韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

太陽の末裔 最終回(第16話)あらすじ1/2 ソン・ジュンギ、ソン・ヘギョ、チング、キム・ジウォン主演韓国ドラマ

   

電話はチスからだった。ビデオ電話で、いつもの面々も映っている。

電話一本もなくて心配したじゃないと、チス。

正気じゃなかったのと、モヨン

チスの後ろではしゃぐチフンたち。

『あ~、ほんとに。何の映像通話なの?顔がほてるように!』と、モヨン。

『ちょっと!そのほてる顔、見えないから、明るいところにちょっと来てみて』と、チス。

『うん、こっち?』と、モヨン。

モヨンの後ろにシジンらしい亡霊が!

『僕だけ、見えるんじゃないでしょ?』と、チフン。

『私も・・・見えるわ』と、ミンジ

『あんた大丈夫?あんたには見えないの?』と、チス。

『今日が、ユ大尉さんの、き、忌日じゃないの?』と、ハ・ジャエ。

『あ~、すると、あれが、祭祀膳で・・・』とチフン。

『そうだな。そうだ、祭祀膳食べにきたんだ・・・』と言い、気絶するサンヒョン。

『わ~!』と、みんな。

『ふふふ』と、モヨン。

『わ~、人を三度殺すね、この女。おもしろいですか?』と、シジン。

『そのように生きて帰ってきておいて、この程度のイベントもしないつもりだったの?ところで、うちのチーム、とてもかわいいでしょ?(再びコール)気づいたようよ!』と、モヨン。

『先輩、今からボクの話をしっかり聞いて。理由は尋ねずに』と、涙目のチフン。

『なんなの?』と、モヨン。

『愛してるって、会いたかったって、思いきり表現して。この世に未練を置かないように』と、チフン。

『なに?』と、モヨン。

『信じられないだろうけど、ユ大尉さん、そこにいるよ。どうか、良い所へお行きくださいと・・・』と、チフン。

『フフ、狂いそうよ、ほんと。来るやいなや逝けというんだけど』と、モヨン。

『わ~、もう逝けというなら、オレが空しいだろ?』と、シジン。

ほとんどパニック中の医療チーム。

『皆さんアンニョン!』と、シジン。

『さあ、ユ大尉の近況はこうです。だから私が今夜、どれくらい幸せかと。詳しいことは戻って説明するわ。今日は妨害やめて、切ります。 アンニョン!』と、モヨン。

『ユ大尉さんでしょ?』『そうよ!』『おばけじゃないでしょ!』と、医療チーム。

 

太陽の末裔

 

陸軍。

拍手で迎えられるシジンとテヨン。

ユン中将に敬礼しようとすると、ユン中将が二人に抱きつく。

『ありがとう。生きて帰ってくれて、本当にありがとう』と、ユン中将。

副司令官も二人に握手を求める。

パク・ビョンスが涙ながらに長々と話し始めると、迎えに出た兵たちも皆戻り、二人も無視してアルファチームの面々との再会を喜ぶ。

『ユ・シジンんとソ・デヨンは、当分の間、報告書の作成を業務の代わりとする。報告書は聖書の厚さだ!』と、パク・ビョンス。

逃げていくアルファチームの面々。

 

A4の用紙を触っているシジン。

『何をされていますか?』と、テヨン。

『私はC4(軍用爆弾)よりA4がはるかに怖いです。この鋭い角見てください。切れたら、かなり痛いです』と、シジン。

『我々の水拷問した奴の手首に、スペツナズ(ロシア特殊任務部隊)の入れ墨があったので合ってるという話です』と、テヨン。

『そいつは刃を引いた子です』と、シジン。

『だけど、とても合ってることだけ書けば、形式張るから、週に一度は反撃もちょっとして、月に一度は脱出試みもしたことにして、正直に書いてみるというのです』と、シジン。

『月に二度にしたというのです。民兵隊反軍に対して、公文書送って確認しはしないというのです』と、テヨン。

『今この状況では、何を書いても信じるというのです。ところで、問題はリアリティーとドラマの適切なアンサンブルです。原作としてでランボーどうですか?』と、シジン。

『背景がベトナム戦で、銃器やディテールが合いません。いっそボーンシリーズで行こうと言うのです。 ユン中尉がマット・デイモン好きです』と、テヨン。

『OK、完ぺきです!それでは私はこれで!』と、シジン。

『どこ行かれますか?』と、テヨン。

『一人で書かないと。むやみに別に書き、3回殴ったな、5回殴ったな、このディテールが合わないとだめだから』と、シジン。

『ところで、その一人がどうして私ですか?』と、テヨン。

『ユン中尉はウルクにいるじゃないですか?祖国に彼女のいない軍人は、ファイティン!』と、シジン。

 

カフェ。

『覚えてますか、ここで私をフッたこと』と、シジン。

『そうね。今日も、フルかも知れないけど』と、モヨン。

『冗談でしょう? オレ、トラウマあるんだけど』と、シジン。

『本当なのに。それで尋ねるんだけど、今後も百貨店行くこと、継続するの?英雄になりたいのかと思って』と、モヨン。

『死ななければならない英雄という言葉に、関心がある軍人は誰もいません。ただ、平和が守られなければならない所で平和を守るのです』と、シジン。

『継続するという言葉ね。私が反対しても』と、モヨン。

『反対するのですか?』と、シジン。

『しないでおこうか?今回はあなたが、永遠に戻らないかもしれないけれど?フラないでよ。反対しないから・・・反対したとして何をするの?あなたはすまないと思いながらも諦められす、私はそんなあなた恨んで、結局はまた、応援するはずなのに。そうであるなら、私も平和を守ろうと。もちろん私の支持が、ユ・シジンさんの平和となるのなら』と、モヨン。

『ありがとう。すまなくて。すまないという言葉しか言えなくて、さらに申し訳ないです』と、シジン。

『フラれないので、私たち、明日、釣りに行きましょうか?一種の情緒治療でしょ。私、愛嬌ものすごく振りまくから驚かないで。ものすごく幸せそうにするから、痛ましく思わず。こんな彼女に会ったこと感謝して』モヨン。

1 2 3

スポンサードリンク (sponsored link)

関連記事

 - 太陽の末裔 , , , , ,