病院船 第31話・第32話あらすじ ハ・ジウォン、カン・ミニョク主演韓国ドラマ

病院船 第32話あらすじ

臍帯脱出と診断するウンジェ

そのため、このままでは胎児が危険で、頭を押すので痛みが出ると告げる。

(臍帯からの胎児への酸素供給が遮断されるらしい)

霧のためヘリが動けない状況だ。

産婦人科はインターンで経験しただけど直接したことはないとウンジェ。

ピョ・ゴウンは産婦人科の手術室の経験が3年ある。

そんな状況だがヒョンとウンジェでやるしか無い。

 

 

チェゴルは36週なのかとヒョンに確認を取る。

そして、一旦手術から入れ、残りはオレがいいようにすると言う。

 

手術が始まる。

体温維持のためのインキュベーターを用意しようとしているチェゴル。

自分のダウンジャケットを切断して作る。

帝王切開で女の子が無事誕生する。

チェゴルのことをマクガイバーだと思ったと、チョン看護師

 

甲板で涙しているチュニョン

将来、妻が子を産むのを見てられないようだなどと言っている。

恋人もいないのに妻の心配までと、アリム

また、勇敢なチュニョン先生の妻に乾杯とも。

 

 

母親と子供を搬送するヒョンとウンジェ。

意識を回復し、子供を抱きたいと、母親。

体を起こしてやるヒョン。

ママのせいで小さく生まれたのね、ごめんね、一ヶ月早く生まれさせて・・・会えて嬉しいわと、母親。

(帝王切開直後に体起こせないでしょ!)

 

医療系のオールラウンドプレイヤーになるなと、カン先生

いいことじゃないです、こんなことが起きないように毎日お祈りしたい心情ですと、ウンジェ。

オレの気持ちも一緒だ、こいつ!そうだけど、天にいる人はすごく忙しいのか、いくら祈ってもよく聞いてくれないと、カン先生。

また、自分が当直を変わってやるとも。

 

反対に行こうとして、更にはつまずくウンジェに、信じていいのかな?土曜日に行くところを一人で決められる?なんでもないところに引っ張っていかれるんじゃ?と、ヒョン。

いいえ、絶対にそんなことはないわと、ウンジェ。

 

 

生命の誕生に喜んでいるスタッフたち。

 

そんな中、チュ・ウォンゴンパン・ソンウは、外科がなくなることに頭を抱えている。

姿も見えないウンジェは、明日のデートの予定を綿密に立てていた。

 

 

バスケの練習に勤しむチェゴル。

まだ激しくはできないヒョン。

それなら100%勝てるな、もうフェアプレーはしないつもりだと、チェゴル。

こうして、ワン・オン・ワンを始める二人。

おまえが本当にイイやつなのをわかってるか?だからお前はより悪いやつだ・・・と、チェゴル。

そして・・・男の自分が考えても本当にいいやつで、初めて本心から好きになった女性を連れ去っても、決心して憎むことができないじゃないか・・・悪いヤツと、心のなかでつぶやく。

 

 

初デート。

タイムスケジュールどおりにレストラン、映画館と移動する二人。

すっと切れるはずのステーキが上手く切れず、面白いはずの映画で寝てしまうウンジェ。

見てもないのに感動的だったとの感想。

そして、次のイルカショーに行こうとした時、ヒョンが引き止める。

道は間違えてなかったが、ヒョンは海と島の見渡せるカウチのあるデッキテラスに連れ出す。

 

あんな空を初めて見るでしょ?と、ヒョン。

ええ、空があそこにあることも知らなかったわと、ウンジェ。

だから、そうがんばらないで、気を使って何かをしようとせずに・・・ボクは君が少なくてもボクのそばに居るときだけでも、君が少しのんびりして、楽にすれば嬉しいなと、ヒョン。

その言葉通りに、うたた寝をしているウンジェ。

このように・・・と、ヒョン。

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

コメント