韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

雲が描いた月明かり 第15話あらすじ パク・ボゴム、キム・ユジョン主演韓国ドラマ

      2016/10/12

運命もまったく奇だな、父は逆賊、娘は社堂牌(サダンペ:사당패)広大(クァンデ:광대)ごとだと?と、ラオンのことを話すキム・ホン

両親の助けなしにもちゃんと生きて来た人ですと、ユンソン

まさか内官のまねをする逆賊の娘が気に入っているのか?・・・こんなダメな奴のように、女人を描きたければ話をするだけしろと、女人を抱きたければ抱けと言わなかったか?この部屋に10だろうと100だろうと妓女(キニョ:기녀)たちを呼べと言わなかったか?と、キム・ホン。

お祖父様のように?一夜抱いて捨てれば良いのですか?女人でも人でも、さらに子でも、必要ならば抱いて、使い道が尽きれば投げ出し、それが我が家門の伝統ですか?私は?私もそう生きれば良いですか?と、ユンソン。

何がそう嫌なのだ?と、キム・ホン。

お祖父様が描かれている絵です、私を念頭に置おき、じわじわ準備してこられた、その大きい絵と、ユンソン。

そうだ、私が準備してきた我が家門の百年の大計、お前のその大きな未来、その全てのものがみな嫌だというその話か?と、キム・ホン。

はい。 私は粗悪で浅はかでも、私だけの絵を描いて生きますと、ユンソン。

 

 

雲が描いた月明かり

 

 

ラオンに会うヨン

何の用で訪ねられましたか?と、ラオン。

どうしてそう警戒を?後を追う人がいたのか?もしかして、私が会おうと言って、お前を危険にさせたのか?と、ヨン。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

邸下のそばにいる今が、最も危険なときでしょう、邸下の命令一言で、すぐに引きずられて行く境遇ではないですか?と、ラオン。

ラオン・・・と、ヨン。

小刀を抜くラオン。

下ろし置け、私の口でお前を害しはしない、こんな話にもならない話をしなければならないのか?と、ヨン。

私に対して何もご存知なかった時とは、多くのことが変わりました邸下と、ラオン。

何の話だ?と、ヨン。

殿下がとても調子が悪いと聞きました、十年前、私の父のために得た心の病いでと、ラオン。

ケガするぞ、その刃物を置いて話せと、ヨン。

邸下も恨みが多いでしょう、けれど、私もまた同じです、私の父を、極悪な逆徒に追い立てて死なせた方が誰ですか!と、ラオン。

ラオンの手を握り、腕飾りに刃を当て切るヨン。

小刀を落とすラオン。

何を言っても、全て信じてやると言ったではないか、お前のウソ・・・わかったからやめろ・・・二度と、二度と会うことはないのでと、ヨン。

互いに涙するしか無かった。

 

 

嘉礼(カレ)。

どうしてもラオンのことを思い出してしまうヨン。

礼服を着て式に臨もうとしている。

式の始まりを待つハヨン

 

ラオンが戻ってきたと思った母だったが、現れた男を見て驚いてしまう。

 

王に判義禁府都事(パンウィグムブトサ:판의금부도사)から急報が入る。

驚いた様子のハン・サンイク

 

ラオンが家に戻ると家が荒れていた。

そして、母が気力を失っていた。

 

チョン内官が王が倒れたとヨンに伝える。

その理由は、洪景来(ホン・ギョンネ:홍경래)が追捕されたからのようだ。

 

 

雲が描いた月明かり 第16話あらすじに続く

文責:韓国ドラマあらすじ団

1 2 3

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 雲が描いた月明かり , , , ,