韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

未来の選択 第12話あらすじ(ネタバレ含む) 視聴率4.7%

   

ユン・ウネ(윤은혜)、イ・ドンゴン(이동건)、チョン・ヨンファ(정용화)、ハン・チェア(한채아)主演の韓国ドラマ

未来の選択(ミレエ ソンテク:미래의 선택)

第12話あらすじ(ネタバレ含む)&視聴率情報です。

未来の選択 キャスト・登場人物(1・2話あらすじも韓国ドラマランキング内)

 

  • 放送開始日:2013年10月14日
  • 放送局と曜日:KBS2月火ドラマ
  • 第12話放送日と視聴率:2013年11月19日 視聴率:4.7% 

未来の選択

左から役名で、パク・セジュ、ナ・ミレ、キム・シン、ソ・ユギョン。

 

ついにレビューサイトがほとんどなくなりました。ようやく一つ見つけましたが、あまり詳しくありません。視聴率に連動するので仕方ないのですが、残念ながら壊滅状態です(泣)

内容はそう悪く無いと思うのですが、脚本がすごく間延びしています。内容のさほどない描写が続くため、それで視聴者が離れていっているのでしょう。

日本のドラマ程度の 40分強で8~10話だったら調度よい分量といったところです。

 

あらすじ

DNA検査の用紙を見るキム・シン。『これは、どうしてこんなことが・・・』 と、キム・シン。『キム・シンさん、私の言うことをしっかりと聞いてください。私は、未来から来たナ・ミレです。2014年、だから24年前、私はキム・シンさんと結婚しました』と、おばさんミレ。

 

一方で、公園にいるセジュは、『ミレさん、オレが見えない?こうしてミレさんのそばにいるのに、オレはどうしてダメなの?』と、ミレに言っている。笑えることだけど、友人としてでもそばにいないとミレが去ってしまうとも思ってるとセジュ。

気楽で友人としていたかったから気づかないふりをしていたと、謝るミレ。どうしてキム・シンが好きなのかと問われる。ミレは、おばさんミレに言われたからということは関係なく、心の向くままだという。

自分が先にミレに会って好きになったのだというセジュ。運命というものがあるのなら、それが運命だとセジュ。

 

おばさんミレは話を続ける。

結婚前にはスカウトが引く手あまたで、NTNから10億ウォンの契約金でメインアンカーとしてスカウトされた。けれど、それは不幸の始まりで、アナタの性格のせいで経営陣と折り合いが悪くなり、一度もアンカーをせずに退社し、違約金を追うことになる、と。

それが、以前言った滅亡するということなのかと、確認するキム・シン。

それでも息子のコンがいて夫婦仲は良かったが、兄はキム・シンを責め、それから、徐々に自分との仲も悪くなった。息子は父に似て言葉を覚えるのが早かった。

あの日も外で言い争った。コンは歩いて行ったのに、アナタは見たのに、そのままにした。それだけでなく自分もコンに気づいていたのに、そのまま見過ごしてしまった。母として狂っていた。自分の息子より争いを優先したなんて。そして不幸な事故が起きコンは死んだ。

 

セジュとミレ。ミレはセジュに『やめてください』という。『俺のことを好きにならないのは仕方ないけど、オレの思いまで止めろというのはやめてください』と、セジュ。

セジュがつらそうなのは嫌だというミレに、セジュは、ミレが幸せでないのが一番嫌だと答える。キム・シンが本当にミレを幸せにするという確信が持てたら、その時に、自分の思いに終止符を打つというセジュ。

メイン作家になったことを祝いワインを渡すセジュ。けれど、ミレの手は出ない。セジュはベンチにおいてその場を去る。

 

ナ・ジュヒョンがおばさんミレを連れて帰る。おばさんミレは憔悴しきっている。ナ・ジュヒョンはミレを抱きしめ、『ほんとに幸せにならなきゃな』という。意味がわからないまま返事をするミレ。

 

次回のプログラムはクリスマスにひとりで過ごすことにターゲットが絞られる。

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 未来の選択 , , , ,