獬豸(ヘチ)第17話(第33・34話)あらすじ チョン・イル主演韓国ドラマ

チョン・イル、クォン・ユル、コ・アラ主演韓国ドラマ

獬豸(ヘチ:해치)

の第17話(第33・34話)あらすじです。

※韓国では30分を1話として放送

 

獬豸(ヘチ) 登場人物・キャスト チョン・イル主演韓国ドラマ
獬豸(ヘチ:해치)の全48話が終了しました。評価はどうだったのでしょうか?個人的な評価も交えて、韓国でのレビューの内容を紹介していきます。

 

 

 

韓国ドラマ 獬豸(ヘチ:해치)

 

 

獬豸(ヘチ:해치) 作品データ

  • 韓国SBSで2019年2月11日から放送開始の月火ドラマ
  • 脚本:キム・イヨン(김이영) 李祘(イ・サン:이산)、同伊(トンイ:동이)
  • 演出:チュ・ドンミン(イ・ヨンソク) 『大風水(テプンス:대풍수)』
  • あらすじ:卑しいムスリの体から生まれた王子・延礽君(ヨニングン)李昑(イ・グム)が、情熱あふれる科挙準備生パク・ムンス、司憲府の熱血茶母(タモ)ヨジ、市場通りのチンピラ・タルムンと共に力を合わせ、大権を勝ち取る過程を描いたドラマ。
  • 視聴率 7.5%/8.2%

 

獬豸(ヘチ) 等・月火ドラマ視聴率20190429 国民の皆さん!、特別勤労監督官チョ・ジャンプン、ウラチャチャ・ワイキキ2、サイコメトリーそいつ
2019年4月29日付けの月火ドラマの視聴率速報です。(韓国ドラマランキング調べ、AGBニールセンの集計結果より)

 

 

獬豸(ヘチ)第17話(第33・34話)あらすじ

獬豸(ヘチ)第17話(第33話)あらすじ

密豊君(ミルプングン:밀풍군)李坦(イ・タン:이탄)の指示を受け、景宗(キョンジョン:경종)の湯薬に毒を持ったと思われる医女がチョン・ユニョンと会っている。

自分も命をかけていることなので、先に約束したものをくれと、医女。

確信はないが密豊君が内医院(ネイウォン:내의원)へ行った可能性があるので湯薬はだめだと、延礽君(ヨニングン:연잉군)李昑(イ・グム:이금)

 

第17話 悲しい使命

 

東宮殿に呼ばれた朴文秀(パク・ムンス:박문수)が入宮する。

兵が慌ただしく動いている。

チョドンも交えて、密豊君が清国から買った猛毒を誰かに渡した可能性を推理するイ・グム。

そして、密豊君、ウィ・ビョンジュト・ジグァンを再捜査しなければならないと告げる。

もうひとり、行方不明のチョン・ユニョンがいると、パク・ムンス。

 

 

風に当たりに行ったというユニョンが戻ってくる。

また、すべてを台無しにしたとあなたを恨んだけど、生きているから希望ができて嬉しいわと、感謝の言葉をタルムンに告げる。

2つの意味が込められるような言い方だ。

 

 

便殿。

内医院の薬剤を使わないことをどうしてかと問う左議政(チャイジョン:좌의정)ミン・ジノン

毒が使われているかもしれない疑惑のせいだと、イ・グム。

万が一違うならその時はどうなるのですか?と、右議政(ウイジョン:우의정)チョ・テグ

イ・グムは市井の医員を召喚するという。

主上殿下の病を治療する意思があるのですか?わざと湯薬を使わないのではないですか?と・・・と、チョ・テグ。

今ここで罪に問うことができるほど無礼な言い分だが、主上への忠心として我慢すると、イ・グム。

イ・グムも主上を助けることが重要だからだ。

 

密豊君の仕業だと明らかにできない可能性を考慮して、右相の言うとおりにしたほうが良いのではないか、責任を回避する方法も知らなければならないと、イ・グムに告げるミン・ジノン。

 

 

世弟(セジェ:세제)のやりように納得がいかない中殿(チュンジョン:중전)

イ・グムの最側近で信頼できる子を探してこいと尚宮に伝える大妃(テビ:대비)

 

 

ユニョンを探してくれと、タルムンに告げるパク・ムンス。

どうするのですか?と、クンテ

ユニョンが話していたことが引っかかるタルムン。

 

内医院への捜査が始まる。

 

