韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

トッケビ 最終回視聴感想(あらすじ含む) コン・ユ、キム・ゴウン主演韓国ドラマ

   

コン・ユ(공유)、イ・ドンウク(이동욱)、キム・ゴウン(김고은)、ユ・インナ(유인나)、ユク・ソンジェ(육성재)主演tvN金土ドラマ

トッケビ(도깨비) / 寂しくてきらびやかな神 トッケビ(スルスルハゴ チャルランハシン シン トッケビ:쓸쓸하고 찬란하신 神 도깨비)

の最終回視聴感想(あらすじ含む)です。

 

トッケビ キャスト・登場人物紹介 コン・ユ、キム・ゴウン主演韓国ドラマ

 

 

トッケビ

 

 

 

トッケビ(도깨비) 作品データ

  • 韓国tvNで2016年12月2日放送の金土ドラマ
  • 脚本:キム・ウンスク(김은숙) 『太陽の末裔』『相続者たち』
  • 演出:イ・ウンボク(이응복) 『太陽の末裔』
  • あらすじ:不滅の人生を終わらせるために人間の新婦(花嫁)が必要なトッケビ、彼と奇妙な同居を始めた記憶喪失症の死神。そんな彼らの前に「トッケビの新婦」と主張する「死ぬべきだった運命」の少女が現れて繰り広げられる神秘的なロマン説話。

 

 

 

トッケビ視聴率

話数 視聴率 話数 視聴率
第1話 6.322% 第9話 12.933%
第2話 7.904% 第10話 12.702%
第3話 12.471% 第11話 13.894%
第4話 11.373% 第12話 13.712%
第5話 11.507% 第13話 14.254%
第6話 11.618% 第14話 16.043%
第7話 12.297% 第15話 16.917%
第8話 12.344% 第16話 18.680%

 

dyerware.com


 

 

 

トッケビ 最終回視聴感想(あらすじ含む)

 

まだ14話以降のあらすじができてないものの、鉄は熱い内に打っておこうと思って、視聴感想を書いておきます。

前編訳して細かい表現などを知ると、感想が変わってくるとは思いますが、その時はその時で後記を書こうかなと。

 

第13話の後半の完成度があまりにも凄まじく、これで最終回でいいんじゃないかと思えたものの、第14話の切り返しが実に見事で感嘆せずにいられませんでした。

そして昨晩の最終2話。

まさに寂しくてきらびやかでした。

 

 

トッケビ

 

 

 

『トッケビ』はものすごく没頭するドラマだったのに、意外と特定の登場人物に感情移入することがありませんでした。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

強いて上げるとウンタクだったのですが、すべての登場人物のディティールが見事に作り込まれていて、ユ会長あたりにまで感情移入することができました。

それもやはり、個々の役者の演技の巧さがあったからでしょう。

その中でも、やはりキム・ゴウンの演技が光りました。

 

 

声のトーン、間のとり方、抑揚、すべてにおいてすばらしく、それでいて視聴者がはっとするイレギュラーな表現もできるという稀有な女優です。

個人的には、今後、キム・スヒョンと天才同士の絡みを見せてほしいなと思ってみたり。

 

ちなみに、最近演技が残念だと書いたユナが90年、IUが93年生まれ。

91年生まれのキム・ゴウンと同世代です。

今回の演技を見てもわかるように、キム・ゴウンの実力がぶっちぎりで秀逸なことがわかったかと思います。

演技力では間違いなく同世代ナンバーワンでしょうね~。

 

 

さて、キム・ウンスク作品のある種の特徴として、エンディングがいまいちと言われることが多いですよね?

けれど、今回はきっちりまとめてきとと思います。

ウンタクが転生した少女がでてきたラストシーンなんて、もう・・・。

 

それでも、若干残念な点も無きにしもあらずで・・・。

最も残念だったのはトッカの扱い。

トッカだけがビハインドストーリーがなかったんですよね~。

トッカがどのように成長したのか見たかったでしょ?

最後の方でキム会長の車が故障して・・・というシーンでは、CEOになったトッカを出したほうが良かったように思えました。

 

ウンタクの前世の設定もちょっと残念でした。

結局は、哲宗(チョルジョン:철종)代のトッケビが、遠い未来を見た際にウンタクも目にしていて、後年、恋をしたという設定でした。

ウンタクが死ぬ際に、今回が初めての生ということもわかったので、辻褄はあっているのですが、ちゃんとした前世があった方が良かったなとも思ってみたり。

けれど、子犬なんかだと朝鮮時代では食料になってしまうので、人外の設定は難しかったかな?(汗)

 

それはそうと、劇中では生は4度となっていましたよね。

ウンタクはあと2回転生できるからいいとして、ワン・ヨ(死神)とソニは最後の生です。

次に死んじゃったらどうなるのでしょう?

完全にリセットされた魂になるのでしょうか?

それはそれで悲しいな~。

 

 

今回訳していて思ったのは、とにかく語彙が多いこと。

過去のドラマで一番語彙の多いドラマだったかもしれません。

正直な所、訳の怪しいところは多々あります。

一般的に使われない単語からスラングまで、多岐にわたり、まさにぶっこんでいるという印象。

世代や時代の言葉をきっちり入れているし、北の言葉まで入っているので、一語一語調べるのに結構な時間がかかりました。(過去形じゃないか、残り3話もある!)

 

今回の『トッケビ』はキム・ウンスク作家にしても渾身の作品かと思います。

脚本のできで言えば、歴代韓国ドラマの中で最高のものではないでしょうか。

 

キム・ウンスク作家は設定の前フリを多用するというのは前にも書きましたよね?

今回は設定だけでなく、言葉の前フリが多々見受けられました。

数話飛びに出てきたほんの少しの文章が、後にも脈絡を持ってきっちりとつながっているのです。

これこそが天才のなせる技なのだろうと、そんなつながりを発見するたびに感嘆していました。

何でこんなことができるんでしょうね?

頭のできが違うんだろうな~。

 

 

さて、肝心のあらすじですが、完成までに10日程かかるかもしれません。

普通に作業して6日分なのですが、師任堂 光の日記(サイムダン ピチェ イルギ:사임당 빛의 일기) 邦題:師任堂(サイムダン)、色の日記 のスタートもあるので、キャスト情報の作成なども入るのです。

というわけで、気長に待ってくださいませ!

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - トッケビ , , , , , , , ,