韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

懲毖録(チンビロク:징비록) 第3・4話視聴感想(あらすじ含む)

   

キム・サンジュン(김상중)、キム・テウ(김태우)、イム・ドンジン(임동진)、イ・ジェヨン(이재용)主演のKBS1大河ドラマ

懲毖録(チンビロク:징비록)

の第3・4話視聴感想(あらすじ含む)です。

懲毖録(チンビロク:징비록) キャスト・登場人物

 

懲毖録(チンビロク:징비록)

 

懲毖録(チンビロク:징비록)作品データ

  • 韓国KBS1で2015年2月14日から放送開始の大河ドラマ
  • 脚本:チョン・ヒョンス(정형수)、チョン・ジヨン(정지연)
  • 演出:キ、ウ・サンフィ(김상휘)、キム・ヨンジョ(김영조)
  • あらすじ:リュ・ソンニョン先生が執筆した『懲泌録』の内容を基に、壬辰倭乱が発生する前から李舜臣将軍が戦死した露梁(ノリャン)海戦までの時期に朝廷で繰り広げられる話
  • 視聴率 第3話9.8%  第4話10.3%

 

懲毖録(チンピロク:징비록)第3・4話視聴感想(あらすじ含む)

第3・4話も非常に興味深く視聴しました。オンタイム視聴している日本人ってほとんどいなさそうですが、むちゃくちゃ面白いですよ、このドラマ。

視聴率は先週と左程変わらず10%前後です。しばらくはこの辺りの視聴率で推移しそうです。

当ドラマは壬辰倭乱(イムジンウェラン:임진왜란)の惨劇が題材です。特に書物としての懲毖録の性格からして、視聴を回避する視聴者も多く存在することでしょう。

 

東人(トンイン:동인)鄭汝立(チョン・ヨリプ:정여립)が起こした反乱は、東人に大きな傷跡を残す。

これを口実に西人(ソイン:서인)は攻勢を強め、ほぼでっち上げとも言える罪状により、千人を超すと言われる死者を出す。

それを主導したのが左議政(チャイジョン:좌의정)鄭澈(チョン・チョル:정철)で、その背後には宋翼弼(ソン・イクピル:송익필)がいたと言われている。

宋翼弼はもともと低い身分の出身であったため、兄弟たちは奴婢(ノビ:노비)としての暮らしに甘んじていた。

鄭汝立の乱後に兄弟たちの身分が回復したことからも、領議政(ヨンイジョン:영의정)鵝溪 李山海 (アゲ イ・サネ:아계 이산해)は、彼を罪なき東人を亡き者にした首謀者とみなし憎悪していた。

宋翼弼が捉えられたのもこのような状況からだ。そんな彼がろうの中で柳成龍(リュ・ソンニョン:류성룡)に告げたことは、宣祖(ソンジョ:선조)の欲望をうまく利用したということだった。

事実、粛清された東人は、政治的に宣祖と対立している者達だった。その宣祖のやりようを借刀殺人之計(チャドサリンジゲ:차도살인지계)と表現している。文字どおり借りた刀で殺人を行う手法だ。

朴訥なソンニョンは、宣祖の裏の顔に当面気づくことはなさそうだ。

 

 

西人の黄允吉(ファン・ユンギル:황윤길)を正使、東人の金誠一(キム・ソンイル:김성일)を副使、同じく東人の許筬(ホ・ソン:허성)を書状官として、約150年ぶりに日本へ通信使(トンシンサ:통신사)を送ることとなる。

秀吉の小田原征伐と重なったため、一行は数ヶ月待たされることになる。また、国王(天皇)ではなく関白に会うということに拒否反応を示す金誠一。

実際の交わりでは、小西行長の提案により通訳官が買収され、全くちぐはぐなやりとりが行われた。

小田原攻めのシーンでは、鳴かないホトトギスをどうするかというエピソードが差し込まれるが、ここはスルー。

 

西人(ソイン)側は宣祖を制すことを半ば諦め、比較的御しやすく、宣祖も牽制できるということで、世子(セジャ:세자)擁立に奔走する。ターゲットは光海君(クァンヘグン:광해군)だ。

けれど、妓房(キバン:기방)での密会の現場を宣祖に抑えられ、さらに分党政治をすれば死だと告げられる。

 

補足:柳成龍の官職推移

兵曹判書(ピョンジョパンソ:병조판서)→吏曹判書(ジョパンソ:이조 판서)→右議政(ウイジョン:우의정)

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 懲毖録(チンピロク) , , , ,