先王の痘瘡の治療をした実績のある名医チェ・ソンジョが選ばれ、景宗の治療に当たることに。

イ・グムも名を知っている者だった。

ミン・ジノンの言葉を思い出し、責任を避けるのが国王なら、むしろその道へは行かないと、心の中でつぶやくイ・グム。

 

 

出宮した宮女たちが住む村にやって来たハ尚宮(チョホン)

内人修行中のヨジに合うためだ。

 

入宮して大妃に会うヨジ。

貴い目を持っていると、大妃。

王宮に長年いれば見る目ができる、チョホンともどもイ・グムは良い人材を持っているとも。

そして、大妃殿に配属させ、イ・グムを守るために働かせる。

このご恩は忘れませんと、ヨジ。

イ・グムには秘密にするとチョホンに話すヨジ。

 

イ・グムを遠巻きに眺めるヨジ。

 

 

ウィ・ビョンジュは狂っていた。

そこにやってくる南人(ナミン:남인)李麟佐(イ・インジャ:이인좌)

小人輩なのをみて連れて行くかどうか悩んでいる。

翌朝、ユン・ヒョクが現れる。

まさか主上が重篤なのは事実なのか?と、ウィ・ビョンジュ。

それをお前がどうして知っている?と、ユン・ヒョク

 

ト・ジグァンを取調べしているチャンダルアボン

毒には解毒剤がないと、ト・ジグァン。

 

剣を抜き、毒を使ったのはお前だろう?誰を通してどこに使った?と、密豊君に迫るパク・ムンス。

 

 

獬豸(ヘチ)第17話(第34話)あらすじ

韓国ドラマ ヘチ

 

密豊君はイ・グムの行動を読んでいた。

そして自分が内医院(ネイウォン)に来た痕跡を残し、そうすれば湯薬をやめさせ主上を殺すのが世弟(セジェ)になるからと、密豊君。

毒を盛ったのはお前だ!と、ムンス。

証拠はあるのか?主上は必ず死ぬ、湯薬をやめさせ王を殺した世弟が王になれるか?自分が持てなかった御座をイ・グムも持てない!と、密豊君。

刀を振り下ろすパク・ムンス。

けれど、顔を少し切っただけだった。

お前も世弟と同じだ、できないと思ったと、密豊君。

 

 

景宗に対して、もうできることがない状態であることを話す医員。

御医(オイ:어의)たちも同意見だ。

附子と人蔘を使う方法が唯一残されていると、大司憲(テサホン:대사헌)イ・グァンジャ

けれど、附子自体が強い毒で、使うべきではない。

そのため、誰も処方したがらない。

そんな中、処方を決めるイ・グム。

 

 

密豊君の財産の半分を報酬として受け取る医女。

一息つけたと言い、菊花茶をすすめるユニョン。

 

 

密豊君の罠だから全てを中断すべきです、主上殿下を助ける方法はありませんと、パク・ムンス。

そうはできないと、イ・グム。

わたしもまたこんな事は言いたくありません、けれど、どんな手を使っても邸下を守らねばなりませんと、ムンス。

 

一旦意識が回復する景宗。

 

首医女の家までユニョンを尾行していたタルムン。

諦めたふりをしていたのだな、密豊君はもう終わっているのに!と告げる。

誰の勝手で?わたしがまだ終わってないのに!と、ユニョン。

ユン・ボクタン!!!と、タルムン。

終わったのは王と弟よ・・・何も明らかにならないようにしたからと、ユニョン。

首医女は死んでいた。

 

もう努めるのはやめろ・・・私を許せ、お前の座を奪ったわたしを・・・どうか万百姓に良い王に、私ができなかった、私が夢見た王に・・・と、景宗。

そして、息を引き取る。

手のひらを断指して血を飲ませ生き返らせようとするイ・グム。

 

意識を取り戻したと聞きやって来た大妃と中殿だったが、一歩遅かった。

 

悲しみの中、哭が続く。

 

少論(ソロン:소론)の重臣たちが大妃殿にやってくるでしょうと報告するヨジ。

チョ・テグの言い分は、イ・グムが湯薬を飲ませなかったから景宗が死んだというものだった。

そこにイ・グムがやってくる。

全ては邸下のせいです、そんな邸下はこの国の王になる資格はありませんと、チョ・テグ。

 

 

獬豸(ヘチ)第18話(第35・36話)に続く

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

コメント