韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

太陽の末裔 あらすじ・翻訳後記 ソン・ジュンギ、ソン・ヘギョ、チング、キム・ジウォン主演韓国ドラマ

   

ソン・ジュンギ(송중기)、ソン・ヘギョ(송혜교)、チン・グ(진구)、キム・ジウォン(김지원)、カン・シニル(강신일)主演のKBS2水木ドラマ

太陽の末裔(テヤンエ フイェ:태양의 후예:太陽の後裔)

のあらすじを、ようやく終えることが出来ました。

一度視聴感想を書きましたが、改めてあらすじ・翻訳後記を記述したいと思います。

太陽の末裔 キャスト・登場人物紹介 ソン・ジュンギ、ソン・ヘギョ、チング、キム・ジウォン主演韓国ドラマ

 

 

太陽の末裔 最終回

 

 

太陽の末裔 作品データ

  • 韓国KBS2で2016年2月24日から放送開始の水木ドラマ
  • 脚本:キム・ウンスク(김은숙) 『相続者たち』『シークレット・ガーデン』 、キム・ウォンソク(김원석) 『女王の教室』
  • 演出:イ・ウンボク(이응복) 『秘密』、ペク・サンフン(백상훈) 『学校2015』
  • あらすじ:不慣れな土地、極限の環境の中で、愛と成功を夢見る若い軍人と医者たちを通じて人生の価値を表わすブロックバスター級ヒューマンドラマ
  • 視聴率グラフはこちら → 韓国ドラマランキング

 

 

 

太陽の末裔 あらすじ・翻訳後記

 

まずは、なんとかあらすじを終わらせることが出来てホッとしています。

特に最終回の後ろ半分は1万字を越える分量だったので、指に痛みが出ないように休み休みタイピングしていました。

モヨンが外貨両替をする間接広告のシーン以外はほぼ日本語化しています。

 

実際にこの作業をしてみるとわかると思うのですが、キム・ウンスク作家の脚本は、ほんの一言逃してしまったことで、後で『やっちまった!』と思うことが多々あります。

いわゆる布石というやつです。それを数話またぎでやってくることがあるので、他の作家の作品と違って、ものすごく集中力を使うことに。

なので、並の作家の作品なら、4~5000字で、まさに『あらすじ』で終わるものが、各話1万5千字を超える『翻訳もの』になってしまうのです。

罪作りな女だ!

 

ちなみに、そんな罪作りな女が3人いて、キム・ウンスク作家以外には、星から来たあなた(ピョレソ オン クデ:별에서 온 그대)パク・ジウン作家と、その冬、風が吹く(ク キョウル、パラミ プンダ:그 겨울, 바람이 분다)ノ・ヒギョン作家がそれに当たります。

当サイトの中でツートップという表現をすることがありますが、キム・ウンスク作家とパク・ジウン作家の二人を指しています。彼女たち二人はナチュラルな天才かと。

ノ・ヒギョン作家は少し性格が違って、精度の高さがすさまじい、ある種精密機械のような印象を持っています。

そのため、彼女たちの作品は、ついついあらすじが『翻訳もの』に化けてしまいます。

 

 

翻訳の際の表現は原文のままに

特に当サイトで試みていることです。

極力意訳を使わずに、原文に忠実に日本語に変換しようとしています。

なので、出来上がった日本語は、かなり怪しい日本語になっています。

もともとちゃんとした勉強をしたことがないので、訳事態も怪しいし・・・。

 

その上、映像と一緒でないと、いまいちよくわからない仕上げにもなっています。

そのため、単独での読み物としてはすっきりしないことでしょうね。

 

もちろん、流れるような意訳にすることは、僕の日本語能力の範囲内である程度可能です。

けれど、それはプロの皆さんがやっているし、スカパーなどで視聴すればいいわけで、同じことをしても面白く無いんですよね~。

もっとも、プロと同じレベルの意訳は出来ません。

僕はアマチュアなので(笑)

 

そのあたりのことにちょっと触れていきます。

 

 

太陽の末裔

 

 

漢字語はほぼそのままに?

韓国人自身はあまり気づいてないようなのですが、口語の中にも日本では一般に使われない単語が多々出てきます。

許すという意味の許諾(ホラク:허락)、残念という意味の遺憾(ユガム:유감)などが頻出でしょうか?

後者などは国会答弁でよく聞きますね(笑)

この辺りの言葉はさすがに口語的に変換していますが、中には変換していないものもあります。

ぱっと思い浮かびませんが、「どうしてこんな硬い言葉を?」と思ったら、そのパターンだと思ってください。

 

また、日本語にはない漢字語を、そのまま表記していることも。

これまたぱっと思いつきませんが、字面で意味はわかると思います。

 

さらに、日韓共通の言葉もまた、そのまま漢字にしています。

というより、ほとんどが和製漢語が韓国に定着したものですね。

特に軍隊用語は日本語が多い印象。

最終回からさっとピックアップしても、『受信良好』『送信』『団結』『月給』『最善』『視線』『俗物』などは日本語と全く同じ言葉です。

 

 

副詞の表現が難しい

最終回のウルクの海辺で、シジン『タク ソムニダ(딱 섭니다)』と言ったシーンがありました。

訳は『ぴったり立ちます!』にしています。

辞書の範囲内でも『ぴったり止まります!』にできる表現ですが、個人的な感覚で『서다』は立つという訳を使用することが多いです。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

日本語としてすっきりさせるなら『止まる』の一択なのですが、韓国語のニュアンスを伝えるには『立つ』のほうが雰囲気が出るような気がするのです。

この辺はボクの感覚がそうなってるだけかもしれませんが、よりプリミティブな表現を選択する傾向にあります。

 

おっと、いきなり脱線して動詞の話をしてしまいました。

ここでの副詞は『딱』の部分です。

ずっとドラマのあらすじを起こしていて、いつも日本語化に悩むのが副詞なんです。

このようなシーンの場合、日本語だと、『止まれよ!』『そこに止まれ!』という表現になるでしょう。

副詞無いですよね?

