韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

30歳だけど17歳です 面白いよ! シン・ヘソン&ヤン・セジョン主演韓国ドラマ

      2018/09/19

シン・ヘソン&ヤン・セジョン主演のSBS月火ドラマ

30歳だけど17歳です(ソルニジマン ヨルイルゴビムニダ:서른이지만 열일곱입니다)

見てますか?

けっこう面白いですよ。

先々週、昼食中の暇つぶしにちょっと見てみたら、すっかりハマって6時間ぶっ通しで見てしまいました(笑)

 

30歳だけど17歳です 登場人物・キャスト紹介 シン・ヘソン&ヤン・セジョン主演韓国ドラマ

 

 

30歳だけど17歳です(ソルニジマン ヨルイルゴビムニダ:서른이지만 열일곱입니다)

 

 

 

30歳だけど17歳です 作品データ

  • 韓国SBSで2018年7月23日から放送開始の月火ドラマ
  • 脚本:チョ・ソンヒ(조성희) 『高校世渡り王』
  • 演出:チョ・スウォン(조수원) 『君を愛した時間』『ピノキオ』『君の声が聞こえる』『清潭洞<チョンダムドン>アリス』
  • あらすじ:17歳で意識不明に陥り30歳になって目覚めた「メンタル・フィジカル不調和女」と、世の中と断絶して生きてきた「遮断男」。彼らの30歳だけど17歳のような、切ないロマンティック・コメディー。

 

 

ポスターを一見すると、ヒットしないかな?と思っていました。

ところがふたを開けると、同時間帯で1位を獲得。

なかなか健闘しています。

 

 

シン・ヘソン

主演女優シン・ヘソンは、日本では青い海の伝説(プルン パダエ チョンソル:푸른 바다의 전설)で有名になったのではないでしょうか?

2015年の『彼女は綺麗だった』のころには端役だったので、その後のキャリアは順調だったと言って良いでしょう。

 

彼女の名前が老若男女を問わず全国区になったのは、2018年のKBS2の週末ドラマ・黄金色の私の人生(ファングムビッ ネ インセン:황금빛 내 인생)。

最終回には45.1%という驚異的な数字を叩き出しました。

週末ドラマは数字が出やすいのですが、昨今では45%を超えることが珍しく、まさにスマッシュヒットでした。

 

彼女は決して美人ではありません。

けれど、とても魅力的な雰囲気を醸し出していて、個性のある覚えやすい顔も印象的です。

そのあたりが、好感・共感を呼んでいるのでしょうね。

ちなみに、スタイルはむちゃくちゃ良いです。

手足の長さは韓国の女優の中でも抜きん出ています。

 

青い海の伝説 キャスト・登場人物紹介 チョン・ジヒョン、イ・ミンホ主演韓国ドラマ

 

彼女は綺麗だった キャスト・登場人物紹介 ファン・ジョンウム、パク・ソジュン主演韓国ドラマ

 

 

ヤン・セジョン

男性主人公としては弱い印象。

「師任堂 色の日記」「愛の温度」なんかに出てましたね。

今回もやはりドラマをグイグイ引っ張っているというよりは、バイプレーヤーという印象です。

 

師任堂(サイムダン)、色の日記 (サイムダン ピチェ イルギ:사임당 빛의 일기) キャスト・登場人物紹介 イ・ヨンエ、ソン・スンホン主演韓国ドラマ

 

 

あらすじは?

主人公ウ・ソリは17歳でバスの事故により意識不明に陥り、目覚めたのは30歳になってから。

そのため、容姿は30歳なのに中身は17歳という「メンタル・フィジカル不調和女」なのです。

 

一方のコ・ウジンは、一目惚れしたウ・ソリと偶然バスの中で話す機会を得ます。

そして、降りる停留所をアドバイスしたのですが、その直後にバスが事故に巻き込まれ、初恋の人は死んでしまいました・・・と思っていたのですが、ソリが他校の生徒ということもあって、ソリの友達の名前がソリの名前だと思っています。

第9話の時点でも、初恋の少女とソリがつながっていません。

また、この出来事がトラウマとなり、闊達だったウジンは精神的に鬱屈した人間になってしまいました。

 

ドラマにありがちな偶然、たとえば、ウジンの家がもとはソリの家だったなどが重なるのはお約束で、ストーリーは至ってベタです。

けれど、ソリがハッピーエンドを迎えるようにと、応援しながら視聴する楽しみがあります。

 

 

タイトル

当サイトと韓国ドラマランキングでは、以下のように表記しています。

30歳だけど17歳です(ソルニジマン ヨルイルゴビムニダ:서른이지만 열일곱입니다)

 

ソルン(서른)ヨルイルゴプ(열일곱)は基数詞です。

日本語だとひ・ふ・み・・・の方の数詞です。

なので、歳をつけずに30・17と表記したほうが良いかも知れません。

ただ、慣習的に基数詞だと歳を表すことも多いので、あえて「歳」と表記しました。

日本に上陸するときには、また別のタイトルになっていることでしょう。

 

 

視聴率

なかなかに奮起していて、すでに1度10%を越えました。

昨今では地上波というより電波離れが起きていて、ウィークリードラマで昔のような数字が出ません。

特に若年層は空き時間にスマホで視聴したりするので、視聴率統計ではヒットを計測することが難しくなりつつあります。

週末ドラマなどは年寄りの支持があるので未だに数字は高いものの、それでも一昔前と比べて5~10%は低い数字になっています。

 

こんな状況での10%越えなので、一定の成果を得ていると言って間違いありません。

ひょっとすると『黄金色の私の人生』でシン・ヘソンのファンとなった年配層が視聴しているのかも知れませんね。

 

第9話までの視聴率グラフはこちら → 韓国ドラマランキング

 

 

黄金色の私の人生 対決

昔の友は今日の敵で、『黄金色の私の人生』で主演として共演したパク・シフと、同時間帯対決をしています。

いまのところシン・ヘソンの圧勝で、ダブルスコアの大差をつけています。

『30歳だけど17歳です』のほうが先行作品なので、優劣を決めるのは難しいのですが、より気楽に楽しめるのは『30歳だけど17歳です』の方かもしれません。

 

ラブリー・ホリブリー(러블리 호러블리:lovely horribly)

ラブリー・ホリブリー 登場人物・キャスト紹介 パク・シフ、ホン・ジヒョ主演韓国ドラマ

 

ラブリー・ホラブリー

 

 

 

キャスト情報を作らなければ!

キャスト情報を作らなければと思いつつ手を付けていない状況。

『ミスター・サンシャイン』の第14話のあらすじが終わったら作ろうかなと思ってみたり。

早くしないとドラマが終わっちゃいますね!

 

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - その他の韓国ドラマ , , ,