韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

スリーデイズ(3Days)第8話あらすじ1/3 視聴率11.0% 父の姿、警護室からの離脱、機密文章の内容

      2014/04/03

パク・ユチョン(박유천)パク・ハソン(박하선)主演のSBS水木ドラマ

スリーデイズ(3Days:쓰리데이즈)

の第8話あらすじ&視聴感想(ネタバレあり)1/3です。

スリーデイズ(3Days)キャスト・登場人物紹介 ユチョン主演韓国ドラマ

 

スリーデイズ(3days)

スリーデイズ(3Days)作品データ

  • 韓国SBSで2014年3月5日から放送開始の水木ドラマ 全16話予定
  • 脚本:キム・ウニ(김은희)  『幽霊(ファントム)』『サイン』
  • 演出:シン・ギョンス(신경수)  『根の深い木(プリキプン ナム:뿌리깊은 나무)』
  • あらすじ:大統領の暗殺を取り囲んで起る事件を背景に、大統領を暗殺者から守り抜く人々の様々な
  • 第8話放送日:2014年3月27日
  • 第8話視聴率:11.0% 同時間帯2位  過去の視聴率データ → 韓国ドラマランキング

スリーデイズ(3Days)あらすじ

父の姿

『私は退くことはできないのです。そのことをする前まで、私はこの国の大統領であらねばなりません。その時まで私を守ってくれることができますか?』と、イ・ドンフィ

2012年12月の回想

初めて出動するテギョンに、自分は今年で13年目だが緊張するのは同じだ、特に今日のような日はとアドバイスするハム・ボンス。イ・ドンフィが大統領となり、初めて警護システムが発動された日だ。

ハム・ボンスが今日から最期の日までを共にする警護官だと説明する。イ・ドンフィはその中でもすごく若いテギョンに目が行く。若くても才能があると説明するハム・ボンス。

自分の代わりに死ぬにはとても若いというイ・ドンフィに、そうできる、自分にとっての最初の大統領だから、必ず守るとテギョン。(回想終わり)

 

『その時私は、すべてのものを持ったと思いました。私が考えた通り世の中を変えることができると勘違いしたのですよ。もう私に残ったものは何もありません。国家情報院、検察、警察さらに、大統領府内部のその誰も、信じられません。 私が信じられる人はハン・テギョン警護官だけです。

名前だけの大統領ですが、私は必ずしなければならないことがあります。その時まで私を守ることができますか?』と、イ・ドンフィ。

『私は、よくわかりません。以前はすべてのことが確かだったのに、もう、自信がなくなってしまいました。こんな状態で警護室に残ることはできません。わたしはここまでということのようです』と、会釈をして退出しようとするテギョン。

『一つではありません。ハン・ギジュン主席が調査した資料、キム・ギボム将軍とヤン・デホ大佐が調査した当時の軍部隊の調査資料、ファンドマネジャー キム・ウヨンが調査した北朝鮮に伝えられた秘密資金の出処。

各自、自分が身を置いていた組織で証拠を集めた、各自の機密文書を集めたのが、お父様が持っていた機密文書98です。

それを私に、チェ・ジフン特別検査に伝えようとして亡くなったのです。お父様は16年の間、一人で孤軍奮闘されました。 私に事実を知らせて気が合う他の人も集めたでしょう。 一度も放棄をご存知なかったです。

そのようにされた最も大きい理由は、その誰より息子に堂々としようとされたことです。わたしを信じることができなくても。 お父様のお心だけは疑わないでください』と、イ・ドンフィ。

会釈して退出するテギョン。家に帰り自分の警護官のIDを手にするテギョン。そして、大統領がどんな人なのか関係ないというハム・ボンスの言葉を思い出す。

 

大統領執務室で待っているシン・ギュジン。部屋に戻ってきたイ・ドンフィはそこに座りたいのかと問う。もちろん冗談だが・・・。

35名の側近が辞職書を出し、他の職員も同様していると報告するシン・ギュジン。 どうして秘書室長波の辞職書はないのかと問うイ・ドンフィ。最初から一緒だったので、最後まで共にすると、シン・ギュジン。けれど背を向けて、嫌な笑いをする。

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - スリーデイズ(3Days) , , , , , , , , , , , , ,