韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

商売の神 – 客主2015 第3話第4話視聴感想(あらすじ含む) チャン・ヒョク、ユ・オソン、キム・ミンジョン主演韓国ドラマ

   

チャン・ヒョク(장혁)、ユ・オソン(유오성)、キム・ミンジョン(김민정)、ハン・チェア(한채아)、パク・ウネ(박은혜)主演のKBS2水木ドラマ

商売の神 – 客主2015(チャンサエ シン – ケクチュ2015:장사의 신 – 객주 2015)

の第3話第4話視聴感想(あらすじ含む)です。

 

商売の神 – 客主2015 キャスト・登場人物紹介 チャン・ヒョク、ユ・オソン、キム・ミンジョン主演韓国ドラマ

 

商売の神 – 客主2015

 

 

商売の神 – 客主2015 作品データ

  • 韓国KBS2で2015年9月23日から放送開始の水木ドラマ
  • 脚本:チョン・ソンヒ(정성희) 『近肖古王(クンチョゴワン)』『自鳴鼓(チャミョンゴ)』 、イ・ハノ(이한호)
  • 演出:キム・ジョンソン(김종선) 『広開土大王(クァンゲトデワン)』『大祚榮(テジョヨン:대조영)』
  • あらすじ:閉門したチョン家客主の後継者チョン・ボンサムが市場の客引きから始め、商団の行首(ヘンス)と大客主を経て巨商として成功する話

 

商売の神 – 客主2015 第3話第4話視聴感想(あらすじ含む)

本題に入る前に、チャン・ヒョクの前作、輝いたり狂ったり(ピンナゴナ ミッチゴナ:빛나거나 미치거나)のDVDが発売されたようですね。

全く情報を追跡していなかったので、:邦題が『輝くか、狂うか』になったのも知らず・・・(汗)

 

 

いつも言っているのですが、ドラマ製作時に日本向けの題を付けてほしいんですよね~。後で情報を修正しないといけないし。

星から来たあなた(ピョレソ オン クデ:별에서 온 그대)なんて、最初から中国題も日本題もついてましたよ!こういった姿勢を見ただけでも、企画会社の戦略レベルの高さがわかるものです。

 

もっとも、ボク自身も当時何かしら思うところがあったようで、輝いたり狂ったり(邦題:輝くか、狂うか) 第9・10話視聴感想(あらすじ含む) チャン・ヒョク、オ・ヨンソ主演韓国ドラマの台詞の訳をしたあとに、「『輝いたり狂ったり』より、『輝くか狂うか』の方がニュアンス的にはしっくりきます」と書いていました。

これを採用しなかったところがボクらしい詰めの甘さですね(笑)

 

 

視聴率は第3話が6.0%、第4話が6.7%と先週動揺のレンジで推移しています。順位も2位に4%ほどの差をつけられての3位です。

最大の問題点は前フリを引っ張りすぎて主要キャストを温存しすぎてしまったことでしょう。第4話の2/3あたりからようやくチャン・ヒョクが登場しましたが、他の主要キャストは未だに登場していません。

同時間帯のトップを独走していたヨンパリが終了するまでどうせ数字は取れないからとの計算なのかもしれませんが、戦略ミスだった可能性が高いです。

例えば、50話の長編ドラマだったり、太陽を抱く月(ヘルル プムンタル:해를 품은 달)のように、ベテラン売れっ子子役を大量に投入したりすれば、問題はなかったでしょう。

けれど、20話前後の作品で最初の掴みの4話をこのような形にすると、視聴者が食いつきにくいのも確かです。

20%を超える視聴率の首位が抜けるため、来週からが勝負です。うまく波にのることができればよいのですが・・・。

 

 

さて、第4話の2/3まあでは過去の話が延々と繰り広げられました。要するにここまでは物語の説明であって、キャスト・登場人物紹介でわかる範疇です。

 

父を見殺しにされたと思ったソゲがアヘンを運び千家商団を陥れ、門番の兵との争いを誘い、その結果、兵が二人死亡しました。

商団でも一人死亡し、賄賂でなんとか解決する手はずだったものの、キム・ハクジュンの奸計により、人数合わせでもう一人死なねばならないということになります。

ソゲがしでかしたことだとわかっているチョン・オスでしたが、自らがすべての責任を取り死ぬことを選びます。ソゲには恨みではなく、娘のソレと時が来たら婚姻しろとの言葉を残して。

 

そのソゲはソレを捨て、父の遺言を達成すべく、六矣廛大行首のシン・ソクチュのところに押しかけ転がり込みます。

ソレもまた、天然痘にかかり瀕死のポンサムを捨て妓女(キニョ:기녀)になる道を選び、仇キム・ハクチュンの女となります。キム・ハクチュンは5年間の猶予を与えソレを飼うことに。

キム・ハクチュンがソレを飼うことになったのは、自分が受けた屈辱を埋めるべく助力してくれると言われたからです。もちろん彼はソレの正体を知りません。

キム・ハクチュンの屈辱とは、庶子であるため弟のキム・ボヒョンに裏切られ、彼の不正を知ったシン・ソクチュに、100万両の値が付きそうだった千家客主をたった3万両で売るはめになったことでした。

キム・ボヒョンはシン・ソクチュから、税収を管理する官庁の宣惠廳(ソネチョン:선혜청)の堂上という高位の役職に就けることを約束され、あっさりと兄を裏切ってしまいました。いわゆる堂上官(タンサングァン:당상관)です。

キム・ハクチュンが正妻腹の子であれば決してこのような裏切りはありませんが、彼は妾腹の子でした。

 

医員の家に置き去りにされたポンサムは、負褓商団(プボサンダン:부보상단)の下部組織である童蒙廳(トンモンチョン:동몽청)に入ります。

10年後、牛商人として身を立てたチョ・ソンチュンが童蒙廳にやってきて、自分の仕事を手伝わせる者を選出するため試験を行います。20両渡して50両にしたものを合格とする内容です。

ポンサムはいい加減な態度を取りながらその話を聞きつつ、その試験に立候補して、鶏商人を騙して金を作ります。

もちろん、商人の戒律を無視し騙しの手法を使ったポンサムをチョ・ソンチュンは認めません。

けれど、牛革の密貿易をしていたじゃないか、それは泥棒だろとポンサムが指摘したことで、チョ・ソンチュンはぎょっとします。

そして、彼の姓がチョンで、チョン・オスの息子だと知り驚愕します。

 

商売の神 – 客主2015 第5話第6話視聴感想(あらすじ含む)に続く

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 商売の神 – 客主2015 , , , , ,