韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

むやみに切なく 第5話あらすじ&視聴感想 キム・ウビン、ペ・スジ主演韓国ドラマ

   

キム・ウビン(김우빈)、ペ・スジ(배수지)、イム・ジュファン(임주환)、イム・ジュウン(임주은)主演KBS2水木ドラマ

むやみに切なく(ハムブロ エトゥッタゲ:함부로 애틋하게)

の第5話あらすじ&視聴感想です。

むやみに切なく キャスト・登場人物紹介 キム・ウビン、ペ・スジ主演韓国ドラマ

 

 

muyamitop

 

 

むやみに切なく 作品データ

  • 韓国KBS2で2016年7月6日から放送開始の月火ドラマ
  • 脚本:イ・ギョンヒ(이경희) 『本当に良い時代』『優しい男』
  • 演出:パク・ヒョンソク(박현석) 『スパイ』
  • あらすじ:幼い頃、胸の痛む悪縁で別れた二人の男女が、傍若無人スーパー甲トップスターと、卑屈で俗物的なスーパー乙のドキュメンタリーPDとして再び会い描いていく、かさついた切ないラブストーリー
  • 視聴率 第5話12.9% 視聴率グラフはこちら → 韓国ドラマランキング

 

 

むやみに切なく 第5話あらすじ

 

『ぴったり3ヶ月だけ、死ぬほどの力をすべてつくし、めっちゃ熱く・・・』

シン・ジュニョンからノ・ウルへの告白。

今日はテスト撮影だからと、撮影を止めさせようとするナムグン社長

『いたずらではないと確かに言ったのに・・・いや?PDさん?』と、チュニョン。

『いやだなんて、完全に嬉しいでしょ。トップスター、シン・ジュニョンが恋愛しようというのに、嫌だといえば、そいつは狂った女でしょ?いつからする?今日からする?することになったら公開恋愛するでしょ?私は公開でも大丈夫なんだけど。あ、わたし、シン・ジュニョンと恋愛するってSNSに上げてもいいでしょ?』と、ウル。

吹き出すチュニョン。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

 

その後、コプチャン店で皿に水を張って突っ伏しているウル。

そこにチェ・ジテがやって来る。

事故を起こしたって?と、チテ。

シン・ジュニョンのドキュメント、クビになるようでと、ウル。

よかった・・・オレが就職先を探してやると、チテ。

自分も就職していないのにそんなことを言うチテを笑うウル。

おじさんが就職すれば、私もおじさんに就職してみるかな?・・・おじさんのワイフに私を就職させてくれてはダメ?と続ける。

 

あんな狂ったやつを信じてウチのチュニョンを任せられないとナムグン社長が言い、PDを変える事を決定したとチュニョンに告げるクギョン

ノ・ウルでなければ撮影しないことを伝えろ、所属社の看板俳優を変えたくなければ、ノ・ウルPDを今すぐ元の場所に戻せってと、チュニョン。

 

チテが口を利かなくなったため、プロポーズを中止するウル。

オレはお前がワイフなのは嫌だ、正直に言えばいいんでしょ・・・そんなことはないよ、ウル、どうしてウルのようなラブリーな女性を拒めるんだ?すごく嬉しく信じられなくて・・・って言わないわね?わ~、最後まで言わないわね・・・私も正直、別にだわ!

怒って出て行くウル。

オレは資格が無い・・・と、チテ。

忘れてて出たスマホに電話が入る。

チュニョンからだ。(犬と鳥でケ・セ、ケセッキ:糞野郎・・・かな?)

もしシン・ジュニョンさんなら再び電話をかける必要はないと、チテ。

オレにあれこれと!あ~、もしかして夫?とチュニョン。

ウルが出てきたので電話を切る。

自分の味方ばかりしてくれるからナム・ピョン(男の味方)だと言い訳をするウル。

ウル、良い人に会うはずだ、お前を心から思ってくれて、愛してくれて、幸せにしてくれる人、きっと会うはずだと、チテ。

二度と連絡しないでと、ウル。

 

口ではチュニョンの悪口を言いながら、へりくだってもう一度機会をとのメッセージを打つウル。

けれどメッセージは送らず、私があんたじゃなければ生きていけない?と言う。

チュニョンのクルマらしき白い車に近づくウル。

本当にチュニョンが乗っていた。

プロダクションに聞いたら教えてくれたと、チュニョン。

そして、もう結婚までしたのか?もしかして子供も?手段と方法を選ばずに金を稼げとさせるのか?と、口撃する。

開き直って口撃を返すウル。

嬉しそうに笑みを浮かべるチュニョン。

 

プロダクションのユンPDから電話がかかる。

チュニョンがウルでないとやらないと言っているとのことだ。

何も言わずに去っていくチュニョン。

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - むやみに切なく , , , ,