韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

ボクにはとても愛らしい彼女 第12・13話、私の生涯の春の日 第15・16話(最終回)視聴感想(あらすじ含む)

   

ピ&クリスタル主演のSBS水木ドラマ・ボクにはとても愛らしい彼女(ネゲン ノム サランスロウン クニョ:내겐 너무 사랑스러운 그녀)

カム・ウソン&スヨン主演のMBC水木ドラマ・私の生涯の春の日(ネ センエ ポムナル:내 생애 봄날)

の第12・13話および第15・16話(最終回)の視聴感想(あらすじ含む)です。

ボクにはとても愛らしい彼女 キャスト(出演者)・登場人物 ピ(RAIN)、クリスタル主演ドラマ

私の生涯の春の日 キャスト・登場人物紹介 カム・ウソン、チェ・スヨン(少女時代)主演韓国ドラマ

 

ボクにはとても愛らしい彼女 第12・13話、私の生涯の春の日 第15・16話(最終回)視聴感想

 

私の生涯の春の日(ネ センエ ポムナル:내 생애 봄날)

ようやく放送が終了したといった感のある『私の生涯の春の日』ですが、エンディングもものすごく曖昧でしたね~。結局、何を語りたかったのかわからないドラマでした。

こんなにデキが悪いドラマでも1位で、10%アップの視聴率を獲得できるあたりに、地上波ウイークリードラマの停滞が如実に現れています。

ケーブル系のテレビ局もドラマを放送することにより、どうしても力のある主役が分散しがちです。一昔まえだと、主役級4人がそれなりの俳優でしたが、今では一人の時もあります。当作品もまさにそうでした。

そのためにパンチが足りないというか、ダメな脚本でも俳優陣のケミストリーでそこそこ乗り切るということがなくなりつつあります。

また、それが駄作の量産化にもつながっているため、できればドラマの本数を減らしていくべきだと個人的には思うのですが、なかなかそうはならないのでしょうね~。

 

ミスター・バック

来週からはシン・ハギュンチャン・ナラミスター・バック(ミスト ペク:미스터 백)が始まります。

シン・ハギュンはどちらかと言うと苦手な俳優なのですが、運命のように君を愛す(ウンミョンチョロム ノル サランヘ: 운명처럼 널 사랑해)で好演を見せたチャン・ナラ主演とあっては見ないわけには行きません。

今までつまらなかった水木をこのドラマが楽しませてくれることを期待します。

 

ボクにはとても愛らしい彼女

 

『ボクにはとても愛らしい彼女』は、すっかり5%台の視聴率に定着してしまいました。ながら視聴をしているのですが、それでもストーリーが分かってしまう深みのないドラマです。

結末も予想の範疇に収まりそうなので、視聴を休止してもよいのですが、ついでなので見ています。

こちらもまた、後続のソ・イングク主演ドラマ『王の顔(ワンエ オルグル:왕의 얼굴)』が気になっていますが、あと4回は当ドラマが続きます。

 

来週からは、視聴感想をやめてミスター・バックのあらすじに切り替えるかもしれません。ミスター・バックが面白いと良いのですが・・・。

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - その他の韓国ドラマ , , ,