アスダル年代記 第7話視聴感想(あらすじ含む) ソン・ジュンギ&チャン・ドンゴン主演韓国ドラマ

ソン・ジュンギ&チャン・ドンゴン&キム・ジウォン&キム・オクビン主演tvN週末ドラマ

アスダル年代記(アスダル ヨンデギ:아스달 연대기)

第7話視聴感想(あらすじ含む)です。

 

アスダル年代記 登場人物・キャスト ソン・ジュンギ&チャン・ドンゴン主演韓国ドラマ
アスダル年代記(アスダル ヨンデギ:아스달 연대기)とは、ソン・ジュンギ&チャン・ドンゴン&キム・ジウォン&キム・オクビン主演韓国ドラマ(tvN週末ドラマ)。あらすじ:太古の地「アス」で異なる伝説を描きゆく英雄の運命的な物語。以下で登場人物・キャスト(出演者)を紹介します。

 

 

アスダル年代記(アスダル ヨンデギ:아스달 연대기)

 

 

アスダル年代記 作品データ

  • 韓国tvNで2019年6月1日から放送開始の週末ドラマ
  • Part1. 12部、Part2.6部
  • 脚本:キム・ヨンヒョン(김영현)、パク・サンヨン(박상연) ともに『六龍が飛ぶ』
  • 演出:キム・ウォンソク(김원석) 『シグナル』『私のおじさん』

 

 

アスダル年代記 第7話視聴感想(あらすじ含む)

視聴率は横ばい。

自己最低は免れたものの、それに準ずる数値です。

 

世の中で一番きれいな私の娘、アスダル年代記 等週末ドラマ視聴率20190622 自白,異夢,ボイス3,朝鮮生存記
2019年6月22日付けの週末ドラマの視聴率速報です。(韓国ドラマランキング調べ、AGBニールセンの集計結果より)

 

第7話からパート2が始まりました。

といっても、時間のジャンプがあるわけでもなく、内容を見た限りでは分ける必要はなかった気がします。

この記事を書いている時点で8話まで視聴しているので、なおさらそう思いました。

 

 

さて、タニャサラと遭遇しましたね。

サラの唇を見てイグトゥだと騒ぎたてる兵士。

その兵を斬り、おまえのために兄弟を何度殺さねばならないのだ!と、怒るタゴン

そんなタゴンを父と呼ぶサラ。

 

ミホルはへ族の秘密、青銅器の製造技術を守るため、何人かの技術者を殺し資料を燃やす。

タニャはウンソムの夢がサラ周辺のものだと気づき、テアラが殺したであろうセナレの名前を出し脅迫する。

タニャをサラ付きの小間使いにするテアラ。

 

ウンソムを捕まえたと捏造することに決めるタゴン。

ウンソムがアサホンの息子だと知るムベクチェウン親子。

 

連名長は慣例でアサ氏と婚礼するため、タゴンに対して刃を向け激怒するテアラ。

テアラとの恋人関係は維持したいと、タゴン。

前提がアサロンの存在なので、アサロンを殺す決意をするテアラ。

この話を影で聞いて反復するサラ。

 

タンビョクは薬を盛られているからと、何者かに解毒剤を渡される。

けれど、喀血する。

その後一方で薬を口にしたはずのアサロンは生きていた。

サラの仕業だと気づくテアラ。

追求され、思わず吹き出すサラ。

 

今回はストーリーの要素を簡単にまとめてみました。

 

アスダル年代記 第8話に続く

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

コメント