おそらくプロの方たちも、このような副詞は訳してないと思います。

無いほうが日本語としてすっきりするから。

けれど、当サイトでは無理やり訳しています。

なので、違和感を感じたら、副詞はすっ飛ばしてください。

 

ちなみに、この他にも、韓国語では口語に副詞がものすごく多用されています。

韓半島は伝統音楽の系譜からも分かる通り、農耕民族の日本が四拍子なのに対し、騎馬民族の韓国は三拍子が主体です。(タイでよくお会いしていた音楽家の早川大地さんに教えてもらったこと)

パンソリなんかも四拍子のようで三拍子なんですよね~。

そのため、現代韓国語にもその名残があって、副詞で調子を整える傾向があるのではないかと思うのです。

そして、そういった調子を取る言葉は、日本語の対訳があるものでも、実際に日本語化するのは難しいことが多いです。

これもまたボクの感覚なので、アカデミックな見解は違うかもしれませんが、市井レベルではあっていると思います。

 

 

疑問形じゃないのだけれど

同じ『タク ソムニダ(딱 섭니다)』で解説します。

直訳すると『ぴったり止まります!』です。

けれど、シジンは日本語にすると、『そこに止まれよ!』または『そこに止まって!』というニュアンスで言っているんです。

このような表現手法が、『太陽の末裔』では多々見受けられました。

そしてその都度、言葉選びに迷うのです。

プロが訳すと間違いなく意訳するのでしょうが、敢えてそのままの表現にしています。

このあたりも、そのシーンの雰囲気で類推していただければと思います。

 

 

助詞はどこに?

韓国語には連音化があるので、なれないうちは助詞、いわゆる『てにをは』が聞き取りにくいですよね?

けれど、『太陽の末裔』では、この助詞が使われていないセリフがものすごく多かったです。

これもまた翻訳するときにフリーズしてしまう箇所なのですよ。

結局のところ、極力助詞を付加しない方針をとった上、やむを得ず付加したところもありました。

感覚的には半々かな~。

 

かといって、明確な基準を設けたわけではないので、助詞がついていたりついていなかったりと、バラバラです。

全てに助詞をつけたほうが日本語的にはすっきりするのですが、原文のリズムと狂いが生じてしまうのが悩みどころ。

なので、これについても、足りない助詞は類推してください。

 

 

~であります!

テヨンミョンジュの手を握り、ユン中将に会いに行ったシーン。

いきなりミョンジュが妊娠したと言ったため、焦ったテヨンは『ア、アニジ マリムニダ:아,아니지 말입니다』と答えました。

一般的な韓国語表現であれば、『アニムニダ:아닙니다』ですよね?

これは軍隊的な表現方法です。

当サイトでの訳は『ち、違うであります』にしています。

 

これについては、最初の頃は普通に『違います』にしていたような気がします。

自分でもちょっと覚えてないです。

また、同じセリフでも、シジンとの会話の場合は『違うというのです』にしているはずです。

これについては、以前のコラムにも書いているので、ご参考に!

軍の階級やシジンの話し方など 太陽の末裔 副読本

 

その他にも、同一セリフ内での時勢の不一致や、標準的口語と軍隊式表現のごちゃ混ぜなど、翻訳するにあたっては、直訳で行くべきか修正すべきかに悩む箇所も多々ありました。

概ね原文のままにしているため、変な日本語になっています。

 

 

日本ではお蔵入りに?

熊本で起きた地震。うちも結構揺れました。古民家なのでギシギシと。

ちょうどあらすじを書いていたので、死者も出ていることを知って思ったのが、『太陽の末裔』の日本でのお蔵入りでした。

さすがに、近々に大地震で死者の出るドラマを放送する訳にはいかないでしょう。

どこが購入したのかは知りませんが、2億近い投資がタイムリーに回収できない恐れがありますね。

地震の部分を全てカットして放送するしか無いのかな~。

 

 

キム・ウンスク作家の次回作に期待!

いつもそれなりに休息を取るキム・ウンスク作家ですが、すでに次回作の話が出ています。

今回は事前撮影作品だったので、視聴者が思っているずい分前に執筆作業は終わっていたのでしょうね。

中国との同時放送の辛味で、台本を修正することも出来なかったはずだし。

 

そして、その作品は、tvNで放送されるトッケビ(도깨비)で、主人公にコン・ユ(공유)がキャスティングされています。

まだ台本は出来ておらず構想だけのようです。

トッケビとは、『鬼』だとか『おばけ』という意味ですが、『トッケビ』のままがいいかな?

東洋的な幽霊をモチーフにするとかしないとか。

 

それにしても、キム・ウンスク作家までケーブルに進出するなんて!

群雄割拠すぎですね~。

 

まだいつの放送になるかはわかりませんが、他局に良い作品のないタイミングで放送して欲しいですね!

とりあえず今週はスペシャルが三夜連続で放送されます。

見逃さないようにしましょう!

 

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 太陽の末裔 , , , , , , ,