韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

トッケビ 第13話あらすじ コン・ユ、キム・ゴウン主演韓国ドラマ

      2017/01/20

烙印が薄くなっているのを確認するウンタク

(まだ順序ではない、お前はあの女の次だと、パク・ジュンホン

結局、私を狙うということなの?と、ウンタク。

 

ユ会長の家にやってくる死神

玄関先で帰ろうとすると、後ろにトッケビがいた。

ウンタクの名簿が来た、どうにも・・・と、死神。

パク・ジュンホンと関連しているのだろうと、トッケビ。

酉年癸卯月・・・と、死神。

 

もうその日付けは意味がない、知ってるはずだがと、トッケビ。

けれど、分かれば良いようで・・・と言い、去ろうとする死神。

パク・ジュンホンが妹の周辺を巡っている、守れ、ただ一度でもオレの妹を守れ、オレの妹がお前を守ったようにと、トッケビ。

その日・・・

(皇帝のところへ行く道はとても遠かったし、オレは結局、たどり着けなかった、たどり着けないのを知りながらも、すべて知りながらもオレは、進むことしかすることがなかった・・・と、トッケビ)

その日お前は、何のために前に進んだんだ?その場が、墓になることをすべて知っていながらと、死神。

伝えることができなかった言葉を伝えに、剣を受け、数限りなくお目通りを求めたが、皇帝であり妹婿であるお前は辺境に発てという教旨だけ伝えてきただろう、オレが死ぬのを確信したその日になり、お前は顔を見せたと、トッケビ。

それで、そこまでして何の話を?と、死神。

先皇は、お前を世話しないで世話したと、お前の腹違いの兄だった先皇帝に、お前の情人だったオレの妹に、お前の高麗を守った私に、お前は愛されたと・・・

だから一言だけ下せと、憤怒と憂慮を込め剣を下すゆえ・・・パク・ジュンホンを斬れ、その一言だけ・・・その剣が、オレの胸に刺さるとは知らなかったのだろう?と、トッケビ。

家に入ろうとしたトッケビが立ち止まり胸に手をやる。

どうしてこんな・・・と、トッケビ。

(お前も私も900年の歳月だ、たかだか水の剣で私を斬れないと、パク・ジュンホン)

このように遠くまで来てみても、結局この剣を握ることになるのだな・・・と、トッケビ。

どうしたんだ。 また剣が痛いのか?と、死神。

この剣の効用価値は、結局、それだった、パク・ジュンホンを斬ること・・・と、トッケビ。

 

 

トッケビ

 

 

リップを塗りながら、「電話番号の完成はリップでしょ!」と、死神に言ったときのことを思い出して涙するソニ

狂うわ、ほんとに・・・きれいに見えないと、泣くのをやめて・・・

 

ソニのあとをついていく死神。

陸橋。

どうしてしきりについて来るの?すでに何日かになったじゃない、ストーカーなの?と、ソニ。

そうではありません、道が偶然に重なったようなんだけどと、死神。

おかげでデートする気持ちだったわ、私は、キム・ウビンさんと!と、ソニ。

いったいどうして?どうして記憶を?と、死神。

あなたが催眠を誤ってかけたから?と、ソニ。

(辛く、悲しい瞬間はすべて忘れて、前世でも現生でも・・・それと、私も忘れて・・・あなただけは・・・このようにでもハッピーエンドになることを・・・と、死神)

幸せだった瞬間だけ残せと言っておいて、あなたを忘れろなんて、順序が合わないでしょ?あなたがいるすべての瞬間が、悲しく大変だったことさえすべて、それさえも私は、すべて良かったわ・・・

それで、私が死によってあなたを守ったのが、あなたにハッピーエンドになったの?今の姿がそんなに若いのを見るに、長く生きることはできなかったのね?と、ソニ。

毎日が、しみるように、恋しく・・・と、死神。

そうでしょうに、何してと、ソニ。

愚かで・・・と、死神。

死神の涙を指で拭い・・・早くちょっと気づいてよ・・・ところで私はどうして、今回の生ですらあなたに惚れたんだろ?聖顔が美しくてそうなのかな?・・・

今回の生では惚れないわ!私があなたに与えることのできる罰、これしかないわ・・・(指輪を渡し)・・・グッバイ陛下と、ソニ。

 

 

いつものいじめっ子が菓子を盗んだのかと言って、小さい子をイジメている。

おばあちゃんが買ってくれたのに難癖をつけられたので、おばあちゃんの悪口をいうなと、掌風をする男の子。

掌風はこうするんだと、突き飛ばすいじめっ子。

そこにウンタクが出てきて・・・おい、こいつら、また!と言う。

再び掌風をする男の子。

すると今度は本当に風が起きる。

驚いて逃げるいじめっ子。

トッケビの仕業だった。

大丈夫?と、ウンタク。

うなずき・・・お姉さん、どうして分かったの?本当にを撃つって?前にボクに!ボク、ほんとに撃ったよ、掌風!と、男の子。

お姉さんもあんたの歳の時、あとで大きくなったらトッケビの新婦にならなくちゃ!と、思ったんだけど、ほんとにトッケビの新婦になったの、だけど秘密よ!掌風こんなのはとても危険で、どこででも撃っちゃ駄目よ、わかるでしょ?と、ウンタク。

おばあちゃんだけに話すよと、男の子。

 

あ~、ちょっとかっこいいんだけど!と、ウンタク。

かっこよければ旅行に行こうと、トッケビ。

うわ!と、ウンタク。

どうして?と、トッケビ。

私いま心臓ドキッ!と、ウンタク。

ちょうどいいな、心臓ドキッを志向するってと、トッケビ。

気分が良く見えるね?と、ウンタク。

頷くトッケビ。

そうしましょ!さくっと旅行に行って、そうしてしまいましょ!

 

旅行先の韓家。

バーベキューをしたり、読書をしたり、膝枕をしたり。

縁側。

贈り物があると、トッケビ。

私は充分なんだけど、今でもあふれるほどに完璧なんだけど!と言いつつ、キス顔のウンタク。

違うはずさと、紙をウンタクの唇につけるトッケビ。

あ、これ!と、ウンタク。

もうおとなになったから覚えておいて、こんなのは本来一つずつ分け合うんだと、トッケビ。

それで、私がぴったり偽造をしたんでしょ!あ、だけど、その時見つけられてしまって・・・ところで、どれが原本なの?と、ウンタク。

自分が持っている方を遠ざけるトッケビ。

それなのね?と、ウンタク。

ううんと、トッケビ。

それを私にちょうだい!と、ウンタク。

ううん、嫌なんだけどと、トッケビ。

あ、それ、私持つのよ~!と言ったあと、キス攻撃して奪い取ろうとするウンタク。

楽しそうな二人。

1 2 3 4 5 6

スポンサードリンク (sponsored link)

 - トッケビ , , , , , , , ,