韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

トッケビ 第2話あらすじ コン・ユ、キム・ゴウン主演韓国ドラマ

      2016/12/08

後輩の死神から、「その他の漏れている者」の書類を受け取る死神

どうしてできたのですか?聞いたことはあるけど処理したことはなくてと、後輩。

神の気まぐれのようなものだ、人間たちはそれを奇跡だと呼び、オレたちはそれを、その他の漏れている者と呼ぶんだろと、死神。

わ~、それなら、先輩の件も奇跡ですか?と、後輩

より特異なケース、生死簿にも名簿にも名前がなくて、どんな根拠でどう適用すればいいかわからないと、死神。

聞くだけでも頭が痛いですと、後輩。

そんな業務の話や、引っ越しの話、後輩の生活が苦しいという話、23期の中にすごくきれいな子が入ったという話などをしていた二人。

いや、二死神。

そこに、揉める男女が入ってくる。

女性が轢かれた方で、男性が飲酒運転をして事故を起こした方のようだ。

どうやら死神の被補足者だったようで、早速声をかける死神。

彼は西暦を使わず、丙申年(ピョンシンニョン)と干支で日付を告げる。

 

 

トッケビ

 

 

死神の茶店。

女性の方だけに例の記憶を消す茶を煎れる。

本当にすべて忘れなければならない?あの人間に対する恨みも?と、女性。

忘却もまた神の配慮だと、死神。

どうして自分にはないのかと、男性。

死神は、人を死に至らしめたのが今回が初めてではないことを指摘する。

まさに、ウンタクの母を轢いて捨てた男だった。

初めには、茶一杯飲めなかったこの瞬間を後悔するだろう、次には、茶一杯飲めなかった理由を振り返るだろう、そして悟るだろう、そのどんな瞬間も取り返しがつかないことを、そしてお前はすでに地獄にいるということを・・・

全身が毎日、粉々に裂けるだろう、苦痛にもがく毎瞬間、お前はお前がしたことを後悔するだろうが、その苦痛は終わらないだろう、永遠にと、死神。

その話を聞いて茶を飲み干す女性。

跪き、許しを請う男。

さあ、元来(神は)神経質なほうで・・・生の記憶をそっくり持ったまま、地獄を生きている者を1人知っているさ、彼もまた数限りなく祈っただろう、許してくれと、けれど意味はなかっただろう、彼はいまだに、地獄の真ん中に立っているから・・・と、死神。

 

 

墓の前に立っているトッケビ

共に高麗(コリョ:고려)を離れて来た、幼い孫の孫の孫を埋めた。

ユ・グムソン・・・高麗で生まれこの国の地で眠る

ユ・ムンソン・・・良き友、良き師、ここに眠る

ユ・ハノ・・・ようやく、この上ない自由を

この生を賞だと考えたこともあるが、結局私の生は、罰だった・・・その誰の死も、忘れられなかった・・・と、トッケビ。

(剣を引き抜こうとするが抜けない)

その間安らかだったか?と、墓標に語りかけるトッケビ。

私は今もこうして生きていて、安らかでなかったな・・・とも。

 

トッケビを見つけるウンタク

少し離れた場所に座り、トッケビに照準を合わせてたんぽぽを吹く。

日が暮れて立ち上がり、ようやくウンタクに気づくトッケビ。

おとなしくしとけと言ったろ?と、トッケビ。

おとなしくしてたわよ、何をしてたか知らないで・・・会う用ってここだったの?と、ウンタク。

すべて終わった、行こうとしてたところだと、トッケビ。

ところで、おじさんだけ墓碑銘がないわね、毎回このように住んでいた所を離れるの?何回も?と、ウンタク。

数えてみなかったと、トッケビ。

うなずき、墓碑に一礼し・・・こんにちは、チ・ウンタクです、おおよそ200年後におじさんの新婦なる人ですと、ウンタク。

違うぞと、トッケビ。

違うようです、それでも、約200年後にもおじさんは、相変らず素敵です、時折ダメですが、まっすぐうまく育っているから、そう心配しないでください、それでは・・・行きましょ!と、ウンタク。

 

長く過ごしたの?ここ?と、ウンタク。

小屋からホテルなどが立つほどに、離れまた戻り、離れたりした、初めて故郷を離れ定着したのがここだったんだと、トッケビ。

惜しいわね、その時その小屋を買わなきゃならないのに、そうしたらそのホテルおじさんのものなのに・・・まさかあのホテル・・・と、ウンタク。

その眼差しはなんだろう?と、トッケビ。

キャンディーを差し出し・・・これ召し上がりますか?と、ウンタク。

お前これはどこから出た?金がないじゃないか!と、トッケビ。

だから盗んだわ、早く召し上がって、早く食べてなくさないと!と、ウンタク。

なに?と、トッケビ。

フフフ、信じてる、それ・・・珍しくて見つめてるから、可哀そうでくれたの、ところでほんとにそのホテルおじさんのものなの?と、ウンタク。

遅れてないか?と、トッケビ。

どこに?と、ウンタク。

学校と、トッケビ。

今韓国の何時?と、ウンタク。

午前10時と、トッケビ。

思わず顔を手で塞ぎ・・・あ~、死んだ、担任に・・・私そのままここで暮らそうか?遅刻より不法滞在者がいいでしょ?そうでしょ?と、ウンタク。

キャンディーを返し、歩いて行くトッケビ。

 

光化門から韓国に戻ってくる二人。

あ~、よく寝た・・・夢から覚めたようで、私、外国旅行に行くなんて想像も出来なかったの、お陰で外国にも行ってみて、今日はありがとうございました、それでは私はこれで、夢から覚めたからもう登校しないと・・・

私がもしかして今日迷惑をかけてたとしても、一度だけ受け入れて、私が本当にとても楽しくてそうしたのだから・・・と、ウンタク。

そして、走って学校へ行く。

 

もちろん学校で担任に絞られる。

担任は両親のいないウンタクを冷遇している。

1 2 3 4 5 6 7

スポンサードリンク (sponsored link)

関連記事

 - トッケビ , , , , , , , ,