風と雲と碑 第15話視聴感想(あらすじ含む) パク・シフ&コ・ソンヒ主演韓国ドラマ

スポンサーリンク

パク・シフ&コ・ソンヒ主演TV朝鮮週末ドラマ

風と雲と碑(パラムグァ クルムグァ ピ:바람과 구름과 비)

の第15話視聴感想(あらすじ含む)です。

 

 

風と雲と雨(碑)ポスター

 

 

スポンサーリンク

風と雲と碑 作品データ

  • 韓国・TV朝鮮で2020年5月18日から放送開始の週末ドラマ
  • 脚本:パン・ジヨン(방지영)
  • 演出:ユン・サンホ(윤상호) 『異夢』『師任堂ー色の日記』
  • 原作:李炳注(イ・ビョンジュ:이병주)の歴史大河小説
  • あらすじ:運命を読む朝鮮最高の暦術家であり、命吏を武器に活用する主人公の、美しい挑戦と哀切な愛、そして彼と彼の愛を脅かすキングメーカーたちと繰り広げる王位争奪戦を描いたドラマ。

 

 

風と雲と碑 キャスト・登場人物 パク・シフ&コ・ソンヒ主演韓国ドラマ
パク・シフ&コ・ソンヒ主演TV朝鮮週末ドラマ、風と雲と碑(パラムグァ クルムグァ ピ:바람과 구름과 비)のキャスト・登場人物(出演者)紹介です。

 

 

スポンサーリンク

風と雲と碑 第15話視聴感想(あらすじ含む)

視聴率グラフはこちら↓

 

https://kanenta.com/weekend/20200705/

 

 

風と雲と碑 第15話ピックアップ

もしも、そなたの息子が宝位へ上がったなら、本当に壮洞金門の60年を終わらせることができるのか?と、趙大妃(チョ テビ:조대비)

約束いたしましょう・・・新たな王が金門の60年を終わらせるでしょう、大妃の前でひざまずくことでしょうと、興宣君(フンソングン:흥선군)李昰應(イ・ハウン:이하응)

 

金左根(キム・チャグン:김좌근)に会いに来ているチェ・チョンジュン

金炳學(キム・ビョンハク:김병학)ナハプも同席している。

大監の40年の官運はすでに終わりました・・・自ら政治的に死んでください、新たな人物・興宣君を受け入れてください、そうすればこの家門が生きますと、チョンジュン。

不倶戴天の的だが復讐よりも朝鮮が生きる道を選んだ、父ならそうしたはずだからとも。

 

チョンジュンの予想通り金炳雲(キム・ビョンウン:김병운)はイ・ハウンを殺そうとしていたが、キム・チャグンに止められる。

 

哲宗(チョルジョン:철종)升遐(スンハ:승하)

ポンニョンを生涯守れとの御命を思い出すチョンジュン。

 

キム・ジャグンは玉璽(オクセ:옥새)の確保を忘れる大失態。

大妃が手にしたことで主導権が大妃に移る。

イ・ジェファンは追尊翼宗(イクチョン:익종)と大妃の養子に入り、宝位へ上がることとなる。

 

チェファンに父として最後に下問するイ・ハウン。

君子として最も重要なものは忠と孝のどちらかと。

孝と答えるチェファン。

忘れるな、孝をないがしろにすることは、人ではなく獣のようなものだと、イ・ハウン。

 

イ・ジェファンが即位する。

高宗(コジョン:고종)だ。

 

疫病だけでなく次期王までも的中させたチョンジュン。

占ってほしい者が大挙してくる。

赤道士に任せるチョンジュン。

 

生きている大院君が初めてのこととあって、興宣大院君(フンソンデウォングン:흥선대원군)の処遇を論議する朝廷。

反対意見も出る中、父への孝を重視して政治に関与することを認める高宗。

 

チョン・ギョンイルと名乗るフランス人ベルヌーがいたことで驚くヨン・パルリョンたち。

西洋の知識を与えるかわりに匿ってくれと、チョンジュンに頼む。

 

放心状態のチェ・インギュを大妃付きの尚宮が呼びに行く。

イ・ハウンの監視をさせることにする大妃。

 

これまでの労をねぎらうべく、雲峴宮へ皆を呼ぶイ・ハウン。

彼を國太公(ククテゴン:국태공)閣下と呼ぶチョンジュン。

疫病が終わったのであそこから人を戻さなければなと、イ・ハウン。

そういった話もしていると、ヨン・パルリョン。

 

チョンジュンは官職を辞退していた。

独立して進むべきと、その判断に同意するポンニョン。

これからは対外勢力のことを考え未来に備えると、チョンジュン。

人を訓練すると、ヨン・チソン

三田渡(サムジョンド:삼전도)の屈辱を二度と起こさないためにと、集落のある三田渡の名を取り三田道場と命名する。

 

チェファンが王になったことで、ハメを外している閔玆暎(ミン・ジャヨン:민자영)の養兄・閔升鎬(ミン・スンホ:민승호)

 

漢陽(ハニャン:한양)を、王宮を見下ろす位置に拠点を構えたチョンジュンのことが気に入らない様子のイ・ハウン。

 

 

風と雲と碑 第16話視聴感想(あらすじ含む)につづく

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

コメント