてきた。しかし、サドン世子の罪を主張して無念に命を失った亡き父を見ながら、その日に家を飛び出して出仕もせず、父親を死なせた老論徒党と現王の野合を、来た民たちに知らせようと壁書を張り始めた。

けれど、長い時間準備したのだが、一日で逮捕された。それも、世孫のユンに!『死すとも下げない』 頭をぴんと保っているハギョンに先に手を差し出したのはユンだった。 世の中を変えてみようと。愛国したい国、忠臣がなりたい国を一緒に作ろうと・・・

傷が似た二人の青年の談合は、そのように始まった。 以後、世孫と同様の夢を見た同志であり友になった。

 

 ホジン(호진)  チェ・テファン(최태환)

夜を歩く士/夜を歩くソンビ

男性/25歳/ソンヨルの部下

ソンヨルのためなら命も惜しくない腹心。こじきで飢えて死にそうだった自分を収めて、名前を与え、職業を与え、人間らしく生き方を教えてくれた恩人ソンヨルの安危がいつも最優先だ。

すらっとした身長に貴族的なマスク、目が見えないほど明るく笑う微笑。けれど、口だけ開けば誰も近づけない超絶頂無知で、強大な外貌が与えるアドバンテージをいっきに飛ばしてしまう人物!!あふれる義理のため、事件事故が絶えない。

頭はダメで、拳は先んじて・・・殴ってしまえば大型事故なので、これを収拾するのはソンヨルとスヒャンの役割だ。

ソンヨルがすることがどれだけ危険なことか知っている。一家を成していない理由もそのためだ。ホジンの人生で命をかけて守らなければならないのはソンヨル一人でなければならないから。

 

タミ(담이)  パク・ソヨン(박소영)

夜を歩く士/夜を歩くソンビ

女性/17歳/ヤンソンの妹

情が多く、笑いが多く、,したいことが多い世間知らず末っ子だ。姉を世界で一番好きだ。

生まれた時から足が不自由で一人で歩けない。それで、これまで姉ヤンソンの背中に背負われて世の中を見て学んできており、自然にヤンソンの価値観がタミの価値観になった。

 

サドン世子(サドン セジャ:사동세자)  チャン・スンジョ(장승조)

夜を歩く士/夜を歩くソンビ

男性/33歳/ユンの父親、ヒョンジョの息子

クィが唯一、友と思っていた世子だ。 幼い頃からクィと学問と政治を論じて友になった。

けれど、クィの正体がわかった後、長く悩んだ末にクィを亡き者にする計画を立てる。

クィが隠しておいた書籍が謀計族譜で、クィを亡き者にする秘記の記録であることを知り、秘記の行方を探している間、クィに感付かれ殺されてしまう。

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 夜を歩く士/夜を歩くソンビ, 韓国ドラマキャスト・登場人物 , , , , , , , , ,