韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

THE K2 第15話あらすじ チ・チャンウク、ソン・ユナ、ユナ主演韓国ドラマ

   

チ・チャンウク、ソン・ユナ、ユナ主演tvNドラマ

THE K2

の第15話あらすじです。

 

THE K2 キャスト・登場人物紹介 チ・チャンウク、ソン・ユナ、ユナ主演韓国ドラマ

 

 

THE K2 TOP

 

 

THE K2 作品データ

  • 韓国tvNで2016年9月23日放送の金土ドラマ
  • 脚本:チャン・ヒョンニン(장혁린)
  • 演出:クァク・ジョンファン(곽정환) 『バスケットボール』『逃亡者Plan.B』
  • あらすじ:戦争傭兵出身のボディーガードK2と、彼を雇用した大統領候補の妻、そして世間と離れて暮らす少女!ロイヤルファミリーを囲んだ秘密裏で強烈なボディーガード・アクションドラマ

 

 

THE K2 人物相関図

k2person

 

 

THE K2 視聴率推移

話数 視聴率 話数 視聴率
第1話 3.225% 第11話 4.932%
第2話 3.396% 第12話 5.369%
第3話 4.390% 第13話 4.489%
第4話 3.948% 第14話 4.574%
第5話 4.622% 第15話 5.523%
第6話 6.636% 第16話
第7話 5.059%
第8話 5.707%
第9話 4.849%
第10話 5.646%
dyerware.com


 

 

THE K2 第15話あらすじ

 

JSSが急襲制圧される。

クク代表の道案内でクラウド・ナインに侵入するソンウォン

鏡が侵入者を知らせる。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

ソンウォンらは爆弾を持参していた。

鏡に音声シールドを解除させるユジン

どうしたの?連絡もなしに?代表さん、お客様をお連れするなら予め連絡をくださらないと!と言う。

会社のための忠誠でと、クク代表。

その口を閉じろ!と、ユジン。

 

怯えていた女医ソン師範が確保する。

 

いつものように人を食った様子のソンウォンは、爆弾の時限装置のスイッチを入れる。

2時間のカウントダウンが始まる。

 

音声を遮断してアンナが今どこにいるのかと問うチェハ

猟犬でさえアンナの心配をするのね、今頃飛行機に乗ったかしら?あの子はラフェルトに行ったわ、ユジン。

今までアンナに対してやったことの中で最も上手くやったことだなと、チェハ。

 

パク・グァンスからのビデオ電話。

今回は私に何を望まれるので?と、ユジン。

キム・ソッカンのメモリーさえあればいいと、パク・グァンス。

オレはこのクラウド・ナインさえあれば良くてと、ソンウォン。

音声を遮断させ、正直にないと話して・・・捕まえないとと、チェハ。

再び音声を開き、持ってないと告げるユジン。

傭兵、まだ渡してないのか?と、パク・グァンス。

あいつにやられてなければ議員さんに渡していたと、チェハ。

誤解だ、若者の感情の争いのためだろ?と、パク・グァンス。

また、金の話をクク代表から指摘され、あの若者は私が雇用したとも。

汚い裏切り者と、口では言うものの、どうするつもりなのか?と心のなかでつぶやくユジン。

だから、アンナに触れるなって!と言いつつ、パク・グァンスを捕まえないと!と、目で語るチェハ。

結局、最初の約束通り、残金とメモリーを引き換えにすることで、チェハとパク・グァンスとの折り合いがつく。

 

その体でできるの?と、ユジン。

チュ室長を現場に送ってください、それと、オレは再び戻ってきません・・・クラウド・ナインを捨てて外に出てください、そうすれば今よりちょっとは幸せになれそうだけどと、チェハ。

私は鏡を捨てることはできないわ、鏡がまさに私だからと、ユジン。

そうでしょう、鏡を捨てることができないほど、莫大な力を持っているからと、チェハ。

そうね、あなたも気づいたのね、それで私が、あなたに鏡のアクセス権もあげたのよ、あれ(ソンウォン)を見て!ないものがない財閥の会長でも、鏡を得ようとあのように努力するじゃない・・・けれど、もうこれは、あなたのものよと、ユジン。

その誰でも鏡の権力を経験すれば、クラウド・ナインを自分のものにしようとの欲望の虜になる、それであんたは、このクラウド・ナインを支配する魔女であり、自身がまさにクラウド・ナインの捕虜になったんだ・・・そのままここから歩いて出なよ、チェ会長とパク・グァンスは、オレがいいようになぎ倒すからと、チェハ。

私たちはもう少し良い時間に、良い縁で会うべきだったのに・・・いってらっしゃい・・・と、ユジン。

そして、今までのチェハとの出来事を思い出す。

出ていくチェハ。

涙を浮かべているユジン。

さあ、オレ達もオレたちの要件を解決しないと、姉さん!と、ソンウォン。

1 2 3

スポンサードリンク (sponsored link)

 - THE K2 , , , , , ,