韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

リメンバー - 息子の戦争 第7話視聴感想(あらすじ含む) ユ・スンホ、パク・ミニョン主演韓国ドラマ

      2016/01/08

ユ・スンホ(유승호)、パク・ミニョン(박민영)、パク・ソンウン(박성웅)ナムグン・ミン(남궁민)、チョン・ヘソン(정혜성)主演SBS水木ドラマ

リメンバー - 息子の戦争(リメムボ アドゥルエ チョンジェン:리멤버-아들의 전쟁)

の第7話視聴感想(あらすじ含む)です。

 

リメンバー - 息子の戦争 キャスト・登場人物紹介  ユ・スンホ、パク・ミニョン主演韓国ドラマ

 

remember

 

リメンバー - 息子の戦争 作品データ

  • 韓国SBSで2015年12月9日から放送開始の水木ドラマ
  • 脚本:ユン・ヒョノ(윤현호) 映画『弁護人』
  • 演出:イ・チャンミン(이창민) 『美女の誕生』  『ジャイアント』(サブ)
  • あらすじ:過剰記憶症候群を病む弁護士が、父の無罪を明らかにするために巨大権力と相対するストーリー
  • 視聴率 第7話:15.7%

 

 

リメンバー - 息子の戦争 第7話視聴感想(あらすじ含む)

 

いきなり15%という抵抗線を突破しましたね~。

商売の神 – 客主2015(チャンサエ シン – ケクチュ2015:장사의 신 – 객주 2015)が安定しているから当面は無理だと思っていたのですが、行く時には簡単に行っちゃうものです。

視聴率グラフはこちら → 韓国ドラマランキング

もうここまでくれば、20%アップを目指すしか無いですね。

 

さて、第7話ではソヌが逃亡者になるという大波乱がありました。全く予想していなかったので、『ま、まさか!』と思ってドキドキして視聴していました。

こういった視聴者の予想を超える脚本っていいですね。これでこそドラマです!

 

では、あらすじをダイジェストで。

 

 

カン・マンス元副社長から、イロ生命の裏金についてのUSBを受け取るソヌ。

 

横断幕を見た老人が、事件当時ソヌの父ソ・ジェヒョクが彷徨っていたのを目撃したとソヌに話す。息子の家に行っていて横断幕を見ていなかったから、連絡が遅くなったとのことだ。最後に、謝礼金はいくらくれるんだ?と、老人。

 

イナが開業祝いの花を持ってくる。

その際に、再審申請をする、父のアリバイを証言してくれる人をを見つけたと話すソヌ。

そして、『今回は父さんの無罪を必ず明らかにする。そうすれば無念に死んだそのね・・・その姉さん・・・』と。

『姉さん、誰?もしかしてチョンア?』と、イナ。

やることが残っているからと、自分の部屋に上がっていくソヌ。

 

※ここの解釈が視聴者によって分かれているようです。描写自体は『ひょっとして、ソヌに記憶障害?』と思えるものでした。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

けれど、その後のシーンでヨン・ボミとの会話では、すべてを語らないのはイナが傷つくのをを望まないからだと語っていました。

『これは、僕の戦争だから』と、ソヌ。

 

再審請求書を提出するソヌ。

 

エレベータ内のイナとヨギョン

『あ、そうだ、あんたソヌさんにくっついて、きっぱり壊れたでしょ?』と、ヨギョン。

※一応三角関係だけど、結果は見えてるよね。

 

カン・ソッキュからソヌが再審請求したことを聞いて、その後、怒りをヒートアップさせるナム・ギュマン

 

イナがソ・ジェヒョクと面会する。もともと面識がなかったからイナのことを知らないソ・ジェヒョクだったが、チヌの知り合いだと言っても、チヌのことがわからない様子だ。

その後、アルツハイマーの治療をしていない医師に食ってかかる。

 

父に対して偽証したチョンジュテク(おばさん)が見つかる。中国に行っていたが娘のところに一時帰国しているのだ。

一度おばさんに偽証したことを問い詰めたあと、娘に名刺を渡して、母親の気持ちが変わったら連絡してくれと言って去っていくチヌ。

 

ナム・ギュマンがホン・ムソク検事から、当時事件を上手く処理した悪徳刑事を紹介される。そこに、パク・ドンホもやってくる。

 

チョンジュテクにソヌが会ったことを告げるアン・スボム

殺せというキュマン。

できないと答えるアン・スボム。

竹刀でスボムを殴打しまくるキュマン。

 

刑務所の意志を糾弾したことを口実に、ホン・ムソクは、イナに対してすべての事件から外れることと、過去5年の未決済事件を担当することを命ずる。事実上の更迭だ。

 

キュマンはソク・ジュイルにチョンジュテクの殺害を任せることに。トンホに危険が及ぶため断り切れないチュイル。その後、時計屋へ行き依頼することに。

 

イナは隠し通すつもりだったが、ソヌは看守から、イナが面会に来て騒ぎを起こしたことを聞く。そのことをイナに話すソヌ。

刑執行停止を受けて治療を受ければと、イナ。

これまで申請したがどうにもならなかったので、再審しかなく無罪を受けると、ソヌ。

その時、チョンジュテクからメールが入る。娘の家に来れば聞きたかったことを言ってあげると。

 

ソヌがチョンジュテクの娘の家に行くと、おばさんはすでに殺害されていた。そこにタイミング用やってくる悪徳刑事。ソヌはガラス窓を破って二回から飛び降り逃走する。

トンホ、イナ、ヨギョンはそれぞれニュースでそのことを知る。

 

悪徳刑事はドアのガラスを割って強制的にソヌの事務所の家宅捜索を始める。

任意移動の適切な手続きを踏まえてないことを指摘するソン・ジェイク。それが通りそうだったが、隠し部屋が開けられる寸前だったため、ヨン・ボミは警察署に行くと言い出す。

 

資料を持ちだそうと戻ってきたソヌ。

そこにやってきたイナは部屋の様子に驚く。

続いてパク・ドンホもやってくる。イナが部屋を出て阻む格好に。

『チヌはどこですか?』と、パク・ドンホ。

 

リメンバー - 息子の戦争 第8話視聴感想(あらすじ含む)に続く

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - リメンバー - 息子の戦争 , , , , ,