未来の選択 第3話後半あらすじ(ネタバレ含む)

スポンサーリンク

ユン・ウネ(윤은혜)、イ・ドンゴン(이동건)、チョン・ヨンファ(정용화)、ハン・チェア(한채아)主演の韓国ドラマ

未来の選択(ミレエ ソンテク:미래의 선택)

第3話後半あらすじ(ネタバレ含む)&視聴率情報です。

未来の選択 キャスト・登場人物(1・2話あらすじも韓国ドラマランキング内)

 

  • 放送開始日:2013年10月14日
  • 放送局と曜日:KBS2月火ドラマ
  • 脚本:ホン・ジナ(홍진아) The King 2 Hearts 、ベートーベン・ウィルス等
  • 未来の選択 キャスト・登場人物(1・2話あらすじも韓国ドラマランキング内)
  • 第3話放送日:2013年10月21日
  • 第3話視聴率:8.5%

未来の選択

左から役名で、パク・セジュ、ナ・ミレ、キム・シン、ソ・ユギョン。

 

10分だけということで中に入る取材陣。カメラで隠し撮りしている。つつましい生活に見えるが1000万ウォンを障害者団体に寄付する老人。彼は息子が死んだことでそうするようになったのだという。だから撮影するなと。

キム・シンはすでに撮っていることをばらしてしまう。許可がなければ放送しませんといい、自分もそうだったと話しだすキム・シン。

父が病気で貧しく、そんなときに放送局が来たと。食卓はキムチのみで、教科書一冊買うのも大変だったと。自分は班長もやって人気もあった。けれど、結局父は治療費が受けられず亡くなったという。それは自分が殺したようにも思えると。

だから、どんなに忙しても募金放送は自分がやるのだというキム・シン。そのことを聞き、老人の態度が変わる。さらに、ミレのキム・シンを見る目も変わる。

 

局に帰り、本当かどうか問うミレ。ホントか嘘か濁し、自分の目で見ろというキム・シン。モニターを見ながら指示を出すキム・シンだったが、ミレの顔相を見始め『悪縁だ、あっちへ行け』と冗談をいう。ふと見た手の血管に目が行ってしまうミレ。ドキドキしてしまう。

ちょっと出てくると、頭をなでられたときに、髪を洗ってないことに気づき洗いに行く。

 

髪を洗っていると、おばさんミレが掃除婦として入ってきた。『悪縁も縁だ』『雰囲気がよさそうだった』というおばさんミレ。そこでミレは、キム・シンが将来の旦那だということを知る。

おばさんミレは、事故した相手がソ・ユギョンで運命は変わったから、キム・シンは彼女と結婚するはずだという。

 

ミレは気になりキム・シンの恋人は誰かとヒョナに聞くが、アナタじゃないのと言われてしまう。そこに、ミシルのテーマとともにソ・ユギョンがやってくる。ピザとともに愛嬌をふりまく嫌な女だ。

彼女から歳を聞いてきたが、ミレが年上だと知ると『経験が優先』といいだし、単にミレさんと呼ぶという。とても打算的な女だ。

編集作業に戻るミレとキム・シン。ソ・ユギョンとの仲が気になってしょうがないミレは、親しいようですねと問う。事故で6ヶ月の傷を作ったと聞かされ、6年でもなく?自分は30年と、嫉妬気味に席を立つミレ。一応トイレだ。

 

セジュとユギョンが別の編集作業を行っている。ユギョンは私用電話をして不真面目だ。しかも足を出しており、セジュがチラ見すると、これみよがしに足を見せ始める。『集中しよう』と、自分の服をユギョンの足にかけるセジュ。

ユギョンはアナタが集中してないようだと、かけられた服を下に落とし、再び脚を出す。

失笑したあとセジュは『僕と寝たいんですか?』という。アナタはいつもこのように男に取り入ろうとするが、自分はVJで大したことはないと、嫌味を言う。

態度をころっと変え、疲れているから口を閉じて作業をしましょうと言うセジュ。不意に出る御曹司の顔と下っ端としての顔が同居している。

そこにミレが質問にやってくる。急に態度が変わるセジュと、そうさせるミレを見て、気分が悪いユギョン。

 

おばさんミレは未来から来たので過去のことはよく知っている。そして、他のおばさんのあらゆる相談を受けていた。

 

ユギョンはセジュを狙っていた。けれど、キム・シンにその事を知られると差し障りがあるため黙っておいてくれとミレに頼む。『どうだか』と答えるミレに、ついには『ヤー(おい)、自分は先輩なんだけど』と言うユギョン。

腹が立ったミレは『すみません、先輩』と言いつつ、セジュの秘密を教えますと、外にユギョンを誘い出す。会社の外では自分が歳上だ。教えを与えると言うミレだったが、ユギョンは会社の敷地内に入り逃げていく。

夫も奪われセジュも持っていかれるのはダメだと、おばさんミレに助けを求めるミレ。他人じゃないじゃないと、態度を改めるミレ。おばさんミレは精神科に行けと言われたことを少し根に持ってはいたが、自分のことなのでミレを助けることに。

約束しろというおばさんミレ。『キム・シンに目も合わせるな。全て忘れて、パク・セジュだけを考えなさい。パク・セジュのキーワードは水よ』と、おばさんミレ。

 

理由はわからないということで、水を飲んだり自分にかけたり、洗車場で窓を開けたりして、とにかく水を使って何かをしようとする。洗車場でずぶ濡れになった二人は局に戻る。一つの毛布にくるまる二人。

セジュはミレの右肩の傷のことを問う。子供の頃に両親が喧嘩してお湯をひっくり返してこうなったというミレ。子供だったから、喧嘩は自分のせいだと思っていたし、怪我もそのせいだと思ったという。

『大丈夫というレベルじゃないから、両親はすごく謝ったでしょ』と、セジュ。それだからか、二人は亡くなったというミレ。一旦、大丈夫と言ったミレだったが、実は大丈夫じゃないと言い換え、夏になると人の目線が痛いという。

これで水難は二回目だというセジュ。ミレは知らなかったが、海で溺れかけ気を失ったミレをセジュは見ていたのだ。

 

ユギョンのことに話を変えるミレ。『持っていく』と言っていたことを伝えると、『僕はモノじゃない、自分のタイプではない』というセジュ。ホッとするミレ。

二人が仲良くしている様子を垣間見るキム・シン。

 

謎の男ミスターX登場。タイムスリップしているようだ。

 

キム・シンは変な夢をみる。事故の相手がユギョンではなくミレで、右肩の傷に言及し、おまけにキスまでする。局で会ったミレの肩を確認するキム・シン。傷がある!いつできた傷か問うが、ミレはどうして言わなければいけないのかと言い立ち去る。

先日の取材分の放送。セジュはミレの名もクレジットしておいた。その場面をミレの肩を抱きながら見るセジュ。大喜びのミレ。

その時、不快に思ったキム・シンの怒号が飛ぶ。

『チーム内で恋愛するなといっただろ!』

 

 

第4話につづく。文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサーリンク

[ad]

未来の選択OST キム・テウ(김태우) My Lady ,ユナ(유나)  I`m OK ,ユナ(유나)  愛をキャスティングしてください(サランウル キェスティングヘヨ:사랑을 캐스팅해요)

コメント